HSPがストレスを感じる音のエピソード例と対処法3つ

HSP

HSPで、音がストレスに感じている方はいませんか?
生活を送る上で耳障りな音が聞こえると、イライラも溜まりやすいです。

HSP以外の人は音に関して気に留めることが少ないなら、少数派であるがゆえの悩みも出てきます。

今回の記事では、HSPで音がストレスに感じるエピソード例と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPで音がストレスに感じるエピソード例

まず初めに、HSPで音がストレスに感じるエピソード例についてご紹介いたします。

電話の音

電話の音は突然鳴ると心臓に悪いです。
また、誰からの電話なのか、要件はどのようなものか、現時点でわからないからこそストレスも感じやすいです。

一度電話に出たら、数分間は相手と会話をしなければならないのでその部分も億劫に感じます。
できることなら、LINEなどのチャットでコミュニケーションを済ませたいと感じるHSPも多いのではないでしょうか。

インターホン

インターホンの音も不意打ちで鳴ることから心臓に悪いです。
誰が訪ねてきたのかわからないからこそ、安全圏の居留守を使いたくなります。

訪問販売であるなら、うんざりしやすいです。
夜遅くのインターホンの音にも恐怖感があります。

食器の音

食器同士がこすれるカチャカチャっとした音もHSPは苦手意識を覚えやすいです。
特に、皿洗いをしている時耳障りに感じる方も多いと言えます。

また、皿を割った時の音が部屋に響いたら放心状態になります。

ヒソヒソ話

内緒話もHSPがストレスに感じやすい音と言えます。
悪口を言われているのか気になりますし、聞こえているか聞こえないかくらいの声を出されるならつい注目してしまいます。

あまり良い気分になることは少ない音の一つとも言えるでしょう。

テレビの音

音量が高いテレビの音もHSPは苦手意識を持ちやすいです。
特に、間を空けずに音が鳴る番組は聞いていて、疲れることがあります。

パソコンのタイピング音

パソコンのタイピング音も近くで延々と聞く羽目になるならストレスが溜まりやすいです。
また、エンターキーを押す時に過剰に音が強くなるならイラっとしやすいです。

HSPの中にはタイピング音で相手の機嫌を判断できる方もいるでしょう。

集中している時の雑音

HSPが何かに集中している時に聞こえる雑音もストレスが溜まりやすいです。
音の方に集中してしまうので、目の前のことが疎かになります。

業務を通して、あと少しで達成できるというところで雑音が聞こえた時こそ、イライラしやすいです。

大きな声の人

HSPは大きな声の人にも苦手意識を覚えることがあります。
内容は穏やかでも「怖い」といった印象を持ちやすいです。

また、後ろで大きな声を出されるならビクッとしてしまうことでしょう。

突然の雷こそ、恐怖に感じるHSPも多いです。
光ったかと思えば、すぐに大きな雷の音が聞こえてくるならびっくりします。

どこかにずっと隠れていたいと感じることもあるでしょう。

突然の大きな音

HSPは突然聞こえる大きな音にペースを乱されやすいです。
思考停止に陥ってしまうほど苦手意識を感じます。

クーラーや冷蔵庫などの家電の音にもビクッと反応することがあります。

HSPで音がストレスになる場合の対処法

ここでは、HSPで音がストレスになる場合の対処法についてご紹介いたします。

耳栓をする

1つ目は、耳栓をすることです。
集中したい時こそ、雑音が聞こえないような対策を取ることが大切です。

無音に近い状態であるほどHSPはペースを乱されにくいと言えます。
耳に圧迫感があるので苦手という方もいますが、耳栓を一度つけてみると世界が変わるほどの快適さを味わえます。

イヤホンをつける

2つ目は、イヤホンをつけて音楽を聴くことです。
苦手な音を好きな音で上書きするので、ストレスも溜まりにくいです。

外で使うならコンパクトなワイヤレスイヤホンがおすすめと言えます。
移動時間などは便利な神アイテムとなってくれそうです。

自分の気持ちを伝える

3つ目は、苦手な音がしたなら、はっきり周りの人に伝えることです。
HSPは我慢しすぎるほど、すぐに限界を迎えやすいので注意。

察して欲しいという態度では、相手に真意を伝えることはできません。
苦手な音がしたなら、時と場合を見て相手に伝えてやめてもらうようにしましょう。

また、一方的に言うのではなく、下手に出たり自分の状況を加味した上で伝えたりすると、場の空気も壊れることはありません。

まとめ

HSPは大きな音や不意打ちの音がすると、ストレスが溜まりやすいです。
耳栓やイヤホンを使って苦手な音をシャットアウトしていきましょう。

今回は、HSPで音がストレスに感じるエピソード例と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました