HSPは声が大きい人が苦手?おすすめの4つの付き合い方

HSP

HSPは声が大きい人に苦手意識を持つ方も多いのではないでしょうか。
良い人であっても、声のボリュームにいちいち驚くことがあります。

のどか
のどか

自分の声の2倍以上あるなら

動揺しやすいかも

今回の記事では、HSPと声が大きい人との付き合い方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPは声が大きい人が苦手?

まず初めに、HSPは声が大きい人が苦手な理由についてご紹介いたします。

恐怖感がある

声が大きいと、どうしても恐怖感を覚えてしまうからです。
特に何かされたわけでなくても、迫力があるので圧倒されます。

何も勝負しているわけでないのに「勝てない」気持ちになります。
相手の体格が良いならなおさらのこと、恐怖感を覚えやすいです。

話すたびにびっくりしやすい

声が大きいと、話すたびにびっくりしやすいです。
ところどころで、声が大きくなるならその度に身構えます。

「どう思う?」と急に問いかけられるなら、フリーズすることもあります。
特に用事がないなら、話さなくてもいいかなと自然と距離を置いてしまうこともあるでしょう。

怒られていると錯覚する

一方的に怒られている錯覚になることがあるからです。
何気ない会話であっても、責められている感じがします。

「それって、どういうこと?」と聞き返されるなら、変なことを言ってしまったと謝りたくなります。

HSPと声が大きい人との付き合い方

ここでは、HSPと声が大きい人との上手な付き合い方についてご紹介いたします。

苦手なら距離を置く

1つ目は、苦手意識を持つなら距離を置くことです。
頑張ってまで仲良くなろうと考えなくても良いでしょう。

知り合い程度の間柄なら、必要最低限のコミュニケーションを取るだけでOK。
適切な距離が取れると、相手の良いところにも目が向きやすくなります。

個性として受け取る

2つ目は、声が大きいのは相手の個性と受け取ることです。
全体で見てしまうと、恐怖のイメージのみが定着します。

実は、かわいいものが好きというがギャップがあるかもしれません。
繊細な気質を持っていることもあるでしょう。

もともと苦手意識があると個性として受け取る方法は、難しい場合があります。しかし、しっかり分けて考えると相手の新たな一面も発見できます。

話すときはゆっくりペースを意識する

3つ目は、声が大きい人と話すときはゆっくりペースを意識することです。
動揺すると早口になります。丁寧に話すことを心がけてみてください。

また、相手にも影響を与えやすくなります。似た口調になるなら恐怖感も和らぎます。
HSPこそ、声が大きい人に圧倒されずにマイペースを心がけてみてください。

相手との間に物を置く

4つ目は、声が大きい人との間に何でもいいので物を置く方法です。
物理的な距離ができることから、落ち着いた対応を取りやすくなります。

物は、カバン、コップ、名刺などなんでも大丈夫です。
何も見当たらないなら、自分の手を机の上に置く姿勢を取ってみるのも良いかもしれません。

恐怖心を湧きあがるのを抑えたいなら、自分のスペースを確保していきましょう。

まとめ

HSPは声が大きい人が苦手な傾向があります。緊張すると早口になります。
話すときは自分のペースを守るようにゆったりめを意識してみてください。

また、声が大きいのは一つの個性でもあります。
恐怖のイメージを取り除くことができると、かわいいものが好きというような意外な一面も発見できるかもしれません。

今回は、HSPと声が大きい人との付き合い方についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました