HSPが友達を嫌いになる理由とは?対処法4つもご紹介

HSP

HSPで友達が嫌いと感じることはありませんか?
些細なことですれ違ったり嫌味なことを言われたりするなら、ネガティブな思いも抱えてしまいます。

無意識のうちに「そんなこと思ってはダメだ」と感じていると、苦しくなることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPが友達を嫌いになる理由と対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、友達との付き合い方に悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPが友達が嫌いになる理由

まず初めに、HSPが友達を嫌いになる理由についてご紹介いたします。

辛辣なことを言われた

1つ目は、心をえぐるような辛辣なことを言われたからです。
悪意を感じる言葉を読み取ったなら、混乱してその後のことが記憶にも残りにくいです。

「一緒にいると気が滅入る」「考えすぎで生きるの辛くない?」など、わかりやすく嫌味なことを口にされるとショックを受けます。
嫌いとすぐにははっきり思えないかもしれませんが、友達とは距離を置きたくなります。

価値観について否定された

2つ目は、自分が大切にしているものを否定されたからです。
悪評を受けるほど、消えてなくなりたい気分になります。

人生で大切にしている価値観も「つまんない」「くだらない」と一喝されるなら、唖然とします。
友達と「もう二度と会いたくない」と心に決める方もいるでしょう。

嘘をつかれた

3つ目は、信じていた友達に嘘をつかれたからです。
傷付きますし、人間不信気味にもなります。

好きな人がいて、応援するよと言ってくれたのに、友達がその人と付き合い始めたケースなどが挙げられます。
「私も好きだってなかなか言えなかった」と言い分があっても、すぐには受け入れることができません。

「最近、カラオケには行ってない」としたエピソードも昨日行っているなら「なんのために嘘をついたの?」と疑心暗鬼になります。
息を吐くように嘘をつく友達がいると、嫌いになりやすいです。

HSPが友達が嫌いになった場合の対処法

ここでは、HSPが友達を嫌いになった場合の対処法についてご紹介いたします。

距離を置く

1つ目は、友達と距離を置く方法です。
近づき過ぎると今まで見えなかった、相手の嫌な一面を目にすることがあります。

毎日LINEのやりとりをし始めたり遊び出したりしたら注意。
友達との関係性に違和感を感じたら、適度な距離を保つようにしましょう。

相手の不満を紙に書く

2つ目は、友達の不満に感じている部分を紙に書く方法です。
口に出せないことを紙に書くと気持ちがスッキリします。

面と向かって言えない尖った言葉こそ、ぜひ吐き出してみてください。
最初は筆が乗らなくても、数分するとスラスラ書ける自分に気がつけます。

「こんなこと思っていたんだ」と自分についても客観視できます。

相手は自分の思い通りにならない存在であることを再認識する

3つ目は、友達であっても他人であるなら、誰も自分の思い通りにならないことを知る方法です。
無意識にでも「自分の思い通りになる」と考えていると、予想外のことが起こるとパニックになります。

うまくいかないジレンマから相手を嫌いと感じることで正常と受け取ろうとします。

友達はむしろ何を言うかわからない存在と捉えた上で、それが面白いと考えてみてはいかがでしょうか。

物事の見方を変えてみる

4つ目は、友達から言われた言葉を意味の通りに受け取らず、物事の見方を変えてみる方法です。

「嫌い」と直接的に言われたらショックを受けます。
しかし、相手が傷つくとわかってもなお言ったということは、何か悩みを抱えている証でもあります。
気持ちをスッキリさせるために、わざと鋭い言葉を使ったと、相手の満たされない思いに気がつけるものです。

いろいろと視点を変える練習をすると、一つのものの見方に深く傷つくことはなくなります。

一番大切に思っているのはみんな自分と考えた上で、友達の行動の理由を振り返ってみましょう。

まとめ

HSPは辛辣なことを友達から言われた時、相手を嫌いに感じることがあります。
無理して付き合わず、距離を置くことをおすすめします。

相手と離れることでまた違った視点を得やすいです。

今回は、HSPが友達を嫌いになる理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました