HSPは急な予定変更が苦手!対処法と押さえておきたいポイント

HSP

HSPで急な予定変更が苦手に感じる方も多いのではないでしょうか。
想像もつかなかったことが身に起こるので動揺してしまうのも無理はありません。

のどか
のどか

パニックになるよね

今回の記事では、HSPが予定変更が苦手な理由と対処法と押さえておきたいポイントについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが予定変更が苦手な理由

まず初めに、HSPが予定変更が苦手な理由についてご紹介いたします。

動揺するから

HSPが予定変更が苦手な理由の1つ目は、動揺するからです。
予想外のことが身に起こるので、平常心ではいられなくなります。

また、直前の予定変更であるほど、気持ちがいっぱいいっぱいになりやすいです。

HSPは動揺しないように念入りな準備を行う方も多いので、急な予定変更は参ってしまいます。

シミュレーションをし直す必要があるから

HSPが予定変更が苦手な理由の2つ目は、脳内シミュレーションをもう一度し直す必要があるからです。

用意周到なHSPは、これから起こりそうなことを事前に予測しておくことがあります。

予定が変更される度に練り直すことになりますが、急であるほどため息をつきたくなるでしょう。

HSPは予定前までには心の準備をしておき、できるだけ平常心で臨みたいと感じます。

相手に対して怒りの感情を抱くから

HSPが予定変更が苦手な理由の3つ目は、急な予定変更を伝えた人に怒りの感情を抱くためです。

たとえ誰のせいでもなかったとしても腹が立ちます。
怒りの感情を覚えると自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

HSPが急な予定変更に対処する方法

ここでは、HSPが急な予定変更に対処する方法についてご紹介いたします。

深呼吸をする

1つ目は、気持ちを落ち着かせるために、深呼吸をすることです。
急な予定変更に動揺するHSPも多いので、まずは冷静になることを心がけましょう。

視覚から入る刺激をシャットアウトするため、意識的に目をつぶる方法もおすすめです。
怒りのピークも6秒と言われていることから、深呼吸すると最初の頃よりも落ち着いた気持ちになることができます。

ハードルを低く持つ

2つ目は、人生のハードルは低く持つことです。自分の思い通りに物事が進むことは少なく、毎日起こることは予想外の連続です。

突然の予定変更もできるだけ楽観的に処理する必要があるのかもしれません。

「絶対、予定通りに進めないと……」とプレッシャーを持つほど、HSPはしんどくなります。
「予定がその日にあるだけでラッキー」と低いハードルを持つと、急な予定変更にも上手く対応できるようになります。

今よりも何かに対する期待値を低く持つようにしましょう。

HSPが予定変更で押さえておきたいポイント

ここでは、HSPが予定変更で押さえておきたいポイントについてご紹介いたします。

予定は絶対だと思わない

1つ目は、予定はあくまでも予定であることを再認識することです。
絶対その通りになると考えるほど、予想外な出来事に対応できなくなります。

この世界は何十億人もの人がいて、それぞれに意思があるので「何事も予定通りに進む方がすごい」と考えた方が良いのかもしれません。

何かに強いこだわりがある方こそ、少し物事の見方を変えていくと柔軟な対応を取りやすくなります。

何も予定を決めずに休日を過ごしてみる

2つ目は、あえて何も予定を決めずに休日を過ごしてみることです。
予想外となる出来事が身に起こりやすいので、急な予定変更に対しても耐性がつきます。

また、その時はなるべく外出するのがおすすめです。

なんとなく降りたことのない駅で降りる、気になったお店に入るなど、気の赴くままに行動に移してみてください。
予想外のオンパレードとなりますが、非日常的な体験からワクワクした気分になることもあるでしょう。

まとめ

HSPは急な予定変更が苦手な傾向があるので、自分に合った対処法を取ることが大切です。
予定はあくまでも予定ということで、何が起こってもおかしくないことをわきまえておきましょう。

今回は、HSPが予定変更が苦手な理由と対処法と押さえておきたいポイントについてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました