一人の時間が大切!HSPにおすすめの休み方8つ

HSP

HSPこそ、自分を労わることが大事とよく聞きますが「休み方がわからない……」と感じる方は多いのではないでしょうか。
自分の好きなように時間を使って良いと言われても、困ってしまうことがあります。

今回の記事では、HSPにおすすめの休み方についてご紹介いたします。

ぜひ、リラックスしたい方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPにおすすめの休み方

早速、HSPのおすすめの休み方についてご紹介いたします。

前日から休む日を決める

HSPこそ、前日から休む日を決めることが大切です。
当日に決めても、なかなか心が休まりません。

また、一度休むと決めたら、予定は覆さないようにしましょう。
休むことに罪悪感を抱いてしまう方ほど、必要以上に何か手をつけてしまうことがあります。

真面目な方ほど、その持ち前の計画性の良さを活かして、前日から休む日を決めておくことが大切です。

一人の時間を作る

HSPにおすすめの休み方は、誰とも接しない一人の時間を作ることです。
本当の意味で心が休まる時間になると言えるのではないでしょうか。

実家暮らしの方は、自室で一人で過ごす時間を意識的に作ってみてください。
何にも気を取られることなく、ゆったりとした時間を過ごすことこそ、HSPに必要と言えます。

スマホから距離を置く

HSPの休み方として、できるだけスマホをいじらないことも大切です。

SNSを見てしまうと、無意識のうちに他者と自分を比べて落ち込んでしまうこともあるでしょう。

ネットニュースも、油断している時ほどショッキングな内容が目に入ってくることもあります。

デジタル機器から距離を取った方が気持ちも休まります。
1時間だけでも良いので、別の部屋にスマホを置いてみてください。

HSPにとっての最高の休み方は、何にも気を取られない穏やかな時間を過ごすことです。

好きなものに触れる

HSPのおすすめの休み方の一つに、好きなものに触れる方法があります。
疲れるどころか、ワクワクする体験は心が癒されます。

あなたの趣味はなんですか?
例えば、ドラマを見る、漫画を読む、イラストを描くなどの趣味があります。

好きなものに触れる時間は、嫌なことも考えにくいメリットがあり、充実した時間を過ごすことができます。

音楽を聴く

HSPのおすすめの休み方に、お気に入りの音楽を聴くことがあります。

明るい曲調に乗ったり歌詞の意味を考えたりするのも楽しいです。

また、音楽を聴きながらなら、比較的アクティブなことができる方もいます。
気持ちを切り替える上でも、音楽を聴く方法はおすすめです。

カフェに行く

HSPのおすすめの休み方の一つに、カフェに行く方法があります。
心がホッとするような充実した時間を過ごせることでしょう。

カフェの雰囲気にまどろんだりお気に入りの飲み物を飲んで一息ついたりするのも良いでしょう。

個人カフェを選ぶと、小規模であることも多く、そこまで騒がしさを感じさせません。
何をするでもなく、ゆったり過ごすことで元気が満たされるHSPも多いのではないでしょうか。

散歩をする

HSPのおすすめの休み方の一つに、ゆったりと散歩をする方法があります。
自分のペースで歩くと疲れませんし、気持ちもリフレッシュします。

テンポ良く歩くと、ぽんと良いアイデアが浮かぶHSPも多いのではないでしょうか。

疲れた場合、公園のベンチで休憩をするのも良いですね。
何か運動を始めたいと感じるHSPにも散歩はおすすめです。

旅行をする

HSPのおすすめの休み方の一つに、旅行をする方法があります。
アウトドア派ではないけど、不思議と旅行は興味があるというHSPも実は多いのではないでしょうか。

日帰りや一泊のみなら、限界が来るほど疲れることはなさそうです。

また、旅行先は、なるべくあなたが興味のあるところを中心に選ぶのが良いでしょう。
好きな場所なら、多少の人混みも気になりません。

睡眠を取る

HSPのおすすめの休み方は、たっぷりの睡眠を取ることです。
刺激に敏感なHSPこそ、意識的に体を休めるための時間を作ることが大切です。

なかなか眠れない方は、清潔なシーツに交換したり、香りの良いアロマを用意したりするのも良いでしょう。
寝る前にモヤモヤ悩んでいた気持ちも、目が覚めると不思議と消えていることがあります。

最近不調気味のHSPこそ、おすすめの休み方No. 1と言えます。

まとめ

HSPにおすすめの休み方は、一人になれる時間を作った上で、好きなことに取り掛かる方法です。
なお、最近お疲れ気味の方こそ、たっぷりの睡眠を取ることが大切です。

充実した休み方は明日を生きるための活力になります。

今回は、HSPにおすすめの休み方についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました