【咀嚼音】HSPが自分や他者の食事の音が気になる場合の対処法

HSP

HSPで咀嚼音が気になる方はいませんか?
食事中くちゃくちゃ音がするなら、あまり良い気分にはなりません……。

また、自分自身が咀嚼音を出していないか気になることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPと咀嚼音の関係性、自分と他者に対する咀嚼音への対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPと咀嚼音の関係性

まず初めに、HSPと咀嚼音の関係性についてご紹介いたします。

くちゃくちゃ食べる音が気になる

HSPは食事中、周りの人の咀嚼音が気になることがあります。
敏感な気質を兼ね揃えているゆえ、違和感を感じることに、自然と意識が向いてしまいます。

せっかくの美味しい料理も味がしないように感じる方もいるでしょう。
一度気になったら、その方が食事を終えるまで意識が向いてしまうこともあります。

自分の咀嚼音についても気にしやすい

HSPは食事中、他人の咀嚼音同様、自分もくちゃちゃ音を立てて食べていないか気になることがあります。
メディア等で「クチャラーは嫌われる」と目にしたことがあると不安にもなります。

場合によっては、他人との食事する場面に苦手意識を覚えることがあるでしょう。

HSPが他者に対する咀嚼音への対処法

ここでは、HSPが他者に対する咀嚼音への対処法についてご紹介いたします。

個性と受け止める

1つ目は、咀嚼音は相手の個性と受け止めることです。
「食事中、くちゃくちゃ音を出すのは間違っている!」と考えるとイライラしやすいです。

声が大きい人、小さい人もいるように、食事にだって個性が反映されます。
認識をあらためると、誰彼構わず咀嚼音が気になることもなくなるかもしれません。

荒療治となることもありますが「食事をする時はくちゃくちゃ音を立てて食べる人の方が多い」と思うと、珍しいと感じなくなるので音に気を取られにくくなります。

あまりにも気になるならやんわりと指摘する

2つ目は、咀嚼音が気になって仕方ない場合、やんわりと指摘することです。
本人はくちゃくちゃ音を立てて食べていることに気がついていない可能性もあります。

申し訳なさそうに「言いにくいんだけど……」と前置きしてから話すのも良いでしょう。
なるべく角が立たない言葉で伝えてみてください。

相手とあなたの仲によっては「逆に教えてくれてありがとう」と感謝されることもあるかもしれません。

耳栓をする

3つ目は、耳栓をする方法です。物理的に咀嚼音が聞こえなくなります。

刺激に敏感なHSPこそ、日頃から耳栓を持っておくのがおすすめです。
あらゆるストレスを感じる音もシャットアウトしてくれます。

髪が長い方は耳を隠すと耳栓をしていることがバレにくくなります。

外出先では中々難しいかもしれませんが、家族で咀嚼音が気になる方がいる時は試してみてください。

HSPが自分に対する咀嚼音への対処法

ここでは、HSPが自分に対する咀嚼音への対処法についてご紹介いたします。

咀嚼音について親しい人に聞いてみる

1つ目は、親しい人に「咀嚼音って聞こえる?」と思い切って聞いてみることです。
実は考えすぎで、ほとんど音が聞こえていないケースもあります。

HSPは気にしやすい性格をしている方も多いと言えます。そのため、必要以上に悩み過ぎていることも珍しくありません。
咀嚼音について、実際に「気にならなかった」と言葉を聞けたら安心できるはずです。

食事風景を録音してみる

2つ目は、食事風景を思い切って録音してみる方法です。
咀嚼音がしているかどうか客観的に確かめられます。

スマホの録音アプリを使用するのがおすすめです。
また、周りの人に誤解を与えやすいので、一人で食事をしている時に行ってみてください。

騒がしい場所で食事を取る

3つ目は、あえて騒がしい場所で食事を取る方法です。
シーンとした場所での食事こそ、かえって咀嚼音が気になりやすくなります。

自宅で食事する時は、テレビをつけたり窓を開けたりするのがおすすめです。
気を紛らせるものが目の前にないと、自然と自分の咀嚼する音に引き寄せられてしまうことがあります。

誰かと食事をする時こそ、少しくらい騒がしい環境の方が自然体でいられそうです。

まとめ

HSPは繊細な気質を兼ね揃えているゆえ、自分や他者の咀嚼音を気にすることがあります。
度が過ぎると誰かと食事を取ることに苦手意識を覚えやすいです。

録音アプリで自分の咀嚼音を客観的に聞いてみたり、他者の咀嚼音が気になる時は耳栓を使ったりしましょう。
今回の記事では、HSPと咀嚼音の関係性、自分と他者に対する咀嚼音への対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました