【ひとりぼっちの気分】HSPで疎外感を感じる理由と4つの対処法

HSP

HSPで人といる時、疎外感を抱くことはありませんか。
なんとなく「ここにいてもいいのかな?」と不安に思うなら苦しくもなります。

今回の記事では、HSPが疎外感を感じる理由と対処法についてご紹介します。
ぜひ、みんなといてもひとりぼっちに感じることが多い方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPが疎外感を感じる理由

まず初めに、HSPが疎外感を感じる理由についてご紹介いたします。

敏感だから

HSPが疎外感を感じる理由の1つ目は、敏感な気質によるものです。

三人でいる時、自分を除く二人で盛り上がられると、疎外感を覚えることがあるでしょう。
「ここにいない方が良いのかな?」と先走り考えます。

実際には些細なことで、そこまで気にしなくても良いことも多いです。

みんなと同じが良いと考えているから

HSPが疎外感を感じる理由の2つ目は、みんなと同じが良い価値観を持つ方が多いためです。
二択の質問で、少数派の選択を選ぶだけでも不安になります。

「とんでもないことをしてしまったのではないか……」と深く悩んでしまうこともあるでしょう。
HSPは一人だけ別なことをすると、疎外感も覚えやすいです。

人からよく見られたい気持ちがある

HSPが疎外感を感じる理由の3つ目は、人からよく見られたい気持ちがあるからです。
疎外感を感じる時は、周りの空気に溶け込んでいないと思う時ではありませんか?

周りの目を気にしやすい方ほど、なおさら疎外感を感じることがあります。

損をしている感覚があるから

HSPが疎外感を感じる理由の4つ目は、損をしている感覚があるからです。
どちらかというと嬉しい出来事ではないため、できることならそんな気持ちは味わいたくないと感じる方も多いです。

完璧主義な方ほど、一刻も早く疎外感を取り除きたいと思うことがあります。

HSPが疎外感を感じる場合の対処法

ここでは、HSPが疎外感を感じる場合の対処法についてご紹介いたします。

一人で行動する時間を増やす

1つ目は、一人で行動する時間を増やしていくことです。
いつも誰かと一緒にいて一人行動に慣れていない方ほど、疎外感も覚えやすいと言えます。

街中をぶらっと歩いてみてください。疲れたら気になったカフェに入ってみるのも良いでしょう。
意外にも、気楽に過ごせることに気がつけます。

また、一人行動している方はたくさんいることもわかるはずです。
疎外感を感じる時こそ、誰かといるのではなく一人でいる時間を作っていきましょう。

聞き役に回るだけで十分と考える

2つ目は、多くの人といる時は聞き役に回るだけで十分と考えることです。
何か面白い話をしようと、自分自身にプレッシャーをかけるほど空回りしやすいです。

聞き役こそ、場の一員になっている感覚を味わえます。
疎外感を覚えやすい方こそ、場の空気を丸くするような工夫を考えていきましょう。

心の拠り所を作る

3つ目は、心の拠り所を作る方法です。
疎外感を感じた時こそ、好きなことに意識を集中させるとひとりぼっちの感覚を忘れられます。

推しがいるなら考えるだけで幸せな気分になれるはず。趣味があるなら「家に帰ったら早速取り掛かろう」と考えるだけでやる気が出ます。

心の拠り所を持っていると、現実で嫌なことがあった時でも傷つきにくくなります。

今に集中する

4つ目は、今を存分に楽しむことです。
心ここに在らず状態になるほど、疎外感を意識して悲しくなります。

みんなといる時は、相手の話に耳を傾けていきましょう。夢中になるなら、不思議と疎外感も気にならなくなります。
場合によっては「今日は天気が良いな」「窓から、犬の散歩をしている人がいる」など、視野を広くして、気がついたことに意識を注ぐのも良いかもしれません。

大切なのは、疎外感に意識を取られないことです。今に集中するコツを身に付けると雑念も消えます。

まとめ

HSPで疎外感を感じやすい方は、心の拠り所を持つ方法がおすすめです。
考えるだけで気持ちが楽しくなるものは何個あっても構いません。ひとりぼっちの感覚を忘れられます。

今回の記事では、HSPが疎外感を感じる理由と対処法についてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました