重度のHSPって?生きづらい時の解決法・対処法をご紹介

HSP

HSPの気質を強く意識すると、自身は重度なのかと不安になることがあります。
気にしやすかったり動揺することが多かったりすると、つい考えてしまうことがあるでしょう。

今回の記事では、重度のHSPに見られる特徴と解決法・対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

重度のHSPに見られる特徴とは?

まず初めに、重度のHSPに見られる特徴についてご紹介いたします。

自身に当てはまっているかチェックしてみてください。なお、独断と偏見になりますので参考程度に見ていただけると幸いです。

極力人と関わりたくない

1つ目は、極力人と関わるのを避けて一人でいたいと感じることです。
一日を通して誰とも会いたくないと感じるなら重度のHSPとした見方ができます。

人と交流することに多大なエネルギーを使う方と言えるでしょう。
日常の刺激に圧倒されやすい方ほど、極力人と関わりたくないとした考えを持つのも頷けます。

生活音に悩まされている

2つ目は、日常の生活音を何かと気にしてしまうことです。

「隣人の生活音がうるさい」「夜寝る時、エアコンの音が気になる」など、些細な音にも反応することが多いです。
耳は目のようなまぶたの存在がないので、音を拾いっぱなしになります。

不快な音に囲まれた生活を送っているなら元気もなくなりやすいです。

土日に買い物できない

3つ目は、土日の人が多い時に買い物ができないと感じることです。
絶対に行かないと心に決めていて、ここ数年しっかり守っている方は重度のHSPとした見方ができます。

中には、買い物はなるべくネット通販で済ませる方もいるでしょう。人混みに圧倒されて、疲れやすい傾向があります。

消えてしまいたくなる

4つ目は、毎日消えたいと感じる瞬間があることです。
他者との違いに傷ついたり、よく生きづらさを感じたりする方が当てはまります。

また、今の生活を続けると、心身ともに体調を崩してしまうことがあるので気をつけましょう。

重度のHSPの解決法・対処法とは?

ここでは、重度のHSPの解決法・対処法についてご紹介いたします。

自分に合ったライフスタイルを送る

1つ目は、重度のHSPこそ、自分に合うライフスタイルを送ることです。
「普通」を意識した生活を続けると、息苦しさを感じることがあります。

極力人と関わりたくないなら、苦手な人と距離を置いたり、ほぼ一人でできる仕事を見つけたりするのがおすすめです。

すぐには難しくても、いろんな生き方があることを知っておくだけで心が救われます。
そのためには、知見を広げられる読書をするのがおすすめです。

本を読んでいる時は嫌なことを考えなくて済むメリットもあります。
1日の中でネガティブな気分になることが多く無趣味の方こそ、読書をはじめてみてはいかがでしょうか。一冊読み終わる度に、重度のHSPの気質を活かす良いアイデアが得られる場合があります。

自分と他人を比べて落ち込む必要はありません。あなたに合ったライフスタイルが必ずあります。

他者との間に壁を作る

2つ目は、自分と周りを隔てる壁を作ることです。
重度のHSPほど他者との境界線が薄く、日々生活を送るだけで疲れ果ててしまうことが多いです。

誰かと知り合う機会があってもすぐには仲良くならず、あえて一歩引いた立ち位置にいた方が気も楽と言えます。
良心的な方こそ、みんな仲良くという価値観に突き動かされた行動を取りやすいです。

動揺しやすい方こそ、人とは適度な距離感を保っていきましょう。

人一倍しっかり休む

3つ目は、休息はしっかり取ることです。
重度のHSPこそ、睡眠時間を削ったりご飯を抜いたりすると、すぐにダウンしやすいです。

人一倍休むことを意識すると、毎日の生活も健康的に過ごしやすくなります。
疲れを感じた時こそ、体が発するSOSサインであると受け止めることが大切です。

中には、休むことに罪悪感を抱く方もいると言えます。
誰かの具合が悪いなら「大丈夫?」「休んだ方が良いよ」と声をかけるHSPこそ、自分にも同じ対応を取ることをおすすめします。

まとめ

刺激に敏感で、生きにくさ感じている方は、重度のHSPとした見方ができます。
明確な診断方法や症状は挙げられませんが「もしかしてそうかも……」と思う方は、毎日を心地よく過ごすため自分に合ったライフスタイルを見つけていくことが大切です。

今回の記事では、重度のHSPに見られる特徴と解決法・対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました