HSPでバイトが辛い場合はどうしたら良い?理由や4つの対処法

HSP

HSPでバイトをしていて辛いと感じることはありませんか?
人間関係に疲れたり、プレッシャーに押し潰されたりすると、やめたいと感じることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPでバイトが辛い理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPでバイトが辛い理由

まず初めに、HSPでバイトが辛い理由についてご紹介いたします。

人間関係に悩まされる

HSPはバイトの人間関係に悩まされることがあります。
横の連携を取るために、人と関わる場面も多いと言えます。

苦手な人がいる場合、その人を意識して常に気を張っている状態が続きやすいです。
家に帰ってまで悩む日々が続くと、バイトするのが辛いと感じやすいです。

刺激が多い

HSPはバイトしていて刺激が多いと辛くなることがあります。
あれこれやることが多いと、動揺しっぱなしで、気が休まる暇がありません。

特に、接客業である場合、強制的に人と関わる場面も多く、にぎやかな環境にいることも珍しくないので、キャパオーバーを引き起こしやすいです。

バイトが終わった頃にはヘトヘトになるという方も多いでしょう。

プレッシャーが負担になる

HSPはバイトをしていてプレッシャーを感じると一気に辛くなることがあります。

ミスができない状況は、かえって最悪の事態が頭をよぎり、胃がキリキリすることがあります。

とにかく、バイト仲間やお客さんに迷惑をかけたくないという気持ちでいっぱいです。

自分を犠牲にしてまで働くHSPは限界を迎えやすいので注意が必要です。

自分に合っていないバイトだから

HSPは自分に合っていないバイトを選ぶほど辛くなることがあります。

特に、接客業はクタクタになることが多いと言えます。

人と関わる機会が多かったり、マルチタスクを求められたりするバイトは、ストレスが溜まりやすいです。(※例外はあります。)

HSPこそ、自分に合うバイトを分析することが大切です。

HSPでバイトが辛い場合の対処法

ここでは、HSPでバイトが辛い場合の対処法についてご紹介いたします。

やめる選択肢も視野に入れる

1つ目は、バイトが辛いとき、やめる選択肢も常にあることを意識する方法です。
「ずっと、そこで働かないといけない」と考えるほど、HSPにとって重荷になります。

何より大切なのは自分自身です。
毎日、ネガティブなことを考えてしまう場合、いっそのことバイトをやめるのも一つの方法です。

また、いつでもやめられる気持ちがあると、不思議とバイトに行くことも苦にならない場合があります。
HSPこそ逃げ道をきちんと用意しておくことが大切です。

辛い気持ちを分析する

2つ目は、なぜバイトをしていて辛いと感じるのか分析することです。

嫌だと感じる気持ちを見つめると、さまざまな視点が得られることがあります。

人間関係が辛いと感じるときでも、業務自体はそれほど苦にならないという方もいるかと思います。

また、バイトのすべての人が苦手というわけではなく、一部は相性が合う人がいることにも気がつける場合もあるでしょう。

バイトが辛いと感じる場合、今後に活かすために辛い気持ちを分析した上で、得意分野や同じ繰り返しをしたくないことを見つけることが大切です。

自分に合うバイトを見つける

3つ目は、HSPこそ自分に合うバイトを見つける方法です。
苦手な場所で働くと、短期間でやめたいと感じることも多くなります。

HSPはどちらかというと接客業は向いていない場合があります。(※例外はあります。)
たくさんの人と関わるので動揺することも多いです。

しかし、接客業の中でも、ネットカフェ、本屋さん、フードデリバリーなど、落ち着いた環境や、限定的に人と関わる仕事だと平気という方もいます。

これまでのバイト経験を通して、何が自分にとって良いと感じたか、逆に何に対して嫌だと思ったか分析してみてください。

周りに人がいる状態より、一人で作業を任されたとき、一番楽で楽しかったと感じる方もいるでしょう。

分析を怠ると、次回も苦手なバイトを選ぶ確率が高くなるので気をつけましょう。

心の支えとなるものを持つ

4つ目は、HSPこそバイトが辛い場合、心の支えとなるものを持つことです。
考えるだけで楽しい気持ちになれるものがあると、ところどころ乗り切れることも多くなります。

「毎週楽しみにしているドラマがある」「ギターを弾くのがストレス発散になっている」「手芸にハマっていて、もうすぐ完成する」など何でもOKです。

また、心の支えとなるものは、身近な人を設定するのはおすすめできません。
最初は幸せでいられても関係がすれ違ったとき、ますますバイトするのが辛くなることがあります。

できるだけ他者に振り回されず、自分の中で完結するものを、心の支えに持つことが大切です。

まとめ

HSPでバイトが辛い場合、まずは、いつでもやめられることを認識することが大切です。

プレッシャーを感じるほど、夜も眠れなくなることがあります。

また、辛い気持ちになったときに乗り越えられるような、自分の中で完結している心の支えを持つことも大切です。

一人ひとり性格は違うように、合うバイトも違うものです。

今までの辛いと感じた体験を分析しながら、自分に合ったバイトを見つけることも一つの方法です。

今回は、HSPでバイトが辛い理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました