HSPが待ち合わせ時間ギリギリになってしまう理由と5つの対処法

HSP

HSPでいつも待ち合わせ時間ギリギリになってしまう方はいますか?

そんなつもりはないのに、焦って時間に余裕を持った行動が取れないと、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

今回の記事では、HSPが待ち合わせ時間ギリギリになってしまう理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが待ち合わせ時間ギリギリになってしまう理由

まず初めに、HSPが待ち合わせ時間ギリギリになってしまう理由についてご紹介いたします。

もしものことを考えて用意周到になる

1つ目は、あれもこれも用意した方が良いと先を読んで考えるあまりに、準備に時間がかかることです。
不安を解消させるための行動とも言えます。

また、結果的に用意したものは後で使う場面は少ないと言えます。
心配性なHSPこそ、石橋を叩いて渡るような行動を取ることが多いです。

服装が似合っているか気になりやすい

2つ目は、自分の服装が似合っているか過剰に気にしてしまうからです。
初めて合わせるコーデなら特に、変ではないか、ついつい鏡を見て確認してしまうことがあります。

なお「こっちの服と合わせた方が良いのではないか……」と、不安になる度服を変更することがあります。
気がつけば待ち合わせ時間ギリギリということも珍しくないでしょう。

服装のチェックは100%満足して終わることがないので、家を出てもどこか、ソワソワとした気持ちになります。

焦ってしまい負のループに入りやすい

3つ目は、待ち合わせに間に合うかプレッシャーを感じるあまり、平常心ではいられなくなるからです。
焦ってしまうので、普段なら何ともないことでも失敗することがあります。

良い感じのメイクにならなかったり、物を落として始末をしなければならないということもあるでしょう。
結果的に、待ち合わせ時間ギリギリになることがあります。

HSPこそプレッシャーを感じず、何事も冷静に対応することが大切です。

HSPが待ち合わせ時間ギリギリにならないための対処法

ここでは、HSPが待ち合わせ時間ギリギリにならないための対処法についてご紹介いたします。

前日までに着ていく服を決める

1つ目は、HSPこそ、前日までに着ていく服を決めておくことです。
当日では、焦ってすぐに自分に合うコーデを見つけられません。

実際に着てみて鏡で確認しておくと安心できます。

納得のいくコーデを見つけておくと、朝起きたとき、ゆっくり支度をすることができます。

段取りを紙に書く

2つ目は、待ち合わせに向かうまでの段取りを紙に書くことです。
順序立ててした方が良いことが一目でわかるので、冷静な対応を取れます。

朝起きる→トイレに行く→顔を洗う→ご飯を食べる→など、人それぞれに合わせて、細かく段取りを書くのも良いかもしれません。
一つクリアするごとに達成感にも満たされます。

カバンに入れる物も紙に書いておくと、忘れ物をすることを防ぐメリットがあります。

時間に余裕を持ち準備を始める

3つ目は、時間に余裕を持ち準備を始めることです。
特に、久しぶりに会う友達と、初めての場所で待ち合わせをする場合、いつもよりも時間を多めに見繕うようにしましょう。

朝起きる時間も早めに設定するのがおすすめです。
時間が余った場合、待ち合わせをして会った後のシミュレーションも行えるので、心の準備ができます。

何かあれば出先で買うことを考える

4つ目は、用意周到にはなりすぎないことです。

何かあれば出先で買って、トラブルを防ぐことができます。
そのため、必要以上に忘れ物の確認は行わないようにしましょう。

人生は予想外の連続です。
HSPこそ、忘れ物をしたら動揺することが多いですが、なんとかなるの精神を持つようにしましょう。

遅れても死ぬわけではないことを再認識する

5つ目は、待ち合わせ時間ギリギリになっても、結果死ぬわけではないことを再認識することです。
絶対に遅れてはいけないと強いプレッシャーを抱えるほど、予定が苦痛に感じることがあります。

HSPこそ神経が過敏になり、中々眠れないということもあるでしょう。

たとえ待ち合わせに遅れたとしても、人生が終わるわけではありません。
また、相手に悪いと思って誠意を持っち対応するなら、後で挽回することもできます。

まとめ

HSPで待ち合わせ時間ギリギリになってしまうのは、焦って負のループに入りやすいからです。
前日までに着る服を決めたり、時間に余裕を持って準備を始めたりすることが大切です。

今回は、HSPが待ち合わせ時間ギリギリになってしまう理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました