【HSP】ずっと寝てる?理由と困っている場合の対処法4つ

HSP

HSPがずっと寝てる場合、何か病気でないのか不安になることもあるでしょう。
しかし、過度な心配をする必要はありません。HSPではたくさんの睡眠時間が必要な方も多いと言えます。

今回の記事では、HSPがずっと寝てる理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPがずっと寝てる理由


ここでは、HSPがずっと寝てる理由についてご紹介いたします。

刺激によるもの

HSPがずっと寝てる理由の1つ目は、刺激で疲労した体を回復させる必要があるからです。

慣れない場所に足を運んだ時、人とたくさん喋った日は、眠たくなることが多いでしょう。
刺激に敏感な気質を兼ね備えているゆえ、明日も頑張るために深い眠りを必要とします。

十分な充電時間が必要だから

HSPがずっと寝てる理由の2つ目は、毎日を心地よく過ごすためです。

寝不足時は、細かいことに気を取られてイライラしやすいです。
十分な睡眠時間があるほど、気持ちも穏やかでいられます。

夢を見るのが好き

HSPがずっと寝てる理由の3つ目は、夢の中なら、なんだってなれるからです。
敏感な気質などは関係なしに、自由自在な行動が取りやすいです。

あるときは空を飛んだり、あるときは海を泳いだり、普段の生活からではできない体験がおこなえるもの。

たくさんの人と喋っても疲れなかったり、目立っても緊張しにくかったりします。

夢を見るのが好きだからこそ、ずっと寝ていたいと感じるHSPもいます。

現実逃避

HSPがずっと寝てる理由の4つ目は、現実で過ごすことが耐えられないからです。
寝ている間なら、起きているときの問題を考える必要もありません。

しなければならないことが、たくさんある時ほど眠たくなります。
無意識のうちに拒絶した思いがあるからこそ、睡眠で現実逃避をおこないます。

HSPがずっと寝てる場合の対処法


ここでは、HSPがずっと寝てる場合の対処法についてご紹介いたします。

気質を理解する

1つ目は、HSPの気質を理解した上で睡眠と向き合うことです。
疲れやすいからこそ、たっぷり寝る必要があります。

眠ることに罪悪感を覚えるなら、目が冴えやすいです。たくさん寝て、明日の生きる活力につなげていきましょう。

睡眠の質を向上させる

2つ目は、寝心地をより良いものにして、睡眠の質を向上させる方法です。
夜、途中で起きる回数が多いほど、日中もずっと寝ていたくなります。

ベッドの周りに気が散るものは置いていないか、シーツは清潔なものを使っているか確認しましょう。
スマホを置いていたり、不清潔なシーツを使っていたりすると、睡眠の質も下がりやすいです。

中には、抱き枕を用意した方が心地の良い眠りにつけることがあります。

睡眠環境を今一度振り返っていきましょう。

ストレスを軽減させる

3つ目は、日中のストレスを軽減させる方法です。
特定のことを考えていると、気持ちがソワソワすることはありませんか?

悩みの基本は人間関係に通じる部分があるので、苦手な人と距離を置く方法もおすすめです。

ストレスから目を逸らし続けていると、自分に嘘をつくことにもなるため、精神的にも負担がかかります。

誰かに相談したり、ストレスを趣味で発散させたりしましょう。

楽しい用事を作る

4つ目は、ワクワクする用事を定期的に作る方法です。
休みの日、何も予定がないと睡眠が唯一の娯楽になることがあります。

趣味に関するアイテムを買う予定を入れたり、お気に入りのスポットに足を運ぶ予定を計画したりすると、ずっと寝てることもなくなります。

無趣味の方ほど、寝ることが唯一の生きがいとなる場合があるでしょう。

ワクワクする用事を作り、楽しく起きている時間を増やすのも一つの方法です。

まとめ

HSPがずっと寝てるのは、日中の疲れを回復させるためと言えます。
慣れない環境にいたり、常に緊張を強いられたりすると疲れやすいです。

よく寝るのは良いことですが過度に睡眠を欲する場合、現実逃避をおこなっていることがあります。
ストレスを軽減させたり、楽しい予定を立てたりする方法がおすすめです。

今回は、HSPがずっと寝てる理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました