【HSP】LINEが怖い理由と3つの対処法【疲れやすい】

HSP

HSPでLINEが怖いと感じる方はいませんか?
人とのつながりが強制的な部分に、息苦しさを覚える方も多いのではないでしょうか。

のどか
のどか

便利なツールなんだけどね……
使い方を間違えると苦しくなるよね

今回の記事では、HSPがLINEが怖い理由と対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、LINEに苦手意識を感じている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPがLINEが怖い理由

まず初めに、HSPがLINEが怖い理由についてご紹介いたします。

いつメッセージが来るかわからない

HSPがLINEが怖い理由の1つ目は、いつメッセージが来るかわからないことです。
突然のことが多く、まったく予想がつかないことに、恐怖心を覚えます。

くつろいでいる時にLINEがくるなら、一気に緊張モードに!
人によっては、監視されている感覚を味わうこともあるでしょう。

強制的な印象がある

HSPがLINEが怖い理由の2つ目は、LINEのやり取りが強制的な印象があることです。
一度メッセージが届いたら数回のやり取りは当たり前、テンポが求められます。

強制的なコミュニケーションを求められている雰囲気にHSPは疲れやすいです。

返事を考えるのに時間を要するから

HSPがLINEが怖い理由の3つ目は、返事を考えるのに時間を要するからです。
相手の気持ちを考えるとつい丁寧に考えてしまうことはありませんか?

長文が届くなら、返事をするのに10分以上かかる方も多いのではないでしょうか。自分の時間が取られることにも焦燥感を覚えてしまいます。

素っ気ないと相手が怒っていると感じるから

HSPがLINEが怖い理由の4つ目は、メッセージからは相手の表情が見えず、感情がわからないことです。素っ気ないと「もしかして怒ってる?」と勘違いしやすいです。

面と向かって話すよりも高度なコミュニケーション能力が求められます。
また、LINEは文章として証拠が残るので、ヘマができない恐怖感もあります。

やり取りするほど人間関係が窮屈になるから

HSPがLINEが怖い理由の5つ目は、やり取りするほど人間関係が窮屈になるからです。
相手の知らなかった部分が見えてくるので、怖いと感じることがあります。

「ねぇ、聞いてよ」と愚痴を毎回話されるならうんざり……。「休みの日は何しているの?」とグイグイ来られることもあるでしょう。
対面した時とは、また違った印象を感じることがあります。

気を遣いすぎる方ほど、ある日を境に「もうLINEしたくない」と限界を迎えやすいです。

HSPがLINEが怖い場合の対処法

ここでは、HSPがLINEが怖い場合の対処法をご紹介いたします。

すぐにLINEの返事するのをやめる

1つ目は、LINEが届いたら一定の時間空けてから返事をすることです。
未読であるなら、その間は相手からメッセージが来ることもストップできます。

ものの1分で返事をするなら、また届くのもすぐのこと……。
LINEが怖い時こそ、相手と距離を置くための工夫を取っていきましょう。

通知をオフにする

2つ目は、LINEの通知をオフにすることです。
特にHSPは音が頻繁に聞こえると緊張しやすいです。心休まる暇がありません。

LINEの通知をオフにすることは最初は違和感がありますが段々となれます。自分が見たい時にLINEを確認できるので、それだけでもストレスが軽減されます。

集中できるものを見つける

3つ目は、集中できるものを見つけることです。
何もしない無の時間こそ、LINEのことが気になりやすいです。あれこれとネガティブな想像も頭に浮かびやすいと言えます。

趣味に時間を割いて熱中するほど気もまぎれます。LINEが怖いという気持ちがある方こそ、まずは10分でも良いので好きなことに取り組んでみてください。

まとめ

HSPはLINEをしていると怖い気持ちを覚えることがあります。また、強制的な人とのつながりがあるとストレスを感じやすいです。

一日中、付きっきりになることがなく、程よい距離感を保つことを意識してください。

今回の記事では、HSPがLINEが怖い理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました