【HSP】LINEがめんどくさい場合どうしたら良い?5つの対処法

HSP

HSPでLINEがめんどくさいと感じる方はいますか?
強制的な人との関わりがある部分に、苦手意識を感じる方も多いでしょう。

今回の記事では、HSPがLINEをめんどくさいと思う理由と対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、LINEにわずらわしさを感じている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPがLINEをめんどくさいと思う理由

まず初めに、HSPがLINEをめんどくさいと思う理由についてご紹介いたします。

気を遣ってしまうから

HSPがLINEをめんどくさいと思う理由の一つに、気を遣ってしまうものがあります。
返事次第で人間関係が壊れることもあるので、適当には返信できません。

気を遣うあまり、一通のメッセージに対して数十分は時間をかけることもザラにあるでしょう。
HSPは他者優先でLINEのやり取りをするほど疲れが溜まりやすいです。

24時間365日休む暇がないから

HSPがLINEをめんどくさいと思う理由の一つに、24時間365日休む暇がないというものがあります。
いつでもメッセージが受け入れ可能となるので、つい身構えてしまいます。

LINEが届いていないか、頻繁に通知をチェックしている方も多いのではないでしょうか。
気づかずにそのまま放置するのは、まずいと感じます。

いつも気を張っている状態となるので、疲弊しやすいです。

義務に感じてしまうから

HSPがLINEをめんどくさいと思う理由の一つに、義務に感じてしまうものがあります。
LINEが届いたら、有無を言わさず返事をかえさなくてはならない雰囲気があります。

家でくつろいでいる時間にも、お構いなしにメッセージが届くこともあるでしょう。
HSPはストレスが溜まりすぎると、LINEそのものを消したいと感じることがあります。

HSPがLINEをめんどくさいと思う場合の対処法

ここでは、HSPがLINEをめんどくさいと思う場合の対処法についてご紹介いたします。

通知を切る

1つ目は、LINEの通知を切ることです。
ピコンといつも音が鳴る状態なら、気が休まりません。

HSPこそマナーモードにしておくだけでも気が紛れることでしょう。
また、なるべくスマホの画面上に通知を出さないように設定をしておくだけでも視覚効果が和らぎます。

LINEが苦手な人と認知される

2つ目は、LINEするのが苦手な人と周囲に認知されることです。
いつでもすぐにメッセージを返す人と思われていると、プレッシャーがかかります。

また、LINEするのが苦手な人と思われるために、わざわざ口に出して伝える必要はありません。
いつもは数分で返すLINEもあえて時間をかけて返すようにしましょう。

少しずつLINEから距離を保つ姿勢を心がけていきましょう。

考えすぎない

3つ目は、LINEについて深く考えすぎないことです。
めんどくさいと思うのは、あれこれしがらみを抱えていることが理由と言えます。

LINEはただ単に連絡を取るためのツールとして活用していきましょう。

それでもストレスが溜まると、不思議とあれこれ考えてしまうことも増えます。

そんな時は、スマホのアプリのメモ帳に今の気持ちを書き出していきましょう。

そして「今からあまり考えなくて大丈夫」と自分に許可を出してみてください。
人によっては、気持ちが軽くなることがある方法の一つと言えます。

スマホを見ない時間帯を作る

4つ目は、スマホを見ない時間帯を作る方法です。
つい触りっぱなしになると、LINEが来たらすぐ目に入るので、うんざりしやすいです。

まずは5分でも良いので、自分の意思でスマホを触らない練習をしていきましょう。
空いた時間は趣味にあてていくのも良いですね。

何かに没頭している時は、不思議とLINEのことを考えなくて済みます。

同じ気持ちを抱いている人を探す

5つ目は、同じくLINEがめんどくさいと感じている人を探してみる方法です。

ネットを通じてLINEに悩みを抱いている人を探してみるのもおすすめです。
共感してくれる人を見つけると、自分一人だけではない事実から心が楽になることがあります。

まとめ

HSPはLINEをめんどくさいと感じることがあります。
1日中、気を遣いっぱなしになるので、ストレスが溜まると「辞めたい」と感じることもあるでしょう。

通知を切ったりLINEが苦手な人と認知されたり、自分に合った適切な距離感を保つことが大切です。

今回は、HSPがLINEをめんどくさいと思う理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました