HSPは歯医者は苦手?気持ちが軽くなるおすすめの通い方とは

HSP

HSPで歯医者が苦手な方はいますか?
マイナスな先入観があると、虫歯であってもなかなか足を運びにくい場所と言えます。

今回の記事では、HSPと歯医者の相性やおすすめの付き合い方などについてご紹介いたします。
ぜひ、HSPで近々歯医者に行こうと感じている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPが歯医者を苦手な理由

まず初めに、HSPが歯医者を苦手な理由についてご紹介いたします。

痛そうだから

1つ目は、歯医者で治療を受けるのは痛そうという先入観があるからです。

漫画やアニメなどでも、歯医者に行くのが憂鬱……とした描写はよく見られます。

HSPは痛みに敏感な方が多いので、先入観から歯医者に苦手意識を覚えやすい傾向があります。

のどか
のどか

一度根付いたイメージは
なかなか変えられないよね

ダメ出しを受けそうだから

2つ目は、歯に対するダメ出しを受けそうな予感があるからです。
虫歯を放置したままいると「なんでもっと早く来なかったの」と、歯科医師に遠回しに責められるのではないかと考えます。

こっぴどく怒られるくらいなら、行かない選択を取りやすいです。

音が苦手

3つ目は、歯を削る音に苦手意識を感じているからです。
ドリルで穴を開ける音が近くでするなら、体が強張ります。

目を閉じていても聞こえてくるので、ストレスになります。
たとえ痛くなくても、音により痛みの錯覚をおぼえる方もいるでしょう。

逃げられないから

4つ目は、一度、歯医者の治療椅子に座ったら最後、逃げられないからです。
特に大人がゴネる姿は、恥ずかしい部分があります。

治療を中断することになるくらいなら、最初から歯医者に行かない方が良いと考えます。

何をされているかわからないから

5つ目は、歯に対して、どんな治療をしているか確認できないからです。

患者は口を開けたまま、あとは先生に任せるのみとなるため謎な部分があります。

治療工程がわからないからこそ恐怖感も増してくることがあるでしょう。

HSPが歯医者を好きな理由

HSPは歯医者を苦手な人が多い傾向がありますが、好きな方も一定数いると言えます。

ここでは、HSPが歯医者を好きな理由についてご紹介いたします。

清潔な印象がする

HSPが歯医者を好きな理由として、清潔な印象がするからというものがあります。

歯科医院の白を基調にした室内、診察室など、不潔とは無縁な印象があります。
雰囲気はもちろん、独特な匂いも含めて好きだと感じる方もいるでしょう。

歯が綺麗になるから

HSPが歯医者を好きな理由として、歯が綺麗になるからというシンプルなものがあります。
歯石を取ったり虫歯を治したりすることで、綺麗な歯を維持し続けられますが、そこに満足感や嬉しさを感じることがあります。

HSPで歯医者が好きな人の中には、定期的にしっかり通っている方も多いことでしょう。

HSPと歯医者のおすすめの付き合い方

ここでは、HSPと歯医者のおすすめの付き合い方についてご紹介いたします。

そろそろ歯医者に行かなきゃ……と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

歯科医院のHPを見る

まずは、気になる歯科医院のHPを見ることです。
歯医者が苦手なHSPこそ、情報を集めることから始めるのが良いと言えます。

クリニックの方針や治療内容が明確にわかるため、HSPが歯医者に行くための背中を押す役目を担います。
直感で良いなと感じたところに目星をつけておくのも良いでしょう。

子どもが通いやすい歯科医院であるかチェック

歯医者が苦手なHSPこそ、子どもが通いやすい歯科医院であるか確認しましょう。
痛みに敏感な子どもが通いやすいなら、歯医者に恐怖心がある方でも安心です。

幅広い年齢層を受け入れているなら、一人ひとりに合う歯科治療をおこなってくれる可能性が高いです。
子どもでも通える事実は一歩足を踏み出すきっかけを作ります。

不安な点は医師に伝える

歯医者に通う上で、不安に感じている部分は医師に伝えておきましょう。

「とにかく怖い」という恐怖感があることを伝えるのも良いです。悩みをカバーする治療を施してくれる期待が持てます。

先生は何百人(何千人)と患者さんを見てきたはずなので、そこまで恥ずかしさを感じる必要はありません。
本音を打ち明けると、抱えている悩みの重さが軽減されます。

静脈内鎮静法を利用する

HSPの中でも歯医者に対してトラウマがある方は、静脈内鎮静法を利用して治療を進められる歯科医院がおすすめです。
麻酔薬を投与して治療を進めていく方法となります。
うたた寝に近い状態で歯の治療を受けられるため恐怖感を感じにくいです。

しかし、通常の治療より料金が高かったり大人の付き添いが必要だったりします。
また、薬を使う以上、すべての方が治療を受けられるわけではありません。

検索するなら「お住まいの地域名」「静脈内鎮静法」「歯科医院」と合わせることで、自身が通いやすい歯科医院が見つかります。

メリットデメリットを考慮した上で治療を受けるか検討してみてください。先生と相談しながら決める方法もおすすめです。

ご褒美を用意する

歯医者に行った後、自分にご褒美を用意する方法もおすすめです。
好きなもののためなら頑張ろうとする気力も湧き上がるため、継続して通いやすくなります。

のどか
のどか

なるべく
スイーツ以外がいいかも!

趣味に関するものや前から欲しいと感じていた物をご褒美に用意するのも良いでしょう。
苦手な歯医者に無事行けたなら、自分自身をたっぷり褒めてあげましょう。

まとめ

HSPは「歯医者は痛そう」とした先入観から、どちらかというと苦手な方が多い傾向があります。
痛みを抑えた治療をおこなう歯科医院もたくさんあります。

ぜひ、HPなどをチェックした上で自分にぴったり合う歯科医院を見つけてみてください。

今回は、HSPと歯医者の相性やおすすめの付き合い方などについてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました