なんて送ろうか迷う…HSPがLINEの返信が遅い場合の対処法

HSP

HSPでLINEの返信がついつい遅くなってしまう方はいませんか?
あれこれ考えすぎて、テンポ良くやり取りができないことがあります。

人に指摘を受けたら「もっと早く返信しないと……」とさらに焦りを感じることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPがLINEの返信が遅い理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPがLINEの返信が遅い理由とは

まず初めに、HSPがLINEの返信が遅い理由についてご紹介いたします。

なんて返信していいか迷うため

HSPは届いたメッセージに対して、なんて返信していいかの迷うので、LINEの返信が遅くなることがあります。
直感で行動に移すより、そのまま深く考えてしまう方も多いでしょう。

返信した先のやり取りまで考えてしまうこともあるでしょう。
HSPは行動に移す時、考え込みすぎて返信が遅くなるループにハマることがあります。

届いたメッセージを深読みしてしまう

HSPは届いたメッセージを深読みすることがあります。
何気ない文章も本音がひた隠しにされていないか、さまざまな角度から物事を見ます。

友達からの「また遊ぼう」メッセージも、社交辞令ではないかと考え込みやすいです。
「ありがとう」のメッセージも絵文字やスタンプがないなら「実は怒ってる?」と、変に深読みしてしまうことがあるでしょう。

一人突っ走ったメッセージを送らないために、返信が遅くなることがあります。

丁寧に文章を書こうとする

HSPは、気軽にやり取りできるLINEであっても適当にメッセージを書くことはしません。
相手のことを考えて一言一句、丁寧な文章を書こうとする特徴があります。

気持ちを込めるあまり、返信が遅くなってしまうことがあります。

絵文字やスタンプを選ぶことに気を遣う

HSPは、メッセージ以外にも絵文字やスタンプを選ぶことにも気を遣いやすいです。
チョイスを間違えてしまうと失礼に当たると感じています。

スタンプはメッセージを送信する段階から、選んでおくことも多いです。

絵文字やスタンプの使いすぎも失礼だと考えて、絶妙に量を調節しようとします。
場合によっては、メッセージを書く以上に気を遣ってしまうこともあるでしょう。

相手の気持ちに寄り添いすぎる

HSPは相手の気持ちに寄り添い過ぎるあまり、LINEの返信が遅くなることがあります。
メッセージを通して相手の心情を深く読み取ろうとします。

長文には長文のメッセージを、悩み相談には適当には返してはいけないと考えるように、LINEにも真剣に向き合うことが多いです。

HSPは気持ちの誤解が生じやすいメッセージのやり取りこそ、相手を深く知ろうとする努力を怠りません。

誤字脱字をチェックする

HSPはメッセージを送る上で誤字脱字も厳しくチェックします。
言葉の使い方によっては、受け取る意味合いや印象も大きく異なるからです。

何度もメッセージを読み返す方も多いでしょう。
そのため、結果的に返信するのが遅くなりやすいです。

HSPがLINEの返信が遅い場合の対処法

ここでは、HSPがLINEの返信が遅い場合の対処法についてご紹介いたします。

返信が遅い=悪いことと思わない

1つ目は、LINEの返信が遅くても悪いことではないことをあらためて認識する方法です。
無意識のうちにそう感じていると、LINEの返信が遅れる度、罪悪感を抱きます。

むしろ、返信が遅い方が丁寧な人という良い印象を持たれることが多いです。
LINEの相手とも適度な距離感を保ちやすいです。

返信が遅い=マイナスなイメージから脱却していきましょう。

返信が遅いことを悩んだきっかけを振り返る

2つ目は、なぜLINEの返信が遅いことを気にしているのか、きっかけとなる出来事を振り返る方法です。

中には、実際に相手から指摘を受けた方もいるでしょう。
他者の言葉は自分の中に強く残るものです。

相手は何気なく口にしただけかもしれません。
相手の言葉によって悩んでいることなら、そこまで深く考えなくても良いです。

また、他者と自分を比べて落ち込んでいることもあるでしょう。
一人ひとり違う人間であり、返信ペースにも個性が出ます。

気軽なメッセージのやり取りなら自分のペースを大切にした方が良いです。

静かな部屋でメッセージを書く

3つ目は、静かな部屋でLINEの返信をすることです。
テレビがついている部屋では気が散って、中々返信ができないことがあります。

自分の部屋に一人でいる時こそ、LINEの返信が捗ることはありませんか。
返信が遅いことに悩んでいるなら、環境を変えてみるのも一つの方法です。

目安の時間を決める

4つ目は、LINEのメッセージと向き合う目安の時間を決めることです。
ダラダラと書くことを防ぎやすくなります。

「10分以内に書き上げる」と具体的な数字を設定してみてください。
最初は慣れないかもしれませんが、意識すると、段々と返信が早くなることがあります。

相手の文章のノリを意識する

5つ目は、相手の文章のノリを参考にしながら、LINEの返信を考えることです。

相手が3行なら自分も3行だけ文章を書くなどのルールが決められるので、雑念が消えます。

また、一言のみなら、同じように一言で返していきましょう。
同じ系統の絵文字やスタンプを使ってみるのも良いですね。

中々、LINEのメッセージが書けない方におすすめの方法です。

勢いを持つ

6つ目は、LINEの返信は勢いを持って送ることです。
一度同じことで悩んだら、停滞ムードが続きます。

また、楽しいことをした後は、勢いがあるのでLINEの返信もスイスイできる場合があります。
趣味を楽しんだ後に行ってみてはいかがでしょうか。

「返信しよう!」というような、溢れるエネルギーを大切にしてください。

まとめ

HSPがLINEの返信が遅い場合、まずはそれが悪いことと思わないでください。

また、テレビがついた部屋でメッセージ内容を考えると気が散りやすいです。
周囲の環境にも配慮した上でLINEを返信するようにしてください。

今回は、HSPがLINEの返信が遅い理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました