HSPが図太くなるにはどうしたら良い?6つの対処法・ポイントとは

HSP

HSPの方で「神経が図太くなりたい」と感じることはありませんか?
あらゆる出来事に動揺してヘトヘトになることが多いなら、ドシッと構えている方が魅力的に見えます。

今回の記事では、HSPが図太くなる方法と、HSPが図太くなったら起こり得ることについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが図太くなるにはどうしたら良い?

まず初めに、HSPが図太くなる方法についてご紹介いたします。

少しずつをモットーに

HSPが図太くなるなら、一気にテッペンを目指すのではなく、少しずつをモットーにするのがおすすめです。
初めのうちから頑張りすぎるとバテてしまいます。

「自分から挨拶する側になる」というように、簡単な目標を決めて一つずつ達成することから始めていきましょう。
HSPが図太くなるには、徐々にできることを増やしていくのが良いと言えます。

自分の意見を言う練習をする

HSPは自分の意見を言う練習をしてみてください。
周りの人の意見に合わせ過ぎたり受け身でいることが多かったりすると、中々自分に自信を持つことができません。

「今日の夜ご飯何が食べたい?」の質問にも「なんでも良い」ではなく「カレー」と自分の意志をはっきり伝えていきましょう。
図太くなるためのコツとして、あらゆる物事を自分で決められるようになることです。

自分の人生を生きる

HSPこそ、他者に振り回されることなく自分の人生を歩むことが大切です。
壁にぶつかったら「自分はどうしたいか」で考えるようにすると、決断力も身に付きます。

動揺することが起こっても、自分で決めたことなら比較的、対処も取りやすいです。

自分の人生を生きることは、慣れていないと不安もつきもの。中々一歩を踏み出せないこともあります。

とはいえ、図太くなるためには自分の人生をしっかり生きるというような、我を強く持つことが大切です。

嫌なことは2つ同時に行う

HSPが図太くなるには嫌なことは2つ同時に行う方法もあります。

たとえば掃除と今日までに書かないといけない書類があったとします。
どちらかに取り掛かった時、現実逃避のように片方にやる気が出ることがあります。

2つに揺さぶられることで、神経も図太くなる感覚を覚えることがあるでしょう。

大きな悩み事が一つあるなら、複数の小さな悩み事は影を潜めているように、意識の中には入り込みにくくなります。
むしろストレスフリーで過ごすほど、小さなことがかえって気になりやすくなります。

HSPで図太くなりたいなら、苦手なことは2つまとめて同時に行い、意識を分散させてみてください。

身近な図太い人の真似をする

身近で「図太いなぁ」と感じる方はいませんか?
HSPこそ共感力の高さを生かして、相手を真似すると気持ちが軽くなることがあります。

何を言われても気にしない人がいるなら、実際に接してみて、コツとなるものを掴んだ後、自分のものにしてみてください。
相手になりきる意識を持つと、予測不可能な出来事が起こっても、動揺しにくくなることがあります。

悩んでも解決しないことを見極める

HSPの方こそ、悩んでも解決しないことを見極めることも大切です。
特に、過ぎたことをいつまでも悩んでいても、良い結果にはつながらないものです。

「相手に失礼なことを言ってしまった……」と一人反省会を行なっても、実のところ相手は気にしていないかもしれません。

想像を膨らませてあれこれ悩むほど、中々穴から抜け出すことができません。
取り戻せない過去に思いを馳せるより、自分の力で未来を変えられる、これからのことに注目していきましょう。

HSPが図太くなったら起こること

ここでは、HSPが図太くなったら起こり得ることについてご紹介いたします。

感情を引きずらない

HSPが図太くなったら、落ち込む気持ちを引きずらなくなります。

ショックを受ける出来事があっても自分なりに感情を出し、最終的には「まあ、いっか」と気持ちを切り替えられます。

一つのことに意識をとらわれず、感情に振り回されることはありません。

自分のしたいことができる

HSPが図太くなったら、周りの目を気にせず自分のしたいことに取り組みやすくなります。

他者の目線を気にするより、自分が何をしたいかで行動に移せるので、イキイキします。

たとえ失敗しても、自分が納得して決めたことなので後悔することは少ないです。

まとめ

HSPが図太くなるには、自分が何をしたいかで行動を決めることが大切です。
また、身近な図太い人を真似る方法も参考になります。

今回は、HSPが図太くなる方法と、HSPが図太くなったら起こり得ることについてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました