HSPは悩みを抱えても誰かに相談できない?理由と対処法5つ

HSP

HSPは悩みを抱えても、誰かに相談できないことがあります。
繊細なものであるほど、他人に打ち明けるのが怖くなります。

あれこれ最悪な想像を巡らせては、一人悩みを抱えたままでいることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPは誰かに悩みを相談できない理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが悩みがあっても誰かに相談できない理由


ここでは、HSPが悩みがあっても誰かに相談できない理由についてご紹介いたします。

相手に迷惑がかかると感じているから

相手に悩みを相談することで、迷惑をかけるのではないか心配しているからです。
貴重な時間を使ったり負担になったりしていないか気がかりに思っています。

「そんな悩み私に打ち明けないでよ〜。迷惑」とはっきり言われる可能性も0ではありません。
HSPは、誰かに負担をかけるくらいなら、自分の胸の内にしまっておこうと感じることがあります。

否定されたら傷ついてしまうから

悩みを話したら馬鹿にされるのではないか不安だからです。
真剣に打ち明けた話も、鼻で笑われるなら傷つきます。

真面目なアドバイスを期待していたのに「へぇ」「それで?(笑)」とニヤニヤ顔で対応されるなら、ショックを受けます
具体的なエピソードこそ「語りすぎ(笑)」「思い込み激しいね」と軽くあしらわれることもあるかもしれません。

場合によっては、もう立ち直れなくなるほど心に傷を負うこともあるでしょう。
HSPは悩みを打ち明ける前より傷つく展開を避ける傾向があります。

誰かに話を漏らされる心配があるから

秘密で話した悩みも、念を押しても誰かに漏らされることがあります。
人の口に戸は立てられぬということわざもあるくらいです。

恋愛の話だったり、性格の悩みだったり、内容がデリケートなものほど落ち込み度も激しくなります。
HSPは、他人の行動は縛れないとわかっているからこそ、誰かに悩み相談をするのを躊躇うことがあります。

結局は自分一人で悩みを解決しないといけないから

悩みを話したところで、最終的にどうするか決めるのは自分自身です。
聞き手が代わりに人生を歩むことはできません。

むしろ、第三者の意見を聞くと今以上に混乱するのではないかと考えています。
だからこそHSPは、悩み相談ができないと感じることがあります。

HSPが誰にも相談できない場合の対処法


ここでは、HSPが誰にも相談できない場合の対処法についてご紹介いたします。

相手の気持ちを考えられる自分を肯定する

悩みを聞く側の気持ちを考えられる自分を肯定することです。
感情の赴くまま相談する方も多い中、冷静な対応が取れていると言えます。

動揺している時でも「ちょっと待って」としっかりストップがかけられる方です。
HSPこそ、小さなことでも自分を褒める習慣を持ってみてください。

自分と似た悩みを持つ方を見つける

自分の悩みをネットで検索にかけて該当するページを探すことです。
「悩んでいるのは自分一人だけではない」事実が救いになります。

質問サイトがヒットするなら、具体的な回答がついていることが多いです。
また、見ているだけでも、誰かに悩みを打ち明けた気持ちになります。

SNSで検索するなら、よりリアルな悩みを持つ方が見つかるはずです。
HSPは、視野を広げるためにもネットを介して同じ悩みを持つ方を見つける方法がおすすめです。

ネットを介して相談できる相手を見つける

リアルの友達に悩みを相談する場合、一歩間違えると気まずい思いすることもあるでしょう。
その点、ネットなら、匿名で悩みを話せるのでおすすめです。

老若男女問わず幅広い世代の方に悩み相談が行えます。また、相性が合わないと感じたら、距離を置くことも簡単です。
場合によっては24時間、いつでも相談相手が探せるので心強いです。

悩み相談がなかなかできないHSPの方こそ、ネットを通じて相談相手を見つける方法がおすすめと言えます。

無料登録してカウンセリングを受ける

自分自身が悩み相談に乗る

悩みを誰にも打ち明けられない方こそ、自分自身が悩み相談に乗る方法がおすすめです。

のどか
のどか

どういうこと?と
思った方も多いでしょう

自分の悩みを、友達が相談してきたらどんな回答をするかというイメージを持つとわかりやすいかと思います。

「相談する側」「回答する側」と表記すると、一人二役の立場もわかりやすいです。

自分自身に相談する訳なので、傷つく言葉をかけられる心配もありません。
実は、今一番言われたい言葉をピンポイントで自分に伝えられる方法でもあります。

しかし、のめり込みすぎると、混乱しやすくなるため注意が必要です。
HSPが誰にも相談できない場合において、試したい方法です。

尊敬する人はどんなアドバイスをくれるか考える

尊敬する人の姿を思い浮かべ、相手に相談したらどんなアドバイスをくれるかシミュレーションする方法です。
対面しなくても、その人から良い助言をもらう感覚が味わえます。

相手のことを深く考えられるため、より一層好きな気持ちが増すこともあります。

HSPは、想像する力が得意な方も多いので、尊敬する人の回答もこれだろうとするものを見つけやすいです。

まとめ

HSPは誰かに悩み相談ができないことがあります。

ぜひ、本音を打ち明けやすい自分に合った方法を見つけてみてください。

今回は、HSPが誰かに悩み相談できない理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました