HSPで親友いないことに悩んだらどうする?理由や対処法をご紹介

HSP

HSPで親友がいない方はいますか?
普段は平気だと感じても、気持ちが弱った時に、なんでも話せる友人がいれば良いのにと感じることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPに親友がいない場合の理由と対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、深い交流ができる友達が欲しいと感じている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPに親友がいない場合の理由

まず初めに、HSPに親友がいない場合の理由についてご紹介いたします。

本音を話せない

1つ目は、自分の心の内を誰かにさらけ出すことに苦手意識を感じるからです。
本音で語り合えない部分があり、遠慮が出てしまいやすいです。

壁を作ると、受け手にも薄々伝わってしまうことも多いでしょう。
HSPは当たり障りのない会話ができるなら誰とでも仲良くなれるものの、実を言うと親友を作れないことも多いです。

見捨てられ不安がある

2つ目は、親友ができてもどうせ最後には離れていくだろうとした見捨てられ不安があるからです。
悲しい思いをするくらいなら、最初から大切な人はいない方が良いと感じます。

むしろ、親友がいないことにホッとしているHSPさんもいるでしょう。
心の不安から目を逸らさず見つめることが大切と言えます。

気を遣いすぎるから

3つ目は、HSPは対面する相手に対して気を遣いすぎる傾向があるからです。
不自然な対応に見えてしまうと、受け手も遠慮がちになります。

相手も自然体で話すことができず、親友レベルに仲良くなることは難しいです。
HSPは好印象を抱かれるような丁寧な振る舞いをしやすいですが、人によっては硬い印象に受け取られてしまうこともあるでしょう。

一人が好きだから

4つ目は、誰かといることに必要性を感じていないからです。
一人の時間を大切に過ごせるなら、親友はいてもいなくても気にしないと感じます。

それでも、親友がいた方が良いと感じるのは、友達と楽しそうに過ごしている同年代の子を見た時など何かの影響が加わっていることが多いです。
自分にないものをまざまざと見せられた時、心が揺れ動きやすいです。

HSPが親友がいない場合の対処法

ここでは、HSPが親友がいない場合の対処法についてご紹介いたします。

無理に作らなくても良いことを認識する

1つ目は、親友は無理して作るものではないことを認識する方法です。
頑張って作ろうとするほど、上辺だけの友達関係を築きやすいです。

相性が合う相手にあったら自然と仲良くなります。
今は親友ができる時期ではないと、肩の力を抜くことから始めましょう。

しかし、親友が欲しい気持ちがあることを否定せず受け止めることが大切です。

親友が欲しい理由を考える

2つ目は、なぜ親友が欲しいのか理由を考えることです。
きっかけを丁寧に探ると、本質に気がつけることがあります。

ドラマに影響を受けた、親から指摘を受けた、など、一人ひとりのエピソードがあるはずです。
誰かに急かされているのが理由であるなら、そこまで重要視しない方が良いでしょう。

自分が自然と親友が欲しいと感じたなら、その気持ちは大切にした方が良いです。

親友を作ることをゴールにしない

3つ目は、親友を作ることは手段であり、ゴールにはしないことです。
間違えてしまえば、親友ができた瞬間、相手と関係を保ち続けられず終わりを迎えます。

相手を知らずのうちに傷つけてしまうこともあるでしょう。
親友を作ることだけに執着し続けると、大切なことを見失ってしまうので気をつけましょう。

環境を変えてみる

4つ目は、今の生活環境に新たな変化を加えることです。
親しい友達を作るためには、毎日同じ繰り返しでは良いきっかけが巡ってきません。

習い事を始めてみたりSNSのアカウントを作ってみたりするなど、今までしたことない行動を意識的に取りましょう。
関わる顔ぶれも違ってくるので、新たな友達ができることがあります。

環境をガラッと変えるのは不安だと思うので、少しずつ変化を取り入れることを意識しましょう。

趣味が合う友達を見つける

5つ目は、自分と趣味が合う友達を見つけることです。

好きなものが同じであるなら、その事実を知っただけで急接近できるパワーがあります。
共通点もできるので会話内容にも困りません。

なんとなくで親友を作るなら、趣味が合う相手に注目してみる方法がおすすめです。

まとめ

HSPの中には親友がいないことに悩みを持つ方もいるでしょう。

また、無理に作ると上辺だけの関係になりやすいです。
自然体を意識することが大切と言えます。

HSPこそ、趣味が合う相手を見つけて仲を深めると、唯一無二の友達を作りやすいです。

今回は、HSPに親友がいない場合の理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました