十分な睡眠時間が必要!HSPが早起きが苦手な理由と4つの対処法

HSP

HSPで早起きが苦手な方はいませんか?
なかなか寝付けなかったり嫌な用事があったりすると朝起きるのが苦痛ですよね。

のどか
のどか

ずっと寝ていたい

今回の記事では、HSPが早起きが苦手な理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが早起きが苦手な理由

ここでは、HSPが早起きが苦手な理由についてご紹介いたします。

プレッシャーにより熟睡できていないから

1つ目は、夜寝る時プレッシャーを感じて、そもそも熟睡できていないからです。
睡眠時間が少なくなると、必然的に早起きが苦痛になります。

絶対に外せない用事である時こそ神経が昂ることから、なかなか寝付くことができないもの……。
疲れもピークに達して力も抜けた頃、やっと寝つけるHSPさんも多いのではないでしょうか。

元々睡眠時間を多く要するタイプだから

2つ目は、HSPの気質的に睡眠時間を多く要するタイプだからです。
刺激に敏感な傾向があるため、ゆっくり休む時間が人一倍必要なことから、早起きも苦手となります。

許せることならずっと寝ていたいと感じるHSPさんも多いのではないでしょうか。
早起きは見方を変えると睡眠時間を削ることになるので苦手意識を感じます。

予定が憂鬱なものだから

3つ目は、早起きした後の予定が憂鬱なものだからです。
苦痛を強いられるものなら、そのまま寝逃げしたくなります。

たくさんの人と関わる用事だったり強制的な参加を求められていたりすると憂鬱に感じやすいです。
無意識の、予定に行きたくない気持ちが表れています。

HSPが早起きが苦手な時の対処法

ここでは、HSPが早起きが苦手な時の対処法についてご紹介いたします。

プレッシャーを持ち過ぎない

HSPが早起きが苦手な時の対処法1つ目は、プレッシャーを持ちすぎないことです。
「絶対起きる」と覚悟を決めるほど、自分自身を追い詰めやすくなります。

また、中々眠気が訪れず、寝る時間も遅くなる傾向があります。
早起きできたら良いなと楽に考えるのが良いでしょう。

寝具を自分の合ったものに変えてみる

HSPが早起きが苦手な時の対処法 2つ目は、寝具を自分に合ったものに変えてみることです。

寝返りを打つ時、腰が痛くはなりませんか。
シーツこそ、いつ変えたかわからないレベルなら、満足のいく睡眠はできません。

意外にもベッドの配置が合っていなくて、睡眠を妨げていることも多いのでチェックしてみてください。
壁にはぴたりとくっついた方が安定感があります。

冬であるなら、あたたかい毛布を完備するなど、リラックスして眠れる環境を整えていきましょう。

ワクワクする予定を作る

HSPが早起きが苦手な時の対処法 3つ目は、ワクワクする予定を作ることです。

たくさんの人に会う用事こそ、気の合う人を見つけてみましょう。
気の重い予定が詰まっているなら、帰りにご褒美を買うのもおすすめです。

早起きする際は、一日の中で気分が高まる予定を詰めてみてください。

無理に早起きしない

対処法の4つ目は、無理に早起きしないことです。
そもそも、何故早起きするのか根本的な理由を考えていきましょう。

「健康に良いから」「みんなしているから」など、特に用事がない方もいるはずです。
早起きする必要がない時は、無理して実行しなくても良いでしょう。

のどか
のどか

その分、たくさん寝よう

今一度、早起きする理由振り返ると、自分のやるべきことがわかります。

まとめ

HSPが早起きするならプレッシャーは持ちすぎないほうが良いでしょう。
考えすぎると、寝るのが遅くなる場合があります。

気の重い予定が詰まっている時こそ、自分へのご褒美を作ってください。

今回の記事では、HSPが早起きが苦手な理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました