眠すぎる…HSPが早起きが苦手な理由と4つの対処法

HSP

HSPで早起きが苦手な方はいませんか?
前の晩なかなか寝付けなかったり、その日のうちに嫌な用事があったりすると、朝起きるのが苦痛に感じますよね。

のどか
のどか

ずっと寝ていたい

今回の記事では、HSPが早起きが苦手な理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが早起きが苦手な理由

まず初めに、HSPが早起きが苦手な理由についてご紹介いたします。

熟睡できていないから

1つ目は、そもそも夜、眠れていないからです。
睡眠時間を十分に確保できないと、必然的に早起きするのが苦痛に感じます。

外せない用事があると神経が昂り、眠るモードに中々、入ることができません。
疲れもピークに達した頃、やっと眠りにつくHSPも多いのではないでしょうか。

元々、睡眠時間を多く要するタイプだから

2つ目は、HSPの気質的に、睡眠時間を多く要するタイプだからです。
刺激に敏感な傾向があるので、ゆっくり休む時間が人一倍必要というHSPも多いのではないでしょうか。

許せることなら、ずっと寝ていたいと感じることもあるでしょう。
早起きは見方を変えると、睡眠時間を削る行動でもあります。

予定が憂鬱なものだから

3つ目は、早起きした後の予定が憂鬱なものだからです。
苦痛を強いられるものであるほど、寝逃げしたくなります。

例えば、多くの人と関わる必要があったり、強制的な参加を求められていたりすると憂鬱に感じやすいです。
無意識の行きたくない気持ちが、早起きできない行動に表れていることがあります。

HSPが早起きが苦手なとき対処法

ここでは、HSPが早起きが苦手なときの対処法についてご紹介いたします。

プレッシャーを持ち過ぎない

HSPが早起きが苦手な場合の対処法1つ目は、プレッシャーを持ちすぎないことです。
「絶対起きる」と背負いすぎるほどに、自分自身をさらに追い込みやすくなります。

プレッシャーにより中々、眠気が来ず、結局起きられないということもあるでしょう。
早起きできたら良いなと楽に考えるのが成功するためのポイントでもあります。

寝具を自分の合ったものに変えてみる

HSPが早起きが苦手な場合の対処法 2つ目は、寝具を自分に合ったものに変えてみることです。

寝返りを打つとき、腰が痛くはなりませんか。
シーツは、いつ変えたかわからないレベルであるほど、満足のいく睡眠をすることはできないでしょう。

意外にもベッドの配置が合っていないということもあります。
壁には、ぴたりとくっついた方が安定感があります。

冬である場合、あたたかい毛布を完備するなど、リラックスして眠れる環境を整えていきましょう。

ベッドに横たわったとき何となくモヤモヤする場合、改善できる余地があると言えます。

ワクワクする予定を作る

HSPが早起きが苦手な場合の対処法 3つ目は、ワクワクする予定を作ることです。

気の重い予定が詰まっているときは、やはり早起きするモチベーションが上がりません。

行きたくない予定があるときこそ、帰りにご褒美を買うのもおすすめです。

早起きしなければならないときは、気持ちを高める予定を作ってみてください。

無理に早起きしない

大事な予定が入っていないときは、無理に早起きしなくても大丈夫です。
そもそも、何故早起きするのか根本的な理由を考えていきましょう。

「健康に良いから」「みんなしているから」など、特に明確な理由がないこともあります。
HSPは早起きする必要がないときは、たっぷり眠るのがおすすめです。

日中、ヘトヘトにならないために、十分な睡眠時間を確保して、エネルギーを蓄えることが大切です。

まとめ

HSPが早起きするときは、プレッシャーは持ちすぎないようにしましょう。
考えすぎると、中々寝付けず、十分な睡眠時間を確保できないことがあります。

また、気の重い予定が詰まっているときは、モチベーションを上げるために自分へのご褒美を作ってください。

今回の記事では、HSPが早起きが苦手な理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました