【HSP】空腹になると過敏になりやすい?おすすめの対処法6つ

HSP

HSPの方で空腹に弱いと感じることはありませんか?

空腹の時、自分や周りに対して敏感センサーが高まりやすいです。
いつもは気にならないところにもなぜか過敏に反応してしまうことがあります。

のどか
のどか

お昼直前の時間ってしんどいよね

今回の記事では、HSPが空腹時に起こりやすいこと、対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが空腹時に起こりやすいこと

ここでは、HSPが空腹時に起こりやすいことについてご紹介いたします。

業務に集中できない

1つ目は、業務に集中できないことです。
「お腹空いた」に意識が向かうため、目の前のことが疎かになりやすいです。

のどか
のどか

意識は
お昼ご飯の内容に飛ぶことも……

中には、気持ち悪いと感じてしまう方もいるでしょう。
仕事の効率化も低下しやすく、結果により自分自身を責めてしまうこともあります。

イライラする

2つ目は、気持ちがイライラしやすくなることです。
空腹時はどうしても不快感を覚えやすくなります。

他人のちょっとしたミスに、気持ちが苛立つこともあるでしょう。
イライラする自分にイライラする負のループに入ることもあります。

お腹の音が気になる

3つ目は、お腹の音が鳴らないように必死になることです。
生理現象であるにも関わらず「ぐー」と鳴る音に恥ずかしさを感じることがあるでしょう。

のどか
のどか

他の人が鳴っても気にしないのに
自分のこととなると別と感じるよね

席を立ったり、椅子を引いて大きな音を出したりすることもあります。
空腹時「お腹の音を周りに聞こえないようにする」ことを最優先にしやすいです。



HSPが空腹時に取りたい対処法

HSPは空腹時にどのような行動をとるのが良いのでしょうか?
快適な生活を送る上で取りたい、対策についてご紹介いたします。

深呼吸する

気持ちを落ち着かせるために深呼吸をしましょう。
イライラすると自然と肩の力も入りやすいです。

「大丈夫、大丈夫」と自分自身をリラックスさせていきましょう。

のどか
のどか

「空気がご飯」のイメージを持つと
深呼吸するたび空腹感が紛れることがあるよ!
(※個人差があります。)

空腹感は長く続くわけではありません。
あと数十分でご飯の時間かもしれませんし、空腹を乗り越えた先に「あれ、普通かも」と感じるゾーンが待っているかもしれません。

飲み物を取る

コーヒーやお茶を飲むなど、水分補給をおこなっていきましょう。
空腹感が紛れることがあります。

お気に入りの飲み物であるほど、良い気分転換にもなりそうです。
お腹にたまる感覚を意識しつつ、飲み物をのんでいきしょう。

ガムを噛む

ガムを噛む方法です。リズムよく噛むことで空腹感が紛れやすくなります。

眠気覚ましも兼ねているならカフェイン配合のガムがおすすめです。
業務に集中しやすくなることでしょう。

周りに人がいる時は、ガムを噛む音にも配慮していきましょう。

お菓子を食べる

チョコレートやクッキーなど、お菓子を食べる方法です。
一番、空腹時を忘れられる方法とも言えます。

お菓子を食べる方法は、ご飯の時間まで頑張ろうというモチベーションアップにもつながりやすいです。

「ぐーぴたっ」は、低カロリーながら、空腹でお腹が鳴りそうな時にも心強いアイテムです。
食べるタイミングがなくても、もしものためにカバンの中に入れておくだけでも安心できます。

騒がしい環境に移動する

静かな環境から席を立ち場所を移動する方法です。

シーンとした場所に身を置くなら、お腹が鳴った時周りにバレてしまいやすいです。
生理現象なので鳴ること自体はおかしなことではありませんが、繊細さんこそ気にしてしまいやすいと言えます。

トイレに行く用事を作るのがおすすめです。
騒がしい環境に移動するなら「いつでもお腹が鳴って良い」とした安心感が持てます。

痩せるチャンスとポジティブに考える

空腹時の状況を明るく捉える方法です。
ネガティブな目線で見ると、今の状況が不幸せに感じられます。

「痩せるチャンス」「お昼ご飯が美味しく感じられるだろう」などポジティブな考えを持ってみてください。
「今、お腹空いている人はたくさんいる」「自分一人じゃない」と捉えると理不尽感もありません。

のどか
のどか

お昼前なら必ず私も思っているよ

実際、空腹時こそダイエット効果が期待できます。

まとめ

HSPは空腹時、お腹が鳴ることを過剰に気にしたり目の前の業務に集中しにくくなったりします。
場所を移動したりガムを噛んだりすると気持ちも落ち着く場合が多いです。

今回は、HSPが空腹時に起こりやすいこと、対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました