HSPと過食の関係性!つい食べ物を口にしたくなる瞬間や対処法

HSP

HSPが過食したくなる時は、いつでしょうか。
気が済むまで食べたい欲求が生まれたなら、気持ちも昂っている時が多いと言えます。

今回の記事では、HSPと過食の関係性、過食したくなる場面、過食を防止する方法についてご紹介いたします。
ぜひ、過食について悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPと過食の関係性

HSPはどちらかというと嫌なことが身に起こると過食に走る傾向があります。

敏感に物事を察知しやすい性質からエネルギーの消耗が激しく反動から、つい食べ物に手を伸ばしてしまう方がいます。日ごろの楽しみが食べること一択である方も注意が必要です。

すべての方ではありませんが、HSPは過食に走りやすい傾向があるため気をつけていきましょう。

HSPが過食したくなる場面とは?

ここでは、HSPが過食したくなる場面についてご紹介いたします。

ストレスが溜まった時

1つ目は、ストレスが溜まった時です。
心のモヤモヤを過食をすることで解消したいと考えています。

例として、仕事でミスをした時、友達に嫌味を言われた時などの場面が挙げられます。
楽になりたいあまり、過食したい衝動も湧き上がりやすいです。

一つのことから意識を逸らしたい時

2つ目は、頭に浮かべてしまう物事から現実逃避をおこないたい時です。
食べ物を口にしている最中は、気を紛らわせられます。

例として、恋人と別れた時、明日人前に立たなくてはならない時などが挙げられます。

浅はかな考えだとしても、苦しい気持ちから逃れたいあまり、過食したい衝動も湧き上がりやすいです。

自暴自棄になった時

3つ目は、未来に対して希望がなくなった時です。
「もうどうでも良い」気持ちから、一過性でも楽しいことをおこないたくなります。

過食したい場面は、信じていた人に裏切られた時、失職した時などが挙げられます。

良いことが起こってほしい時

4つ目は、1日を通して何も良いことがなかった時です。
食べ物を口にすると幸せを感じられます。

「過食=1日のご褒美」と捉えていることもあります。

HSPが過食を防止する方法

ここでは、HSPが過食を防止する方法についてご紹介いたします。

過食が悪いものと思わない

1つ目は、過食自体は悪いものではないことを認識する方法です。
好きなものを好きなだけ食べられることは幸せです。

のどか
のどか

罪悪感を持たないで

過食することで生じる、健康面やお金の問題に目を向けていきましょう。

朝食から過食しないことを意識する

2つ目は、朝の時間帯から、一日を通して過食しない意識を持つことです。
一日のはじまりこそ気持ちが引き締まっているため、固い決意を結ぶのに適しています。

朝食も平均的な量を取りやすく、引き続き昼も過食することを防ぎやすいです。

夜では遅く、気も緩みやすいことから、つい食べ物に手を伸ばしやすいです。

過食しない決意は、朝に立てることが大切です。

コンビニには足を運ばない

3つ目は、なるべくコンビニには足を運ばないことです。
入ったが最後、自分が食べたいものをたらふくカゴに入れる結末が待っているでしょう。

周りの影響を受けやすい方ほど、ふらりと足を運びやすいため気をつけましょう。

コンビニに入らない日を連続して作ると、その後も決意を固く結べます。

歯を磨く

4つ目は、食事を終えたら歯を磨くことです。
完食のサインとなるため、食欲も抑えられます。

食べ物を口にしたら、もう一度歯磨きしないといけない面倒な環境も作りやすいです。

のどか
のどか

歯磨きは何度もしたくない!

仲間を作る

5つ目は、過食を防止し合う仲間を作ることです。
他者の目線があると、食べ物に手を伸ばしにくくなります。

SNSを通じてダイエット仲間を募集するのもおすすめです。相手には負けたくないライバル意識を持つと、やる気もみなぎります。

負けず嫌いな方ほど、仲間を作る方法は効果的です。

目に入るところに食べ物は置かない

6つ目は、過食の根源となる食べ物を目に見えるところに置かないことです。
視界に映ると、興味を引きます。

物理的に動かせないなら、紙などを重ねて見えなくする方法がおすすめです。食欲も徐々に薄れていきます。

まとめ

HSPはストレスが溜まると過食に走る傾向があります。

コンビニには足を運ばないことを意識したり食事後は歯を磨いたりすると、過食防止にも繋がります。

今回の記事では、HSPと過食の関係性、過食したくなる場面、過食を防止する方法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました