プレッシャーがかかる…HSPが約束を苦手な理由と4つの対処法

HSP

HSPで約束するのが苦手な方はいませんか? 
予定を入れたらそのことばかり考えてしまい、かえって何も手がつかなくなる……なんて経験はないでしょうか。

のどか
のどか

気持ちが
ソワソワするよね

今回の記事では、HSPが約束するのが苦手な理由と対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、友達と遊びの約束をすると憂鬱になることがある方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPが約束するのが苦手な理由

まず初めに、HSPが約束するのが苦手な理由についてご紹介します。

プレッシャーを感じるから

HSPが約束するのが苦手な理由の1つ目は、プレッシャーを感じるからです。
簡単なものであっても、無事に達成できるか不安になります。

もし守れなかったらどうしようと、ネガティブなことを考えては目の前のことに集中できなくなる場合もあります。
約束の日が遠いほどまだまだ先であることから、比例してプレッシャーを感じる瞬間も多くなるでしょう。

楽しめるか不安だから

HSPが約束するのが苦手な理由の2つ目は、当日しっかり楽しめるか不安だからです。
体調は良いか、笑顔は作れるだろうか……あれこれ考えてしまいます。

不安になって顔がこわばるなら、相手に迷惑をかけてしまうと感じます。
考えすぎるあまり「楽しむってなんだっけ」と悟りを開くこともあるでしょう。

気を遣いすぎるから

HSPが約束するのが苦手な理由の3つ目は、気を遣いすぎるあまり疲れてしまうからです。
約束した瞬間から当日まで、気が張りっぱなしになる方も多いでしょう。

またHSPは、苦手な集まりに誘われても「嫌われたくない」「ノリが悪いと思われたくない」気持ちから空気を読みつい約束に応じてしまうことがあります。
あらゆることに神経をつかうなら、約束を破棄して一人になりたいと感じることもあるでしょう。

HSPで約束するのが苦手な場合の対処法

ここでは、HSPで約束するのが苦手な場合の対処法についてご紹介いたします。

直感で不安に感じたら断る

1つ目は、約束をする時に直感で不安を感じたら断ることです。
誘われた時「行きたくないな」と思ったなら、自分の気持ちに素直になった方が長い目で見て良い結果につながることが多いです。

のどか
のどか

結局行っても
HPをゴリゴリ削られるだけだったり
することもあるよ

HSPの感受性が豊かな部分がモヤモヤをキャッチして、無意識にSOSサインを発していることがあるので、自分の心の声に耳を傾けてみるのも一つの方法です。

 

約束は直前にする

2つ目は、約束は直前にすることです。
たとえば一ヶ月後などまだまだ先であるなら、ありとあらゆる場面で予定を入れたことを考えてしまうのでストレスになります。

友達と遊ぶ約束は近い日にするほど、モヤモヤする場面は少なくなります。
なんなら、当日に遊ぶ予定を入れるのも良いでしょう。

HSPは約束こそ直前にした方が、結果的に気持ちが楽になる場合があります。

他のことに集中する時間を作る

3つ目は、約束をした後は他のことに集中する時間を作ることです。
予定を入れた当日のことを深く考えなくて済みます。

現実逃避とも言える方法ですが、いつもは後回しにしていたことが今回は不思議と集中して取り組みやすくなることがあります。
掃除、課題、家事など……。

気の重い約束をした方こそ、何かに取り組む良いきっかけになると考えてみるのも一つの方法です。

具合が悪いなら途中で帰っても良いことを再認識する

4つ目は、約束当日、具合が悪いなら途中で帰っていいことを再認識する方法です。
「しっかりやり遂げよう!」と考えるほどプレッシャーもかかります。

また、予定していた時間よりも早めに切り上げるのも一つの方法です。
「時間いっぱいまで楽しまないと……」と考えすぎるほど胃もキリキリします。

HSPこそ、約束する時は逃げ道を用意しておくと気持ちも軽くなることがあります。

まとめ

HSPが約束をするならできるだけ直前がおすすめです。
カレンダーを見るたび「あの日がやってくる」とモヤモヤすることも少なくなります。

また、約束当日、具合が悪いなら途中で帰っていいことを再認識すると気持ちも軽くなります。

今回の記事では、HSPが約束するのが苦手な理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました