HSPはペーパードライバーになりやすい?おすすめの運転方法とは

HSP

HSPはペーパードライバーになりやすい傾向があると言えます。
車の運転は刺激が強いと捉える方が多く、特に目的がないなら自然と車に乗る機会は減少しやすいのではないでしょうか。

今回の記事では、HSPとペーパードライバーの関係性、おすすめの運転方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPとペーパードライバーの関係性

ここでは、HSPとペーパードライバーの関係性についてご紹介いたします。

車の運転は刺激の連続となるため乗らなくなる方は多い

HSPは車の運転がストレスに感じやすいと言えます。
事故を起こさないようにと細心の注意を払いすぎるあまり、ヘトヘトになりやすいです。

クラクションが聞こえたなら、驚きのあまり思考停止になるほどです。
慣れない道を走るものなら、1日分のエネルギーを消耗してしまいます。

HSPが車に乗るのは理由がいる

HSPが車を運転する場合、用事や理由が関わっていることが多いと言えます。
神経をすり減らすことから、自発的に乗ろうと感じることは少ないです。

仕事に行く時、送り迎えをお願いされた時など、運転しなければいけない理由が関わっています。

HSPは、日常的に車に乗る理由がないなら、自然とペーパードライバーになりやすい傾向があります。

HSPは自身がペーパードライバーであることを気にしやすい?

ここでは、HSPがペーパードライバーであることを気にしやすい理由についてご紹介いたします。

誰かに言われた時傷つきやすい

HSPはペーパードライバーであることを他者に指摘された時、傷つきやすいです。
言葉の意味がマイナス寄りに聞こえてしまうからです。

特に意識していなかったにも関わらず、その日からモヤモヤした思いを抱えてしまうこともあるでしょう。
HSPは他者が口にした言葉が強く心に残ることが多いです。

周りで車を運転する人が多いと疎外感を覚える

HSPは周りに車の運転が好きな人が多いと疎外感を覚えやすいです。
仲間外れになった感覚を味わい、ペーパードライバーであることに悩みます。

車の話で盛り上がれないだけで、いたたまれない気持ちを覚える方もいます。

HSPは、ペーパードライバーの立ち位置が周りで少数派であるほど気にしやすいです。

HSPがペーパードライバーを抜け出すには?

ここでは、HSPがペーパードライバーを抜け出す方法についてご紹介いたします。

目的をつくる

車を運転する目的を作ることです。
乗る理由がないと、やる気もみなぎりません。

HSPこそ、行ってみたい場所を見つける方法もおすすめです。
また、誰かの送り迎えをするなど、第三者が関わっている目的は、自分一人で決めるよりも頑張ろうとする熱意が入ります。

ぜひペーパードライバーを抜け出すための目的を作っていきましょう。

講習に通う

自動車学校にペーパードライバーの講習を受ける方法です。
プロの方から直々に教えてもらえるので安心感があります。

料金は、出張型・教習所、どちらも120分15,000円前後の料金に抑えられていることが多いです。
ペーパードライバー歴が長い方は、120分の受講時間を3日間おこなう方法が望ましいです。

講習をおこない、先生から合格をもらうことで運転する自信にもつながります。

隣に誰か乗せて車を運転する

ペーパードライバーの講習に通った後は、助手席に誰かを乗せて車を運転しましょう。
何かあった時、助言をくれる人がいると安心できます。

はじめのうちは近場に行くのが良いかもしれません。美味しいものを食べに行くのも良いでしょう。
何回か繰り返すと一人で車を運転する自信も身につきます。

毎日乗る

車の運転は毎日することです。
1日休むと感覚も鈍ることがあるので、なるべく期間は空けないようにしましょう。

のどか
のどか

毎日コツコツが大切なんだね

継続して乗り続けることで、ペーパードライバーを脱出できるはずです。

HSPにおすすめの車の運転との向き合い方

ここでは、HSPにおすすめの車の運転との向き合い方についてご紹介いたします。

好きな車を見つける

お気に入りの車を購入する方法です。
見た目、内装、機能も自分好みの車は乗っていて気持ちが良いものです。

好きな車があるなら、毎日でも進んで乗りたくなります。

カーナビをつける

車にカーナビをつける方法です。
道がわからなくなったときでも安心です。

HSPが車の運転をする時は、心の支えになるものが近くにあると平常心を保てます。

後続車は気にしない

お悩みさん
お悩みさん

後続車の圧がすごい……!

のどか
のどか

遅いと思われているんじゃないか気にしちゃうよね

後続車からのプレッシャーに影響を受けないように心がけることです。
気を取られすぎると、目の前の注意を払うべきことが疎かになります。

前方の車に対して遅いと難をつけることはそれほどありません。自分のペースを大切にしましょう。

日常的に車が必要ないなら運転しない意思を持つのも良い

あえて車に乗らない選択肢を持つことです。
日常的に車に乗る機会がないなら、無理にペーパードライバーを脱出しなくても良いでしょう。

年に数回だけ乗る場合、車を所持した方がかえって高くつく場合があります。
みんなが乗っていても焦らなくて大丈夫です。

車に乗る目的ができたとき、ペーパードライバーを脱出しても遅くはありません。

まとめ

HSPは、車の運転が苦手な人が多く、ペーパードライバーになりやすい傾向があると言えます。
脱出するためには、車を運転する目的を作ることが大切です。

また、無理に乗る機会がないなら、そのままでいても良いと言えます。

今回は、HSPとペーパードライバーの関係性、おすすめの運転方法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました