癒しを求めるHSPにはぬいぐるみがおすすめ!手元に置きたい理由

HSP

HSPでぬいぐるみが好きな人はいますか?

のどか
のどか

キュートな見た目に
触り心地の良い生地感……。

癒される部分に魅力を感じる方も多いと言えます。
今回は、HSPとぬいぐるみの関係性についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPはぬいぐるみが好き?

HSPはぬいぐるみが好きな方が多いと言えます。
まるっとしている姿は、見ているだけでキュンとすること間違いなし!

苦手な方は少ないのではないでしょうか。

手のひらサイズから、抱きしめられるくらい大きなサイズのものまであります。
キーホルダーにつけているマスコットも、見ようによってはぬいぐるみと言えます。

動揺したときに触ると、ホッと心が和らぐ方もいるでしょう。
HSPとぬいぐるみは相性が良いのかもしれません。



HSPがぬいぐるみを手元に置きたい理由

ここでは、HSPがぬいぐるみを手元に置きたい理由についてご紹介いたします。

さわり心地が良いから

ぬいぐるみは、手触りが良いものが多いです。フワフワした生地に癒されます。

緊張している時に触るとリラックスしやすいです。
特に、アニマル系のぬいぐるみは、柔らかい素材でできているものが多いと言えます。HSPの方が進んで手元におきたいアイテムです。

見ているだけで癒されるから

ぬいぐるみは、愛らしい見た目でできているものも多いです。インテリアとしても最適のアイテムで、部屋の中を明るく彩ります。

気が向いた時にぬいぐるみ見るだけでも心がほっと落ち着きます。



HSPのぬいぐるみの使い方

ここでは、HSPのぬいぐるみの使い方についてご紹介いたします。

名前をつける

お気に入りのぬいぐるみにはオリジナルの名前をつけてみましょう。
あえて「ゴンゾウ」と勇ましい名前を付けたり「メロディーナ」と洋風の名前を付けたりしても楽しいです。

のどか
のどか

恥ずかしいと感じる方は
心の中で名前を呼ぼう……

ぬいぐるみに名前をつけると、今以上に大切にしようとする気持ちになれます。

寂しい時に抱きしめる

HSPこそ孤独な時には、ぬいぐるみをそっと抱きしめましょう。

自分で自分を抱きしめる感覚を味わえるため、涙が止まらない時でも落ち着いた気持ちになれます。そのまま、眠りについても良いでしょう。

大きなぬいぐるみであるほど、あなた自身を受け止めてくれます。

作業をしている時のそばに置く

仕事をしているデスクにぬいぐるみを置いておく使い方もあります。

ぬいぐるみをそばに置くと見るだけで癒されるため、良い息抜きアイテムにもなります。業務がダレそうな時こそ、監視の目を意識できるため気合も入りやすくなるかもしれません。

話し相手になる

ぬいぐるみに愚痴を話すのも一つの使い方です。
今日あった出来事、悩み相談をすると実際誰かに話した感覚を味わえます。

のどか
のどか

恥ずかしいと感じる方は
心の中で話そう……

考えがまとまりやすく、冷静な判断も取りやすくなります。
モヤモヤとした感情を手放すこともできるかもしれません。

抱き枕にする

眠れない時こそ、ぬいぐるみを抱きしめましょう。リラックスできます。

触り心地がサラッとしたぬいぐるみは、一緒に寝るのに適しています。触った時に手が包み込まれる柔らかいタイプの生地もおすすめ。

体を優しく固定してくれるため、深い眠りにつけること間違いありません。
ぬいぐるみを抱き枕にして、心地の良い眠りにつきましょう。

まとめ

HSPはぬいぐるみとの相性も良いと言えます。触り心地がよく、見ているだけで癒されます。

さまざまなサイズのものがあるので、自身に合ったぬいぐるみを手元に置く方法がおすすめです。
今回は、HSPとぬいぐるみの関係性についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました