一人になりたい…HSPが人と暮らせないと感じる瞬間と4つの対処法

HSP

HSPで人と暮らせないと感じてしまうことはありませんか?

身内であっても距離が近いほど、煩わしさを感じることもあるでしょう。

一人暮らしをした方が良いのかなとは思うものの、はたして本当にできるのか不安になることもあります。

今回の記事では、HSPが人と暮らせないと感じる瞬間と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが人と暮らせないと感じる瞬間

まず初めに、HSPが人と暮らせないと感じる瞬間についてご紹介いたします。

実家暮らしで家族と喧嘩したとき

1つ目は、実家暮らしで家族と喧嘩したエピソードが挙げられます。

価値観が合わないと感じる出来事があると、勢いであっても家を出たいと思うことがあります。

何かにつけて、あれこれ口を出してくるときうんざりすることがあるでしょう。
特に、喧嘩した直後は「人と暮らせない」と感じる気持ちも強くなります。

同棲中の相手と一緒にいて疲れを感じる瞬間

2つ目は、恋人と同棲していて、一緒にいて疲れを感じる瞬間です。

将来を見据えて住み始めたものの、すれ違いが多いと「誰かと暮らすのは向いていないかも……」と思うことがあります。

理想と現実のギャップにショックを受けることもあるでしょう。

視野が狭くなると、このまま別れるしかないと思い込んでしまうことがあります。

他人から干渉されて嫌な思いをしたとき

3つ目は、人間関係でいざこざがあったときです。
嫌な思いを体験したときこそ、このままずっと一人で生きた方が良いんじゃないかと真剣に悩むことがあります。

すべての人が信用できなくなれば、もう山の中で一人で暮らしたいとまで考えることがあります。

自分を守るためにも、一人でいるべきだと考えることがあるでしょう。

HSPが人と暮らせない場合の対処法

ここでは、HSPが人と暮らせない場合の対処法についてご紹介いたします。

一人暮らしを決意する

1つ目は、一人暮らしを決意することです。
特に実家暮らしの方は、一度、一人で暮らしてみると自分に合った生活スタイルもわかることがあります。

また、HSPは感情が揺れ動いたときこそ、行動を起こすのに絶好のタイミングと言えます。
どちらかというと、いつもは守りに入った選択をすることが多いものです。

度々「人と暮らせない」と感じる場合、次に強く思ったときこそ、行動を起こすのにうってつけのタイミングと言えるのかもしれません。

明日からすぐに行うのではなく、一人暮らしをするための決意を固めておくだけでも、選択の幅が広がることから気持ちも楽になることがあります。

一泊ビジネスホテルに泊まってみる

2つ目は、一泊ビジネスホテルに泊まってみることです。
プチ一人暮らしをする感覚が味わえることがあります。

一緒に住んでいる方とも適切な距離が取れるので、冷静に物事を振り返ることもできます。

状況によっては、二、三泊してみるのもおすすめです。

中には「人と暮らせない」と感じた気持ちも消えて、逆に寂しいと思うこともあるかもしれません。

ウィークリーマンションを契約してみる

3つ目は、ウィークリーマンションを契約してみる方法です。
一人暮らしに限りなく近い生活スタイルを送ることができます。

ウィークリーマンションは1日から1ヶ月未満まで自分に合った日数で短期契約が行えます。

いきなり一人暮らしするのは不安だけど、どんな生活を送ることになるのか気になる方におすすめです。

時間をおいてまた考えてみる

4つ目は、人と暮らせないと感じるときこそ、あえて時間を置いてまた考えてみることです。
HSPは、ある出来事をきっかけに感情的になると、一人になりたいと強く感じることがあります。

しかし、一日経つと昨日とはまったく違う意見を持つことがあります。

勢いで行動を起こして、あまり良い結果に結びついたことがない方こそ、時間をおいて冷静になった頃、また考えてみるようにしましょう。

まとめ

HSPで人と暮らせないと感じるのは、人間関係のいざこざがあるときに多いです。
感情的になっているときは、冷静な判断が取れないことがあります。

しかし、度々「人と暮らせない」と感じることがある場合、ウィークリーマンションを契約したり、一人暮らしをしたりするのも良いかもしれません。

中には、一緒に住んでいる人と距離を置く想像をするだけで、心が楽になるという方もいるでしょう。

今回は、HSPが人と暮らせないと感じる瞬間と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました