振り回される…HSPがデリカシーのない人と付き合う場合の対処法

HSP

HSPでデリカシーのない人にイライラさせられることはないでしょうか?
気持ちをかき乱されることが多いなら、深く関わりたくないと思うのも頷けます。

今回の記事では、HSPがデリカシーのない人と付き合うと起こりがちなことと対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、デリカシーのない人に悩まされている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPとデリカシーのない人は相性が悪い?

HSPとデリカシーのない人は相性が悪いと言えます。
発言が無神経に感じることがあり、気持ちがかき乱されます。

場合によっては、悩まされることが増えて、夜眠れなくなることもあるでしょう。
HSPこそデリカシーのない人と適切な付き合い方を見つけていくことが大切です。

HSPがデリカシーのない人と付き合うと起こりがちなこと

ここでは、HSPがデリカシーのない人と付き合うと起こりがちなことについてご紹介いたします。

発言に傷つく

HSPがデリカシーのない人と付き合うと、発言に傷つくことが多いです。
悪気なく言われるほど、タチの悪いものはありません。

「自分の意見言わないよね」「よく人を観察しているよね」と面と向かって言われるなら、冷静な対応を取れません。
HSPは内面のことを見透かされている発言を気にする傾向があります。

あからさまな悪口を言われるなら、家に帰ってからも、ついモヤモヤと考えてしまうことがあります。

自己肯定感が下がる

HSPはデリカシーのない人と付き合うと、自己肯定感が下がることがあります。
「もっと自己主張してみたら?」「ボーっとしてるよね(笑)」などと言われてしまうなら落ち込みやすいです。

デリカシーのない人と顔を合わせただけで、体が固まることもあるでしょう。
HSPは自己肯定感が下がりすぎると、何もできなくなることがあります。

HSPがデリカシーのない人と付き合う場合の対処法

ここでは、HSPがデリカシーのない人と付き合う場合の対処法についてご紹介いたします。

できる限り距離を置く

1つ目は、デリカシーがない人とはできる限り距離を置くことです。
物理的な距離が取れると、心の平穏を取り戻しやすいです。

また、精神的にも、相手に寄り添い過ぎないように気をつけましょう。
自分と相手は違う人間。影響される必要はないと、HSPこそ少しくらい冷たく振る舞った方が良いです。

フレンドリーに接するほど相手を図に乗らせることがあるので、できる範囲で関わらないように工夫することが大切です。

デリカシーのない人の生態を知る

2つ目は、デリカシーのない人の生態を知ることです。
なぜ、相手は失礼なことを言うのか研究してみると、さまざまな気づきが得られます。

人のことをズケズケ言うのは自信のなさの表れということも多いです。
また、逆に同じ態度を取られた時、自分のことは棚に上げて逆ギレする方もいます。

フカンからデリカシーのない人を見つめる癖を身につけてみましょう。

少し言い返す技術を身につける

3つ目は、デリカシーのない人と関わる機会があって、相手の失礼な態度にうんざりしているなら、少し言い返す技術を身につけることです。
黙ったままでは、相手は図に乗ります。

たとえば「太った?」と言われたなら「はい。そういえば〇〇さんも太りましたか?」と言い返したり「最近、ストレスが溜まることがあって、つい食べすぎてしまうんですよ〜」と意味深な言葉を口にしたりしましょう。
にっこり笑って受け流すだけなら、相手は距離を詰めてくることがあるので注意してください。

いきなりは難しいかもしれませんが、少しずつ言い返す技術を身につけてみてください。

ネタにする

4つ目は、デリカシーのない人との関わりをネタにすることです。
実は、他人にとっておもしろ話となることがあります。

誰かと会話する上で話題に出したりSNSでネタにしたりするのも良いでしょう。
自分の中で良い感じに消化できると、そこまでモヤモヤすることもなくなります。

相手を見て我が振り直す

5つ目は、デリカシーのない人を見て我が振り直すことです。
実は似ているような態度を取っていることがあるので、自分を振り返る絶好のチャンスと言えます。

反面教師にすると、自分を高めることができます。
間違っても、同じことを誰かにすることのないように気をつけましょう。

まとめ

HSPはデリカシーのない人が苦手と言えます。
心の平穏を保つためには、できるだけ距離を取るようにしましょう。

また、反面教師にして我が振り直すのも一つの方法です。

今回は、HSPがデリカシーのない人と付き合うと起こりがちなことと対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました