HSPが人と関わりたくない理由!7つの対処法もご紹介【疲れる】

HSP

HSPが人と関わりたくないと感じた時は、とにかく無理をしないことが大切です。
これ以上頑張ろうとすると、限界を迎えます。

のどか
のどか

心のSOSサインとなるので
見逃さないで

今回の記事では、HSPが人と関わりたくない理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが人と関わりたくない理由

まず初めに、HSPが人と関わりたくない理由についてご紹介いたします。

疲れやすい

HSPが人と関わりたくない理由として、気を遣い過ぎるあまりに疲れやすいことが挙げられます。

家に帰る頃にはヘトヘトになっている方も多いのではないでしょうか。

他人の気持ちを優先しすぎると、自分が我慢することにもなります。

言葉の裏まで読んでしまう

HSPが人と関わりたくない理由に、人の話をいろんな角度から読み取って、疑心暗鬼になるものがあります。
慎重な性格をしている方も多く、意識しなくても、つい深読みしてしまうことがあります。

「頼りになります」の言葉も、そう言っておけば今後も何かとお願いしやすいから、つい口にしているのではないかと考えることもあるでしょう。

相手を疑うことになると、そんなことを考えている自分が嫌いだと自己嫌悪に陥りやすいです。

影響を受けやすい

HSPが人と関わりたくない理由として、誰かといるだけで気持ちや価値観が揺らいでしまうからです。
熱弁されるほど影響を受けやすく、自分の本当の気持ちがわからなくなり疲れてしまいます。

自分が納得して決めたことも「それやめた方が良いよ」と口を出されると、不安になりやすいです。

HSPは近くにいる相手に同調しやすい傾向があります

他者と自分を比べてしまう

HSPが人と関わりたくない理由として、他者と自分を比べる瞬間が多く自信喪失につながりやすいことです。
違っているところに目が向きやすく、内容によっては焦ったりショックを受けたりしやすいです。

「今のままじゃ全然ダメだ」と自分にダメ出しをすることもあります。

多くの人と関わることで、劣等感を植え付けられてしまう方もいるでしょう。

迷惑をかけていると感じる

HSPが人と関わりたくない理由に、自分の一挙一動が相手に迷惑をかけているのではないか考え過ぎてしまうものがあります。

会話の中で、相手が顔を曇らせる瞬間があるなら「余計なことを言ってしまったのではないか」とネガティブに物事を考えやすいです。

HSPは他者に迷惑をかけていると感じるほど、その場から立ち去りたくなることがあります。

人間関係が面倒に感じる

HSPが人と関わりたくない理由に、人間関係のわずらわしさに悩んでしまうものがあります。
意見が合わなかったり勘違いをされたりすることが多いなら、人と一緒にいることに楽しさを見出せなくなります。

根本的な悩みは人間関係から始まると気づいた場合、絶望感を味わいやすいです。

人とうまく付き合えない時、一人で生きていきたいと、強く感じることもあるでしょう。

HSPが人と関わりたくたい時はどうしたら良い?対処法とは

ここでは、HSPが人と関わりたくたい時の対処法についてご紹介いたします。

無理に関わらなくて良いことを知る

1つ目は、人と関わることは強制ではないことを理解する方法です。
嫌だと感じたら、自分の気持ちに素直に従って良いのです。

のどか
のどか

相手から離れる自由も
あることを忘れないで!

どうしようもない息苦しさを覚えたなら、今の人間関係を見直した方が良いサインかもしれません。

何よりも大切なのは自分の命となります。

バリアを張る

2つ目は、自分と他者の間に境界線があるイメージを持つことです。
想像のみでも鮮明に考えると、人からの影響を受けにくくなることがあります。

のどか
のどか

自分が大きな風船の中にいる
イメージをもって!

HSPは共感力が高い方も多く、相手の課題まで抱え込んでしまうことがあります。
他者の存在がわずらわしく感じるなら心の距離を置きましょう。

目的を見出す

3つ目は、人と関わる目的を振り返る方法です。
なぜ相手と一緒にいるのか理由を明確にすると、場面ごと乗り切りやすくなることがあります。

「仕事のプロジェクトを成功させるため」「ママ友の関係」と互いの関係性もあらためてわかります。
実は時期が来たら、頻繁に会わなくても済む関係であることも多いです。

損得で人と一緒にいるわけではありません。しかし、一緒にいる目的を再認識すると、一時的ではあるものの、人と関わりたくない気持ちがセーブできる場合があります。

ご褒美を作る

4つ目は、自分にご褒美を用意する方法です。

人と関わる機会があるなら、美味しいスイーツを購入したり、前から気になっていた場所に行く予定を立てたりするのも良いでしょう。
ご褒美を作ると、辛い場面でも希望が見出しやすいです。

途中で帰って良いことを認識する

5つ目は、最初から最後までその場にいなくて良いことを、あらためて認識する方法です。
理想通りに過ごそうと考えるほど、気持ちが辛くなります。

「なんなら5分で帰っても良い」と、ハードルを低く持ちましょう。

のどか
のどか

むしろ
1秒でも顔を出すだけでもすごいこと

人と関わりたくない時こそ、プレッシャーを手放し、安心できるイメージを持つことが大切です。

みんな自分に一番興味があることを知る

6つ目は、世の中の人はみんな他人に興味がないことを認識する方法です。
人生の失敗も、自分のことしか強い記憶に残りません。

何かを考える上でも、自分が主役となります。

「自分が人からどう見られているのか」について気にすることはよくあります。しかし「Aさんが他人からどう見られているのか」については気にすることはほとんどありません。

人の目を気にすることなく、ありのままの自分でいても良いと感じた時、人と関わるのも楽になります。

人と関わるのを最小限にしている人を参考にする

あなたの周りに一人でも堂々と過ごしている人はいませんか?
参考にすると、気楽に生きるためのヒントを得られることがあります。

大勢の人と関わっていなくても幸せに過ごしている方はたくさんいます。
尊敬する人を作ると、何かあった時でも「あの人ならこうする」と、心強い味方でいてくれることでしょう。

まとめ

HSPが人と関わりたくない時は、気を遣いすぎている場合があります。
無理せず、可能な限りプレッシャーを手放していきましょう。

今回は、HSPが人と関わりたくない理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました