【ずる休み】HSPは休むことに罪悪感を抱きやすい?対処法とは

HSP

HSPで体調が悪くて休みたいけど「ずる休み」ではないかと不安になる方はいるでしょうか。
一度罪悪感を覚えると、気軽に休むことはできなくなります。

のどか
のどか

負のループに入っちゃうよね

今回の記事では、HSPがずる休みに罪悪感を感じる理由と対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ずる休みに罪悪感を感じる理由

ここでは、ずる休みに罪悪感を感じる理由についてご紹介します。

また、HSPが休むことに罪悪感を感じる理由についても合わせてご紹介します。

「ずる」の言葉にネガティブな印象がある

1つ目は、ずる休みの言葉を聞くと、真っ先に悪い印象が頭に浮かんでしまうからです。
休もうと思っても言葉の引っ掛かりを感じるため、本当の意味でゆっくり休むことはできなくなります。

罪悪感を抱くくらいなら、少し体調が悪くても自分が我慢して行けば良いやと感じることがあります。

他の人は働いている事実に引け目を感じる

2つ目は、自分だけ休むことはあまり良い気はしないためです。
他の人は頑張って働いている事実に、申し訳なさを感じることがあります。

一日を通して「今頃みんな何してるのかな」と想像を巡らせる瞬間も多いです。

明日行った時のみんなの反応が怖いから

3つ目は、休んだ次の日、みんなと顔を合わせる瞬間気まずさを感じるからです。
「なんで休んだの?」と直球で言われるならドキッとします。

ずる休みのつもりはなくても、疑われた目線を向けられるなら冷や汗もかきます。

HSPこそたまには休んだ方が良い理由

ここでは、HSPこそたまには休んだ方が良い理由についてご紹介します。

刺激に敏感だから

HSPこそたまには休んだ方が良い理由として、刺激に敏感な気質を持ち合わせていることが挙げられます。

一日中フルパワーで動いているほど、すぐに疲れも溜まりやすいです。

具合が悪いなら無理するより休んだ方が良いと言えます。

プレッシャーから解放されるから

HSPこそたまには休んだ方が良い理由は、日常のプレッシャーから解放されることです。
「一度でも休んだら駄目だ」とした強迫的な感情をリセットできます。

HSPは自分自身を追い込みやすい傾向があります。
いっぱいいっぱいになったところで、プツンと糸が切れる方も多いでしょう。

プレッシャーを感じることで体調が悪くなるなら、たまには休んでも良いと言えます。

HSPが罪悪感を持たずに休む方法

ここでは、HSPが罪悪感を持たずに休む方法についてご紹介します。

自分にとって必要な休みと認識する

1つ目は、必要性がある休息と捉えることです。
不必要と考えるほど、いざ休んでも気持ちが落ち着きにくいです。

また「休みたい」と感じたなら、何かに悩んでいる傾向があるとも言えます。
我慢しても、状況が悪化することが多いです。

まずは自分にとって必要な休みと認識した上で行動に移すことが大切です。

ずる休みした人のエピソードを知る

2つ目は、実際に休んだ人のエピソードを知ることです。
長い人生、さまざまな理由で休んだ経験を持つ方は結構います。

のどか
のどか

私もあります
人と関わるのが嫌で休みました

周りの人の話から、ネットでも体験談を目にできます。
実際に休んだ人のエピソードを知ると、気持ちが軽くなりやすいです。

日程を調節した上で休む

3つ目は、計画性を持って休むことです。
他者に迷惑がかからないように事前に調整しているなら、そこまで罪悪感を持つこともありません。

こっそり計画を立てておくと、毎日の張り合いもつきます。

まとめ

HSPはずる休みすることに、必要以上に罪悪感を感じやすいですが、実際にした人のエピソードを知ると「自分だけではない」事実から気持ちも軽くなります。

また「ずる」とした言葉こそ、尻込みする要素となりますが、そこまで重く考える必要はありません。
体調を整える目的で休むなら正当な理由に当たるでしょう。

今回は、HSPがずる休みに罪悪感を感じる理由と対処法についてご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました