HSPはテレビの音が気になりやすい?4つの対処法とは

HSP

HSPで、テレビの音が気になる方はいませんか?
敏感な気質を持つので、楽しい番組も耳障りに感じると、つい電源を消したくなることもあるでしょう。

のどか
のどか

体調にも
左右される部分はあるかもね

今回の記事では、HSPとテレビの音の関係性、対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPとテレビの音の関係性

まず初めに、HSPとテレビの音の関係性についてご紹介いたします。

うるさいと感じることがある

HSPは、テレビの音がうるさいと感じることがあります。

敏感な気質を持つことから、騒がしい番組や、自分が集中して見ていない番組に対して耳障りに聞こえることが多いです。

自分の意志でテレビが消せない時、その場から離れたくなることもあるでしょう。

楽しくて見ている番組でも、ふと違和感を覚えることがあります。

テレビを見ながらの作業は疲れやすい

HSPは、テレビを見ながら何か作業をするとき、疲れやすい傾向があります。
気が散って目の前のことに集中できなくなります。

人と会話する上でも、テレビに気を取られて話がスムーズにできないということもあるかもしれません。

何か集中してやり遂げたいものがあるときは、テレビは消した方が良いと言えます。

LINEの返事を考えているとき気が散りやすい

HSPが、テレビの近くでLINEの返事を考えているとき、なかなか文面が考えられないことがあります。
一度考えた返事を心の中で黙読する必要があるためです。

数行のメッセージを作成するのに何十分もかかることがあるでしょう。

家族が見ているとき、何もできないジレンマがある

HSPは、家族がテレビを見ている場合、たとえ音が気になっても相手の意向にそのまま合わせやすいです。
「消して」と、ハッキリ言うことは少ないでしょう。

敏感な性質はマイノリティと感じているため、どうせ言っても受け入れてもらえないと考えている節もあります。

シーンとするのも苦手で、ついつけっぱなしにすることもある

HSPはテレビの音をうるさいと感じるものの、シーンとした空気も苦手で、つい付けっぱなしにすることがあります。

誰かと一緒にいるときこそ、気まずさを緩和するために、テレビをつけることが多いです。

シーンとした沈黙に耐えられないと、つい音に助けを求めてしまいます。

HSPとテレビの音の対処法

ここでは、HSPとテレビの音の対処法についてご紹介いたします。

寝室にはテレビは置かない

HSPこそ、寝室にはテレビは置かないようにするのも一つの方法です。
寝る前に見ると気持ちが昂り、寝られないこともあります。

テレビを見る習慣が身についていると、見たくもなくても無意識のうちに電源を入れてしまうことが多いです。
寝室には元からテレビは置かず、落ち着く空間と決めておくのも一つの対処法です。

見たい番組は録画をする

HSPのテレビの音の対処法として、見たい番組は録画する方法があります。
だらだら見ることを防ぐ分、音に悩まされることがありません。

また、今はテレビで配信した番組は、一週間無料で見られることが多いです。(番組にもよります。)
自分なりのテレビとの付き合い方を見つけていきましょう。

耳栓を用意する

HSPとテレビの音の対処法として、耳栓を用意する方法があります。
苦手な音がシャットアウトできて、気持ち的にも楽にいられます。

家族団らんでテレビを見るとき「音がうるさい」と感じて、その場を去るのが難しい状況のときに使用するのがおすすめです。
片耳使用するだけでも、テレビの音がうるさく感じることが少なくなります。

朝に一日あまりテレビを見ない目標を立てる

HSPとテレビの音の対処法として、朝起きたとき、一日にあまりテレビを見ない目標を立てる方法があります。

朝に決まりを守れると、その意思が夜まで持続しやすいです。
空いた時間は、趣味や好きなことに当てていきましょう。

夜に決まりを立てても、そのまま実行するのは実は至難の業。

もう今日も終わるということで、不思議と自分に甘くなるので、決まりを守りにくくなります。

テレビを含め、決まりごとは朝に目標を立てるようにしましょう。

まとめ

HSPはテレビの音を聞きながら作業をするとき、集中できない場合があります。

電源を消したり、耳栓を使ったり、自分に合った方法から適切な距離を取っていきましょう。

今回は、HSPとテレビの音の関係性、対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました