【HSP】優しくされると泣く?理由や5つの対処法について

HSP

HSPで優しくされると泣いてしまう方はいませんか?
そんなつもりはないのに急に涙が出てくると焦ってしまいます。

また、気持ちがいっぱいいっぱいになって冷静な対応が取れないと、後で落ち込むこともあるでしょう。

今回の記事では、HSPが優しくされると泣く理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが優しくされると泣く理由

まず初めに、HSPが優しくされると泣く理由についてご紹介いたします。

思いやりが嬉しいから

HSPが優しくされると泣く理由に、相手の思いやりが嬉しいものがあります。
精一杯の気遣いにジーンとくるなら、涙が出てしまうのも頷けます。

感極まった上での涙と言えるでしょう。
HSPは一生相手についていくレベルで、優しくされると嬉しくなることがあります。

許された気がするから

HSPが優しくされると泣く理由に、自分という存在が許された気がするものがあります。
努力を見ていてくれた人がいることに嬉しくなります。

疎外感を覚えることがよくある方こそ、言葉に表せない嬉しさを感じることでしょう。

張り詰めていた糸が緩むから

HSPが優しくされると泣く理由に、張り詰めていた糸が緩むものがあります。
我慢の限界ならストレスも溜まりやすく、不意の優しい一言が胸に響きやすいです。

緊張と緩和のギャップが大きいほど、涙が出てしまいます。

HSPが優しくされると泣く場合の対処法

ここでは、HSPが優しくされると泣く場合の対処法についてご紹介いたします。

遠慮せず泣く

1つ目は、遠慮しないで泣くことです。
涙がこぼれてきたなら、それを無理に止めようとせず自然に任せるのが良いでしょう。

遠慮すればするほど、思っていることとチグハグな状況から混乱しやすいです。
HSPこそ思い切り泣くことも時には大切です。

泣いている気持ちを伝える

2つ目は、いたたまれない時ほど、泣いている気持ちの理由を伝えることです。
「優しくされて嬉しい」気持ちを伝えると、相手もあなたを傷つけた訳じゃないことがわかるのでホッとします。

うまく伝えられない時は、涙が止まった後に、本音を伝えてください。
察して欲しいという態度では、相手に伝わらないことも多いので、わかりやすく言葉にして表しましょう。

感情を表に出す

3つ目は、HSPこそ一度泣いたら、さらに感情を表に出すように心がけることです。
ストレスが溜まっている状態とも言えるので、我慢せず、モヤモヤした感情は表に出すことを意識してください。

周りに人が少ない時こそ、わんわん泣いても構いません。

難しい場合、家に帰った後、ありのままの自分をさらけ出すのも良いでしょう。
HSPこそ泣く自分を責めずに、自分に合った形で感情を表に出すことを意識してください。

深呼吸をする

4つ目は、大きく深呼吸をすることです。
心が波打つ時は、涙も止まりにくくなります。

人によっては、しゃっくりを上げるように泣くこともあるでしょう。
吸って吐いて吸って吐いての繰り返しを行うと落ち着くことがあります。

焦るほど呼吸も速くなるので気をつけましょう。

後で挽回できることを考える

5つ目は、泣いても後で挽回できることを考えることです。
自分の弱い部分を見られたら「もう終わりだ」と絶望的な気分になることがあります。

しかし、大人でも泣くことは普通にあるもの。

完璧主義な方こそ、優しくされて泣くことはプライドが傷つけられたような気分を味わいます。

その後きちんとした対応を取ると、泣いたことも帳消しになります。
今後どうとでもなると考えた上で、人前で泣くことは悪いこととは結びつけないようにしてください。

まとめ

HSPは優しくされると泣くことがあります。
それは、相手の思いやりに触れたことがきっかけだったり張り詰めていた糸が緩んだりすることが理由です。

HSPこそ遠慮せずに泣いて、気持ちをスッキリさせることが大切です。

難しい時は、家に帰ってからでも構いません。

今回は、HSPが優しくされると泣く理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました