【口下手】HSPがうまく話せない理由や対処法5つをご紹介

HSP

HSPで人とうまく話せないことに悩んでいる方はいますか?
緊張のあまり無言になったり、逆に動揺して必要以上に話しすぎたりすると「もっとうまく話せば良かった」「変に思われなかったかな……」と、あれこれ考えてしまうこともあるでしょう。

今回の記事では、HSPがうまく話せない理由や場面、対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPがうまく話せない理由とは

まず初めに、HSPがうまく話せない理由についてご紹介いたします。

考える時間を要するから

HSPがうまく話せない理由の1つ目は、考える時間を要するからです。
何気ない会話であっても「相手に失礼でないか」深く物事を考えた上で言葉にします。

時にはテンポが噛み合わなくて、話が盛り上がらないこともあるでしょう。

HSPはじっくり考えてメッセージが送れるLINEでのコミュニケーションの方が得意な方も多いです。

気を遣いすぎるから

HSPがうまく話せない理由の2つ目は、気を遣いすぎるからです。
「相手は楽しんでいるかな?」とした気持ちがいつもあります。

ふとした瞬間、相手の表情がひきつるとショックから口数も少なくなることが……。

HSPは気を遣うあまり、自然体で話すことが難しいと感じることがあります。

HSPがうまく話せないと感じる場面

ここでは、HSPがうまく話せないと感じる場面についてご紹介いたします。

場がシーンとなる時

HSPがうまく話せないと感じる場面の1つ目は、場がシーンとなる時です。
自分が発した言葉の後に重い沈黙が訪れるならトラウマもの。

のどか
のどか

冷や汗が出るね

その後、口元が引きつったり、話題を振るのも一苦労に感じたりすることがあります。

質問にさらっと答えることができなかった時

HSPがうまく話せないと感じる場面の2つ目は、質問にさらっと答えることができなかった時です。
人とのコミュニケーションは、予想外の出来事の連続です。

突然プライベートな質問を振られた時、動揺してすぐに対処できない場合があるでしょう。
相手と別れた後「なんでさらっと答えられなかったんだろう……」と一人反省会を始めることがあります。

話し上手な人と自分を比べてしまう時

HSPがうまく話せないと感じる場面の3つ目は、話し上手な人と自分を比べてしまう時です。

受け答えが軽やかな人を見るなら「すごいな」と尊敬してしまいます。

「どうして自分はあんな風にできないんだろう」とまで考えて落ち込むと、会話することに苦手意識を感じやすいです。

HSPがうまく話せない場合の対処法

ここでは、HSPがうまく話せない場合の対処法についてご紹介いたします。

うまく話そうとは思わない

1つ目は、うまく話そうとは考えすぎないことです。
HSPこそ完璧を目指そうと考えやすく、過度なプレッシャーを抱いてしまうことがあります。

また、頑張りすぎるほど自然体には見えなくなるものです。
うまく話そうとは考えすぎず、リラックスしてコミュニケーションを取ることを心がけていきましょう。

会話の目標ハードルを低く持つ

2つ目は、会話の目標ハードルを低く持つことです。

無意識のうちに「盛り上げる!」「話に入れていない人に話題を振る」「笑いを取る」と高い目標を掲げてはいませんか。

会話の目標ハードルを持つとしたら「相槌を打つだけでOK」と緩く考えていきましょう。
ハードルが低いほど、プレッシャーがかからなくなるので、ありのままの自分で話しやすくなります。

聞き役に徹する

3つ目は、聞き役に徹する方法です。
うまく話そうと考えなくても良いので、気持ちに余裕ができます。

また、実のところ相手に話をさせた方が好印象を持たれやすいです。

自分の話を一生懸命に聞いてくれる人はありがたい存在に思えませんか?

特別な話題を考えなくても、心地の良いコミュニケーションを取ることはできるので、迷ったら聞き役に徹していきましょう。

みんなも一人反省会を結構行うものであることを知る

4つ目は、HSPこそうまく話せなくて落ち込んだとしても、みんなも一人反省会は結構行うものであることを知ることが大切です。

会話の中で何らかの失態をしても、一人だけではない事実を知ることで救われることがあります。

好きなものの話題を振る

5つ目は、HSPがうまく話せないと悩む時こそ、好きなものの話題を振ることです。
自分が興味がある分野となるので、活き活きと話しやすいです。

また、話を振っても相手がわからないと落ち込むため、好きなものの話題は複数持っておくことも大切と言えます。

なお、知名度が高い話題を厳選すると、場が白けることもありません。
その場をできるだけ楽しく乗り切っていきましょう。

まとめ

HSPでうまく話せないことに悩んでいる方こそ、聞き役に徹してください。力を張らずに済みます。

会話のハードルを低く持ちながら、相手とのコミュニケーションを楽しんでいきましょう。

今回は、HSPがうまく話せない理由や場面、対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました