HSPが一人になりたいと感じるのは自然なこと|対処法6つとは

HSP

HSPの中で、よく一人になりたいと感じる方はいませんか?
気持ちがざわつくときこそ、周りと一定の距離を置きたいと感じることがあるでしょう。

のどか
のどか

おかしなことではないよ!

今回の記事では、HSPが一人になりたいと感じる瞬間と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが一人になりたいと感じるのは自然なこと

HSPが一人になりたいと感じるのは自然なことと言えます。
敏感な気質を持ち合わせているゆえ、一日の中で気持ちを落ち着かせる時間が必要です。

HSPが強く一人になりたいと感じたときこそ、気持ちがいっぱいいっぱいになっているサインとも言えます。

HSPが一人になりたいと感じる瞬間とは?

ここでは、HSPが一人になりたいと感じる瞬間についてご紹介いたします。

強制的な人の集まりに参加したとき

HSPが一人になりたいと感じる瞬間は、強制的な人の集まりに参加したときです。
断ることが難しい時点で、不安になったりストレスが溜まったりすることがあります。

開始早々「帰りたい」と感じることがあるでしょう。

いつ終わるんだろうと、絶望にも似た気持ちを覚えることもあります。

本音は行きたくない、強制的な人の集まりに参加したとき、HSPは一人になりたいと強く感じることがあります。

自分の価値観を否定されたとき

HSPが一人になりたいと感じる瞬間は、自分の価値観を否定されたときです。
他者からダメ出しを受けると、立ち直れないほど落ち込みます。

遠回しに「お前は駄目だ」と言われているみたいで、居心地の悪い気分を味わいます。
HSPが、一人になって気持ちを落ち着かせたいと思うのも無理はないです。

監視の目を感じるとき

HSPが一人になりたいと感じる瞬間は、監視の目を感じるときです。
気が休まらないのでヘトヘトになります。

後ろに立たれたり、勘違いでも人から見られていると感じたりする場面が苦手な方も多いでしょう。
HSPは一人でいた方が集中力を発揮しやすい傾向があります。

予想外な出来事が起こり動揺したとき

HSPが一人になりたいと感じる瞬間は、予想外な出来事が起こり動揺したときです。
気持ちを落ち着かせるために、他者と一定の距離を置きたいと感じます。

予想外な出来事の例としては「物を落として室内に大きな音を響かせたとき」「挨拶を返してもらえなかったとき」などです。
HSPは想像を上回る、急な出来事に弱い傾向があります。

HSPが一人になりたい場合の対処法

ここでは、HSPが一人になりたい場合の対処法についてご紹介いたします。

事情を話し、その場を離れる

1つ目は、事情を話して、その場を離れることです。
調子が良くないときこそ、自分優先でいましょう。

なお、事情は、作ったものでも構いません。

水分補給を行ったり、違う部屋に行ったりするだけでも、気持ちが落ち着くことがあります。
ずっとその場にいなければならないと考えすぎるほど具合も悪くなります。

スマホをいじる

2つ目は、中々一人になれないときこそスマホをいじることです。
自分の世界に入りやすく、気持ちが落ち着くことがあります。

また、なるべく人からスマホ画面を覗かれても良いようなサイトを見るのがおすすめです。
自然な「話しかけないで」オーラも出せるため、他者とも一定の距離を取りやすくなります。

人との間に物を置く

3つ目は、その場を離れられない場合、人との間に物を置いて、物理的な境界線を作ることです。
何もないと相手に意識が向きやすくなります。

物はティッシュ、カバン、コップなど、何でも大丈夫です。
相手に影響を受けている気がするときこそ、近くにある物を置いて距離を取るようにしてください。

トイレに行って目を閉じる

4つ目は、トイレに行って目を閉じる方法です。
個室に入れば、誰にも邪魔されない自分だけの空間になります。

数分目を閉じるだけでも気持ちが落ち着くことかあります。
トイレに立つのは突然でも違和感があまり無いので、今すぐ一人になりたい方におすすめな方法です。

心の拠り所を作る

5つ目は、一人になりたいといつも考えてしまう方こそ、心の拠り所を作る方法です。
考えるだけで楽しくなるものがあると、場面ごとに乗り切りやすくなります。

「好きな芸能人と会った自分を想像する」「お気に入りの漫画の続きの展開を考える」など、妄想に分類されることでもOKです。
毎週楽しみにしているドラマを作る方法も、心の拠り所となります。

「これをしていると(考えると)楽しい」と感じるものは、何個でも持つと、自分を守ってくれることがあります。

今この瞬間に一人になりたいひとがいるかもしれないことを考える

6つ目は、同じ気持ちの人に寄り添うことです。
自分だけ苦しいと感じると、すぐに限界を迎えやすいです。

人の数だけ悩みもあるので、今この瞬間一人になりたいと感じている方は誰かしらいると言えます。

SNSを見ると、同じ思いをしている人を見つけられることがあります。

名前も知らない誰かが同じことを思っているだけでも、勇気づけられるものです。
気持ちが辛いときこそ、外側に意識を向けると、同じ思いをしている人を見つけられるように、また違った目線から物事を見るためのヒントを得ることができる場合があります。

まとめ

一人になりたいHSPこそ、心の拠り所を持つと場面ごと切り抜けやすくなります。

また、絶対にいなければならないと考えすぎるほど苦しくなるので、あらためて具合が悪い場合、途中で抜けても良いことを考えると気が楽になることがあります。

HSPこそ、自分優先でいるようにしてください。

今回は、HSPが一人になりたいと感じる瞬間と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました