隣の人が気になる…HSPは映画館が苦手?6つの対処法とは

HSP

HSPで映画館が苦手な方はいますか?

不意打ちの大きな音……隣の人との距離感が気になり、イマイチ内容を楽しめないという方も、実際多いのではないでしょうか。

今回の記事では、HSPが映画館が苦手な理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPは映画館が苦手?

HSPで映画館が苦手な人は一定数いると言えます。

映画を見ること自体は好き、だけど映画館の環境があまり好きではない……という方もいます。

楽しみにしていた新作映画も、映画館の環境によっては、まったく内容が頭に入ってこないということもあるでしょう。

HSPが映画館に行く時は、できる範囲で自分に合った対処法を取ることが大切です。

HSPが映画館が苦手な理由

ここでは、HSPが映画館が苦手な理由についてご紹介いたします。

大きな音がする

HSPが映画館が苦手な理由に、大きな音にびっくりするというものがあります。
映画館の仕様上、仕方がないことですが、不意に大きな音が響くと、思考停止になることがあります。

中には「ここで大きな音いる?」と感じる場面に出くわすこともあるでしょう。
映画館で映画を見ると必要以上に疲れてしまう方もいると言えます。

隣の人と距離が近い

HSPが映画館が苦手な理由に、隣の人と距離が近いものがあります。
存在を意識するほど、映画の内容に集中しにくくなります。

また、一緒に来た友達が隣にいても、気が散ることがあるでしょう。

今のご時世、一つ席を開けて座るスタイルは良いと感じていることもあります。

トイレ問題が気になる

HSPが映画館が苦手な理由に、トイレ問題が気になるものがあります。
途中でトイレに行きたくなったらどうしようと、あらゆる想定をして、疲れてしまうことがあるでしょう。

また、途中で尿意を感じた時点で、映画の内容に集中しにくくなります。

映画館で見る映画は一時停止ができないので、少し席を離れただけで展開がわからなくなることを恐れて、中々トイレに立てないこともあります。

圧迫感がある

HSPが映画館が苦手な理由は、圧迫感があることです。
人が密集していて、一度映画が始まったらずっとその場にいないといけない感覚を意識すると、息苦しくなります。

いろいろ考えすぎてしまうと汗も止まりません。
また、映画館でも真ん中あたりの座席であるほど、すぐに席を立てないプレッシャーから、より一層きつさを感じることがあります。

あらゆる生理現象の音が鳴らないか気になる

HSPが映画館が苦手な理由に、お腹の音や唾を飲む音が周囲に聞こえないか気にしてしまうものがあります。
生理現象なので音が鳴るのは仕方ないですが、映画を見ている静かな環境で周りに響くと申し訳なさを感じます。

飲み物を飲む時にたまになる、咳がむせる反応も、恥ずかしくなってしまうでしょう。
HSPが生理現象の音を止めようと神経を使いすぎるほど、ゆっくり楽しめなくなり、映画館に来ること自体、苦手意識を覚えることがあります。

観終わった後の感想を考えないといけないプレッシャーがある

HSPが映画館が苦手な理由に、観終わった後の感想を考えないといけないプレッシャーがあります。
同行者がいる時、必ず触れなければならない話題と言えます。

変にずれた感想を言っても気まずい雰囲気が漂うことにもなるでしょう。
いろいろ気を遣うほど、自分の考えがわからず混乱してしまいます。

最終的には、当たり障りのない感想に留まってしまうこともあります。

HSPが映画館が苦手な場合の対処法

ここでは、HSPが映画館が苦手な場合の対処法についてご紹介いたします。

人が少ない時間帯に一人で行く

1つ目は、見たい映画があるなら、人が少ない時間帯を選んで一人で行くことです。
HSPは多くの人がいて、誰かと映画を見に行く状況は、さまざまなことに気を取られて内容が頭に入らない場合があります。

映画館に行くなら平日を選ぶこと。時間帯は早めor遅めを狙うようにしましょう。

話題作なら、少し日にちを置いて行くのも良いかもしれません。
HSPこそ映画を見る時は、自分一人の世界に入れる環境を整えるのがおすすめです。

一緒に行く人がいれば悩みを打ち明ける

2つ目は、HSPが誰かと映画を見に行くなら、気にかかっている悩みを事前に打ち明けることです。

「後ろの席の方が落ち着くから、そうしても良い?」「映画見始めたら、内容に集中するから話しかけても対応できないかも」など何でも構いません。

「映画は好きだけど映画館の環境は圧迫感があって息苦しさを感じることがあるから、もしかしたら途中で席を立つかも」と事前に宣言しておくと、気持ちが楽になる場合もあります。

悩みを打ち明けると、心がスッキリするので映画を見ることにも集中しやすくなります。

通路側の座席を取る

3つ目は、HSPこそ通路側の座席を取ることです。
真ん中あたりに座ると「もしも途中でトイレに立ちたくなったらどうしよう……」とした想像から不安になり、目の前の映画に集中しにくくなります。

両方向のどちらかには人がいない席を選ぶと安心感があります。
映画館で映画を見るのが久しぶりという方こそ、ぜひ通路側の座席を取ってみてください。

ポップコーンを買う

4つ目は、トイレに立つことが気になる方こそ、ポップコーンを買うことです。
実は美味しいだけではなく、利尿作用も抑えることが期待できるアイテムです。

なお、コーヒーを飲むとトイレに行きたくなるように、映画を見る時はカフェインを含んだ飲み物を取ることは控えてください。

ポップコーンは途中でお腹が鳴りそうな時でも安心な心強い存在となります。

途中で席を立っても良いことを理解する

5つ目は、映画を見てる最中でも、途中で席を立っても良いことを理解する方法です。

ずっとその場にいなくてはならないと考えるほどプレッシャーを感じます。知らずのうちに息苦しさを覚えることもあるでしょう。

映画館という密室に慣れていない方こそ、1分でも映画を見れたら良いとハードルを低く持ってみるのがおすすめです。

同行者がいる時でも、相手の目を気にしすぎず、自分自身の気持ちを優先してください。

時間が経った後DVD・サブスクで見る

6つ目は、気になる映画はしばらく時間が経った後DVD・サブスクになった時に作品を見ることです。
映画館がどうしても苦手という方は、臨機応変、自分に合った対処法を取るようにしましょう。

DVD・サブスクは自分の好きな時間に見れたり、一時停止も簡単にできたりするので、ストレスもフリー。

むしろ、自室で映画を見た方が頭に内容が入ってきやすいHSPも多いです。

ぜひ、自分に合った映画ライフを楽しんでいきましょう。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

まとめ

HSPが映画館が苦手な理由に、隣の人との距離感が気になるというものがあります。

どうしても苦手という方は、時間が経った後DVD・サブスクになった時に作品を見るという選択肢があることも、しっかり押さえていきましょう。

今回は、HSPが映画館が苦手な理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました