【HSP】LINEがそっけないと不安になりやすい?5つの対処法

HSP

HSPでLINEしているとき、相手がそっけないと、一人悩んでしまうことはありませんか?

何かしてしまったのではないかと、一日中そのことが、頭から離れないという方もいるでしょう。

今回の記事では、LINEがそっけないことにHSPが悩む理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

LINEがそっけないことにHSPが悩む理由

まず初めに、LINEがそっけないことにHSPが悩む理由についてご紹介いたします。

嫌われていると思うから

LINEがそっけないことにHSPが悩む理由は、相手から嫌われているのではないかと、強く思い込んでしまうものがあります。

他の理由が思いつかないほど、直結して考えてしまう威力があります。

どのように挽回した方が良いか、一人悶々と考えてしまうことがあるでしょう。

何かしたのではないか不安だから

LINEがそっけないことにHSPが悩む理由に、相手に何かしたのではないか不安なものがあります。

昨日まではフレンドリーなLINEが届いていたなら、なおさら悩んでしまいます。

理由を知りたくても、墓穴を掘るのが怖くて、そのままにするという方も多いです。

何かしていても、そっけないLINEのことが頭に浮かんで、モヤモヤしてしまうことがあります。

他の人も自分を嫌っているのではないか、一人勝手に予測して落ち込む

LINEがそっけないことにHSPが悩む理由に、他の人も自分を嫌っているのではないかと、一人勝手に予測して落ち込むというものがあります。

嫌な噂が流れている場合、気が気ではいられません。

また、他の人もそっけないLINEをしてきたらどうしようと、一人突っ走り、悪い方向に考えてしまうことがあります。

最悪の想像をしては、息苦しさを覚えることもあるでしょう。

HSPがLINEがそっけないことに悩む場合の対処法

ここでは、HSPがLINEがそっけないことに悩む場合の対処法についてご紹介いたします。

「そっけない=嫌われている」という考えは持たない

1つ目は、LINEがそっけないからといって、直結して嫌われているとは考えないことです。

むしろ、相手からしてみると、最大級の敬意を込めたメッセージだったということもあります。

丁寧な文面であるほど、冷たい印象を感じることがあるものです。

落ち込む気持ちはわかりますが、すぐに嫌われているとは勝手に解釈しないように気をつけましょう。

時間を置く

2つ目は、時間を置いてから、また考えてみることです。
冷静になった頃、物事を振り返ると、また違った感想が持てることがあります。

すぐに返事をしようとすると、感情的な文章を送ってしまうことがあるので、注意が必要です。

相手の事情を理解する

3つ目は、相手の事情を理解することです。

忙しい状況なら、LINEの文面がそっけなくなるのも頷けます。

また、嫌なことがあったときは、無理に明るく振る舞えないということもあるでしょう。

HSPこそ、悩んだときは視野が狭くなりやすいので、意識的に相手側の目線に立ち、LINEの内容を読み取るようにしましょう。

LINEの前後の文章を含めて内容を読む

4つ目は、LINEの前後の文章を含めて内容を読み取る方法です。
一つの文面だけ、そっけないと感じる場合、全体を見るとまた違った感想が持てることがあります。

また、テンポの良いやり取りをしているときは、短文が増えがちになるということがあります。
そこに「そっけなさ」を感じることがあるでしょう。

中には、先に自分から、そっけない文章を送っていたなんていう状況も考えられます。
また、あえて冷たくすることで、前後の文章に愛が感じられるようになるということもあります。

冷静になってLINEのメッセージを振り返ると、目には見えない情報を読み取れることがあります。

同じ文面で返すようにする

5つ目は、そっけないLINEには、同じような文面で返事をすることです。
いろいろ深読みするとドツボにハマることがあるので、さらっと同じテンションでLINEを返すようにしましょう。

逆にあなたの文面を見て、相手はそこから丁寧なメッセージを送ってくることも考えられます。
HSPでLINEの返事に悩んでしまう方におすすめな方法です。

まとめ

HSPは繊細な気質を持つゆえに、時と場合によっては、相手のLINEがそっけないと感じることがあります。

直結して嫌われているとは思い込まないようにしましょう。

相手の心情を理解した上で、時間を置いてから考えると、また違った感想が持てることがあります。

今回は、LINEがそっけないことにHSPが悩む理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました