HSPが出かける時知り合いと会いたくない理由と4つの対処法

HSP

HSPで外出した時、知り合いと会いたくないと感じる方はいませんか?
意識すると周りを見渡しやすくなるので、目の前のことに集中しにくくなりますよね。

今回の記事では、HSPが知り合いと会いたくないと感じる理由と対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、ストレスを溜めずに外出したい方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPが知り合いと会いたくない理由

まず初めに、HSPが知り合いと会いたくない理由についてご紹介いたします。

動揺するから

1つ目は、心の準備ができていないため、急に知り合いと会うと動揺するからです。
「まさか?」と思う人が目に入った瞬間、心臓が早まりだすことでしょう。

外出するなら知り合いに会わない可能性は0ではないことはわかってはいます。

しかし、のんびり過ごしている休日であるほど構えてしまうそのギャップにより、疲れてしまいます。

挨拶するのが億劫

2つ目は、知り合いと会った時の挨拶が億劫に感じることです。
相手の顔色を伺ったり気を遣ったりするところに苦手意識を感じます。

話が盛り上がってしまったなら、どこで解散して良いかタイミングもわからなくなります。
知らないふりして、そのままスルーするのも失礼にあたるので、悩ましいところです。

見透かされている感じがするから

3つ目は、その時の服装や一緒にいる人から見透かされている感じがするからです。
考え過ぎかもしれませんが、相手の視線の動きにより、あれこれ胸の内で思われているだろうなと感じます。

「そういう服の趣味があるんだ」一人で買い物しているなら「寂しそう」と思われているのではないかと、つい勘ぐってしまいます。
HSPは相手の舐めるような視線を感じることにも苦手意識を覚えやすいです。

一日中気にしてしまうから

4つ目は、知り合いと会うと一日中気にしてしまうことがあるからです。
意外な人と会うほど、冷静な対応ができずテンパってしまいます。

別れた後、考えるのはこのことばかり。
人によっては貴重な休日が1日潰れてしまうほどのパワーがあります。

最終的に「出かけなければよかった」と後悔することもあるでしょう。

HSPが知り合いと会いたくない場合の対処法

ここでは、HSPが知り合いと会いたくない場合の対処法についてご紹介いたします。

人混みに行くことは避ける

1つ目は、人混みが予想される場所には行かないことです。
知り合いに会う確率を下げることができます。

土日にショッピングモールに行くことは避けた方が良いかもしれません。
出かける時は3番手、4番手に挙げられるようなお店を選んだ方が気も楽です。

また、そこで知り合いに会ったなら、相手もあえて人混みを避けてきたとも読めるので、親近感を抱けます。

通販を活用する

2つ目は、買い物するなら賢く通販を利用する方法です。
その分、出歩く機会も減らしやすくなるので、知り合いに会うだろうかと悩むことも少なくなります。

いつも使っている日用品こそ、通販でまとめて購入するのが良いでしょう。
家に荷物を届けてくれるので運ぶ手間も時間もかからないので便利です。

店頭で買うよりも安い商品もあるので、ぜひチェックしてみてください。

マスクをする

3つ目は、知り合いと会いたくないならマスクをする方法もおすすめです。
別人であると思われやすいので、あなただと気が付かれず、そのままやり過ごせる場合があります。

服装や場所によっては、帽子やメガネをするのも良いでしょう。
HSPにとっては周りと壁を作りやすいアイテムとなるので、気持ち的にも楽に外出ができます。

時間帯をずらす

4つ目は、出かける時間帯をずらすことです。
人と活動するタイミングをずらすと、知り合いと会う確率も減ります。

開店直後や閉店間際を狙って出かけるのも良いでしょう。
前に知り合いに会った時間帯を思い出して、さりげなく活動する時間帯をずらしてみてください。

まとめ

HSPは外出する時に、知り合いと会いたくないと感じる方も多い傾向にあります。
もともと人混みが予想される場所に行くことを避けたり、人との活動時間をあえてずらしたりすると、知り合いと会う確率も少なくなります。

今回は、HSPが知り合いと会いたくないと感じる理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました