【HSP】声が小さいと言われた!理由や対処法6つ【改善】

HSP

HSPで声が小さいと人から指摘された経験を持つ方はいるでしょうか。
自分にとってはベストであると思っていても、他者からするとそうとも限らないことがあります。

今回の記事では、HSPが声が小さい理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが声が小さい理由とは?

まず初めに、HSPが声が小さい理由についてご紹介いたします。

目立ちたくない

人の気を引き、目立ちたくないからです。
興味を持たれるなら面倒なことに巻き込まれやすくなります。

声が大きいほど、自然と存在を認識されやすいです。
目立ちたくないあまり、無意識のうちに声のボリュームを抑えてしまう方もいると言えます。

自信がない

自分に自信が持てないためです。
不安があるからこそ、自然と声も小さくなります。

「私・俺が話したところで何にもならない……」と、自己肯定感が低い場合もあります。

和を乱したくない

場の空気を乱したくない気持ちがあるからです。

控えめな声は、敵意がないことを示しやすいです。平和主義な方でもあります。

コミュニケーションを取りたくない

相手とコミュニケーションを取りたくないからです。
もともと関心がないなら、声に弾みもありません。

「早くどこかに行ってくれないかな……」と思っていることもあるでしょう。
早く会話を切り上げたいために、声に覇気が感じられないことがあります。

相手に恐怖感がある

HSPは相手に恐怖感がある場合においても声が小さくなりやすいと言えます。
怯えているからこそ、控えめな態度を取りやすくなります。

「あ、その……」と話す言葉も、しどろもどろになることがあるでしょう。
誰か助けてと、周りに対して無意識のうちにSOSを出していることもあります。

HSPが声が小さい場合の対処法

ここでは、HSPが声が小さい場合の対処法についてご紹介いたします。

練習をする

HSPで声が小さいことに悩んでいるなら、練習をする方法があります。

意識的に人と話す機会を作るのもおすすめです。気心知れた人が相手なら平常心で話せることでしょう。

場数を踏むと自然と大きな声が出しやすくなります。

自身の声を録音して聞いてみる

スマホなどを使用して自身の声を録音して聞いてみる方法があります。
あらためて自分の声を聞くことで、客観的な意見が持てます。

本音のところ自分では「声が小さいとは思わない」と感じている方におすすめです。

「確かに小さい!」と感じるなら、もっと大きな声を出そうと決意を固められます。

カラオケに行く

カラオケに行く方法は、大きな声を出す良い練習になることがあります。

サビが盛り上がる曲を選ぶなら、自然と声にも力が入ります。
防音対策も取られているので、いくら大きな声を出しても怒られません。

カラオケに行く方法はストレス発散にもなるのでおすすめです。

自信を持つ

何かを成し遂げて自信を持つ方法もあります。
「私・俺なんか……」と思っていると、自然と声もか細くなります。

小さな目標をいくつか達成すると、自己肯定感も高まりやすいです。
うつむきがちで過ごすことが多いなら、ぜひ自信を育てるための一歩を踏み出してみましょう。

話の内容を伝えることに意識を注ぐ

声の小ささに気を取られず、話をする目的を明確にする方法があります。
プレッシャーを感じやすい方ほど、話す内容に意識を注いだほうが自然体でいられます。

「ちゃんと声が聞こえているかな」より「相手に気持ちが伝わっているか」に注目していきましょう。

どんなことを相手に伝えたいのか今一度整理してみてください。

相手に興味を持つ

話す相手はどんな人であるか興味を持つ方法があります。
「嫌い」「苦手」と思っていると、早く話を切り上げたいあまり雑な対応を取りやすいです。無意識のうちに声も小さくなることがあります。

「明るい人だけど、苦労している部分もあるのかな」「ふと寂しそうな表情をするけど何かあったのかな」と相手に関心を持ってみてください。

もっと知りたいと思うほど、大きな声で話しやすくなります。

まとめ

HSPが声が小さい理由は、自信がなかったり相手に対する恐怖感などが挙げられます。

声の出し方に注目するのも良いですが、伝えたい内容に意識を注ぐ方法もおすすめです。

今回は、HSPが声が小さい理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました