なぜ?HSPが空気が読めない理由と4つの対処法

HSP

HSPは繊細で気がつきやすいと言われていますが、時と場合によっては、空気が読めないこともあります。
指摘を受けると、必要以上に落ち込んでしまう方もいるでしょう。

また「果たして自分は本当にHSPなのか……」と、悩んでしまう方もいると言えます。

今回の記事では、HSPが空気が読めない理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが空気を読めない理由

まず初めに、HSPが空気を読めない理由についてご紹介いたします。

刺激過多で混乱する

HSPが空気を読めない理由の1つ目は、刺激が多すぎる場面では混乱してしまうからです。

繊細ゆえに、キャパオーバーに陥ると、周りに気を配ることが難しくなります。

人が多かったり、距離が近すぎたりすると、冷静な対応も取りにくいです。

体調も万全ではないときは、なおさらのことです。

自分自身に意識が向くことが多くなり、結果的に空気が読めなくなることがあります。

良い人に見られようと意識している

HSPが空気を読めない理由の2つ目は、良い人に見られようと意識しているためです。
理想が高過ぎると、かえってプレッシャーを感じやすく、空回りした行動が多くなります。

ありのままでいられないと、周りからも不自然に見えることがあります。

HSPこそ、空気を読めない行動を取らないように心がけすぎるほど、裏目に出てしまうことがあるでしょう。

HSPが空気を読めない場合の対処法

ここでは、HSPが空気を読めない場合の対処法についてご紹介いたします。

空気を読めなくても良いことを再認識する

対処法の1つ目は、空気を読めなくても良いことを再認識することです。
どんな人でも悪気はなくても、場にそぐわない行動を取ることはあります。

まず、人生は想像通りの展開になることは少ないです。

そのため、自分が失敗に感じた出来事も、受け入れる勇気を持つことが大切です。

また、空気を読んだ行動を取っても、相手からしてみると余計なお世話に感じることもあります。
物事は、どちらに転ぶかわかりません。

そのため、まずは自分の気持ちを優先した行動を取るのが良いと考えてみるのはいかがでしょうか。

反省することはあっても後悔することは少ないと言えます。

積極的な発言は控える

対処法の2つ目は、積極的な発言は控えることです。
空気が読めないと認定されるのは不必要な行動を取ったときです。

例えば、自慢話をしたり、他人に対して何か指図をしたりするときです。

相手に「よく思われたい」という気持ちから、行動に移すことがあります。

場の雰囲気を壊したくないときこそ、何か面白いことを口にするより、受け身でいた方が良いと言えるでしょう。

聞き役に回る

対処法の3つ目は、話の中では聞き役に回ることです。
実はみんな自分の話を聞いてほしいもので、聞き役は需要があるポジションと言えます。

相槌を打ったり、相手の話を盛り上げたりする質問をするのもおすすめです。

また、聞き上手であるほど、あなたのことを知りたいと感じる方も増えます。

実は聞き役は、おいしいポジションでもあります。

空気が読めないと思われたくない方ほど、会話をするときは進んで聞き役を選んでみてください。

憧れの人の行動を参考にする

対処法の4つ目は、憧れの人の行動を参考にすることです。

ソツなくみんなと仲良くできる方こそ、愛想は良いものの、踏み込みすぎてはいけないラインをしっかりわきまえている方が多いと言えます。

いわゆる、空気を読める方も多いです。

一部真似するだけでも、良い影響を受けることができます。

実は、身近な人に学ぶ方法こそ、習得力も高いと言えます。

まとめ

HSPが空気を読めない場合、話すときは聞き役に徹する方法がおすすめです。
相槌を打ったり、相手の話を盛り上げる質問をしたりすると、場が白けることもありません。

今回の記事では、HSPが空気が読めない理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました