【落ち込まなくて良い】HSPで仕事が続かない理由と7つの対処法

HSP

HSPで仕事が続かない方はいますか?
HSPは人よりも感受性が高く、ストレスも抱えやすい傾向があります。

頑張って働いても限界が来て、仕事を辞めざるを得なくなることもあるでしょう。
今回の記事では、HSPが仕事が続かない理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが仕事が続かない理由

まず初めに、HSPが仕事が続かない理由についてご紹介いたします。

刺激が強い環境に身を置くため疲れやすい

HSPは刺激が強い環境に身を置くと疲れやすい傾向があります。
仕事を始めると毎日が新しいことの連続です。

適切だと思う行動をその場で取るだけで、1日が終わることも珍しくありません。

家から帰ってきた後、十分に休むこともなく、また次の日になるならヘトヘトになります。
ストレスの限界が来ると仕事が続かないことがあります。

人間関係に悩まされやすい

HSPは人の目を気にしやすい方も多く、人間関係に悩まされやすい傾向があります。
心無い一言をいわれてずっと悩んでしまうこともあるでしょう。

苦手な人でも仕事関係となると、上手に距離を置くことができないのもストレスです。
相手から離れるためには仕事を変えるしかないと考えた時、辞める選択を取りやすいです。

プレッシャーに押し潰されやすい

HSPは仕事を通してプレッシャーに押し潰されやすい傾向があります。
責任感がある仕事を任された時「無事にやり抜くことができるか」と常に頭から離れなくなります。

一つのミスをしただけで「死んでお詫びをしないと……」というように、極端な考え方をすることもあるでしょう。
仕事でストレスが溜まると、出社できなくなることがあります。

失敗すると自分を責めやすい

HSPは完璧主義な方も多く、失敗すると自分自身を責めやすい傾向があります。
不可抗力のことでも、すべて自分が悪いとネガティブな考えに結びつきやすくなります。

仕事をする中で自己肯定感が低くなる方もいるでしょう。
自分が会社に迷惑をかけていると感じた時に、辞める選択を取ることがあります。

めまぐるしい変化に疲弊しやすい

HSPは職場での目まぐるしい変化に疲弊しやすいことがあります。
規模が大きい会社であるほど、影響を受ける出来事や人と関わる機会も多いです。

いろんな価値観が自分の中に入り込んでくるので混乱しやすいです。
ついには自分の考えもわからなくなることがあります。

HSPは刺激にさらされ続けると夜も眠りにくくなり、結果的に仕事を続けられなくなることがあります。

HSPが仕事が続かない場合の対処法

ここでは、HSPが仕事が続かない場合の対処法についてご紹介いたします。

仕事が続かないことを悪いことと考えない

1つ目は、仕事が続かないことを悪いことと考えないことです。
無意識のうちでも「駄目なこと」と思っていると辛くなります。

HSPは繊細な気質を兼ね揃えているゆえ、ストレスが溜まりやすい傾向があります。
また、他人を優先することが多いと、なかなか自分を労わることもできません。

気持ちがいっぱいいっぱいになると、仕事を辞める選択を取りやすいです。

HSPこそ自分にぴったり合う仕事が見つかると、誰よりも全力で取り組みやすいです。
心のSOSが自分に合っていない仕事と教えてくれていると捉えられます。

自分と他人を比べない

2つ目は、仕事を含め、どんなことでも自分と他人を比べるのはやめることです。

仕事が続かなくて悩んでいるのは、特定の誰かを意識しているからではありませんか。

友達は一つの会社で何年も働いているなら、焦りを感じることがあるでしょう。
周りで仕事が続かない人が少ないなら、疎外感を覚えることもあります。

しかし、自分は自分、他人は他人、誰一人同じ人間はいません。
テリトリーを変えると、仕事が続かない方は結構見られます。

また、他人の目を意識した生き方は、幸せであるかどうかも他人に任せやすいです。
HSPこそ自分らしく生きられる道を探すことが大切です。

こだわりを持たない

3つ目は、こだわりを捨てることです。
仕事は続けなくてはいけないものという価値観を持ってはいませんか?

無意識のうちに理想とする生き方があるなら、別な選択を取った時、辛さを感じやすいです。

人生は努力しても必ず結果が出るものではありません。
期待した分だけ失望も大きいです。

むしろ、HSPこそ柔軟なこだわりを持った方が生きやすくなると言えます。
正社員、一つの会社でずっと働き続ける選択もありますが、さまざまな雇用形態、働き方もあることを知っていきましょう。

仕事を通して経験したことを振り返る

4つ目は、これまでの仕事を通して経験したことを振り返る方法です。
自分が得意と感じたこと、苦手なことはありましたか。

自己分析を行うことで、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

「座りっぱなしの仕事は辛くて動いていた方が楽だった」「派遣社員の方がプレッシャーがなく働けた」などの感想を持つこともあるでしょう。

自己分析を怠ると、次に仕事を始めたところで同じ部分でつまずくことがあります。
好きだと感じた気持ちは、次の仕事を決める上で良いヒントになる場合があります。

固定費を減らす

5つ目は、今よりも固定費を減らして生活を送ってみることです。
毎月かかるお金が膨大であるほど、来月も生きられるか不安になります。

毎月かかっている固定費をしっかり見直してみてください。

携帯代が思いの外かかっているなら、格安SIMを利用してみてください。
サブスクも登録しているだけでほとんど使っていないなら、解約してみるのも一つの方法です。

意外にも外食や自分へのご褒美にお金を使っていることに気がつける場合もあります。

最低月に、自分はどのくらいのお金があれば生きていけるか考えるだけでも将来に対する不安が減ります。

また仕事をやめても良いという考えを持つ

6つ目は、HSPこそまた仕事をやめても良いとした考えを持つことです。
次は絶対続けると断定するほど、プレッシャーがかかります。

自分に合わない職場とわかっていても「辞める」選択が見つけられず、必要以上に無理してしまうこともあるでしょう。
自分に合う仕事を見つけられるまで何回でも辞めても良いとした柔軟な思考を持ちましょう。

自分に合った働き方を見つける

7つ目は、HSPこそ自分に合った働き方を見つけることです。
他者の目を意識するほど失敗につながりやすいです。

ひとまずアルバイトをして、自分に合った職種をのんびり探すのも一つの方法と言えます。
会社勤めが難しいなら、フリーランスという働き方もあります。

今までにない選択をする時、不安になることもあるでしょう。
自分で納得して決めたことは、何にも代え難い価値があるものです。

「もう無理だ」と仕事で追い詰められた経験を持つ方ほど、自分に合った働き方を選ぶことに腹を決められます。

まとめ

HSPは繊細な気質を兼ね揃えてあるゆえ、仕事を始めてもストレスを感じて、なかなか続かないケースがあります。

HSPこそ自分に合った仕事を見つけるために、自己分析することが大切です。
ぴたりとはまるものが見つかれば、誰よりも全力を注ぎやすいです。

今回は、HSPが仕事が続かない理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました