【HSP】親に理解されなくて困っている場合の対処法9つ

HSP

HSPで親に理解されないなら、味方がいない感覚になります。
価値観を否定されるなら、息苦しさを覚えることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPが親に理解されない場合の対処法についてご紹介いたします。
ぜひ、親との関係性に悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

HSPが親に理解されない場合どうしたら良い?

ここでは、HSPが親に理解されない場合の対処法についてご紹介いたします。

親と自分は違う人間と考える

1つ目は、親と自分はそれぞれ、一人の独立した人間であると考えることです。
「血が繋がっているから話し合えばわかるはず」とした考えを断固として持っていると辛くなります。

誰一人まったく同じ人生を歩む人はいません。価値観や意見がわかれてしまうのも自然なことなのかもしれません。

たとえ親であっても、100%わかり合うことはできないものとした前提を持つことが大切です。

過度な期待は持たない

2つ目は、親にすべてを受け入れて欲しいとした過度な期待は持たないことです。
大きい願望があるほど、うまくいかない時、失望します。

無意識のうちでも誰かに対して期待することはよくあります。
悲しい感情を抱いた時ほど、相手に求めすぎているサインと言えるでしょう。

自分の価値観を少しでも親に受け入れてもらえたら満足と、期待を低く持つことが大切です。

適度な距離を置く

3つ目は、親とは適切な距離感を取ることです。
近すぎるほど、相手の悪いところばかり目につきやすいです。


特に親と一緒に暮らしているなら、生活リズムをズラしてみるのも良いかもしれません。

適切な距離感ができると、心地の良い関係性を築きやすくなります。

親の理解できない部分を考えてみる

4つ目は、逆に親の理解できない部分を考えてみることです。
相手に求めるばかりの形は苦しいものがあります。立場を入れ替えてみると、また違った目線が持てます。

「無駄使いが多い」「ファッションが奇抜」と、具体的な理解できないエピソードが見えてくるはずです。

親の理解できない部分を見つけると、みんな相手を受け入れられない部分を持っていることがわかります。
また、理解できない部分があっても、相手を嫌いになっているわけではないことも知れます。

親と自分の共通点を考えてみる

5つ目は、親と自分の共通点を考えてみることです。
理解されない部分に目を向けるなら、相手を嫌いになることがあります。

「負けず嫌い」「涙もろい」「細かいことに気がつきやすい」など、じっくり探すと共通点が見つかるはずです。

中には、親もHSP気質を兼ね揃えていることに気が付く場合もあります。
自分と似た点を見つけると親しみやすさを感じられます。

先に自分が親を理解する

6つ目は、先に自分が親を理解する方法です。
目を逸らしている部分があるならしっかりと向き合っていきましょう。

相手を先に受け入れることは、心の余裕がないとできません。

また「なんで子どもの自分から……」と感じることもあるかもしれません。

それでも、先にあなたが親を受け入れると衝突することが減り、理解してくれない現状も少しずつとなりますが良い方向にたどり着く場合があります。

しかし、無理やり親を理解しようとすると心がモヤモヤします。その時はまだ、相手を受け入れる段階にきていないかもしれません。
時間が経った頃、親の肯定できる部分を少しずつ見つけてみてください。また違った目線から、相手と向き合うことができるでしょう。

理解されないことを別な言葉で説明する

7つ目は、親に理解されない部分について、再度言い方を変えて説明する方法です。
伝え方次第で、相手に納得してもらえる可能性があります。

HSPの気質について言われるなら「〇〇さんもなんだって」と芸能人の名前を引き合いに出すと見方を変えてくれる場合があります。
「5人に1人いる」と具体的な数字を出すのも良いかもしれません。

親が受け入れやすい言葉を使って、物事を説明してみてください。

自分自身が一番の理解者になる

8つ目は、親を含め誰かに100%理解してもらおうとは考えないことです。
最終的に自分のことが一番わかるのは自分です。

相手の心の中は目に見えません。話し言葉や身振りを使っても100%気持ちを共有することができません。

「性格が合う」と感じる相手も、ただ単に自分がポジティブな見方をしているだけに過ぎない場合があります。
物事を深く話し合う場では、まったく意見が合わないことも珍しくはありません。

HSPこそ自分が一番の理解者になりましょう。

人以外に心の支えを見つける

9つ目は、人以外に心の支えを見つける方法です。
親を含め人に過剰に期待すると、予想外なことが起こると気持ちがかき乱されます。

「映画を観ること」「小説を読むこと」「ガーデニングをすること」「編み物をすること」など、自分が幸せだと感じる趣味を心の支えにしていきましょう。
他人が介入できないものを選ぶなら動揺することもありません。

「〇〇の趣味のために生きている!」まで考えられると、人間関係においてのストレスも軽減します。

まとめ

HSPが親に理解されないなら、一番の味方を失った感覚を味わいやすいです。
しかし、親を含め他者は自分の思い通りになることはありません。過剰な期待をするほど、予想外な行動を取られた時ショックを受けます。

他者に期待はしないでおくと、心が触れ合う瞬間があると感動します。

今回は、HSPが親に理解されない場合の対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました