HSPは攻撃的になることがある?理由や背景と3つの対処法

HSP

HSPで、攻撃的になる方はいませんか。
優しいイメージがあるHSPですが、荒々しい一面が見えるなら「実はHSPではないのかも」と深く悩むこともあります。

のどか
のどか

誰かにひどいことを言ったり傷つけたと思い込んだりする時の

シチュエーションが挙げられるかも!

今回の記事では、HSPが攻撃的になる場合の理由・背景、対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが攻撃的になる場合の理由・背景とは

ここでは、HSPが攻撃的になる場合の理由・背景についてご紹介いたします。

身内を悪く言われた

HSPが攻撃的になる場合の理由として、身内を悪く言われたシチュエーションが挙げられます。
一瞬で怒りのピークに達するなど、自分に言われている以上に腹が立ちます。

「弟君て無口で、何考えてるかわからない」など、冗談だとしてもカチンとくるでしょう。

「そんなことない!」「あんたに何がわかるの?」と食ってかかることもあります。
身内を悪く言われたときこそ、黙っていられないHSPの方も多いです。

我慢していることが限界を迎えた

HSPが攻撃的になる場合の理由として、我慢の限界を迎えたシチュエーションが挙げられます。
堪忍袋の緒が切れたとき、これまで溜め込んでいたことと共に気持ちを吐き出しやすいです。

苦手な友人からの頼まれごとも回数が増えるとイライラします。
「今回もやってくれるよね?お願い(笑)」と軽くあしらわれた時、我慢できなくなります。

「縁を切っても良いな」と心に決めた時、本音を見せることがあるでしょう。

睡眠不足・空腹時

HSPが攻撃的になる場合の理由として、不調気味なことが挙げられます。
過敏になりやすく、いつもはスルーできることにもイライラします。

睡眠時間が6時間以下だったり一食ご飯を抜いたりしている方は注意。

体調が万全でないときほど、気持ちもかき乱されやすいので気をつけましょう。
後で「なんであんなこと言っちゃったんだろう……」と落ち込みやすいです。

HSPが攻撃的になる場合の対処法

ここでは、HSPが攻撃的になる場合の対処法についてご紹介いたします。

苦手な人とは距離を置く

HSPが攻撃的になる場合の対処法1つ目は、一緒にいて不快に感じる人とは距離を置く方法です。
心の平穏を保つことができるので、攻撃的にもなりにくいです。

中には、良心からなかなか行動に移せない方もいます。
しかし、短い人生、苦手な人に時間を費やすのは本当に良いことか今一度振り返っていきましょう。

一気に距離を置くと不自然に思われやすいので、段階を踏んでおこなうのがおすすめです。

我慢しない

HSPが攻撃的になる場合の対処法2つ目は、ストレスを溜め込まないことです。
我慢することが多かったり気持ちを吐き出す場所がなかったりするとHSPは限界を迎えやすいです。

他者からの頼まれごとも嫌だと思うならしっかり断りましょう。
また、無意識のうちに「我慢=良いこと」と考えている方ほど踏み切ることができません。

穏やかに過ごせる時間が多いと、余裕ができるので落ち着いた対応も取りやすいです。
ぜひ、自身の気持ちを優先にして、心の平穏を保っていきましょう。

体調に気を使う

HSPが攻撃的になる場合の対処法3つ目は、体調管理に気を遣うことです。
HSPこそ不調気味であるほど、神経も過敏になりやすいです。

攻撃的になるほど、体からのSOSサインであることも多いと言えます。
睡眠時間を十分に確保したり健康的な食事を取ったりすることを意識しましょう。

最近、好きなことに取り組めていないなら、生活の中で趣味を楽しむ時間を意識的に作ってみてください。

まとめ

HSPが攻撃的になる場合、苦手な人の影響を受けたり体調が優れていなかったりすることが多いです。
原因を振り返った上で、適切な対処法を取っていきましょう。

今回は、HSPが攻撃的になる場合の理由、対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました