HSPと猫の相性は良い?飼う上で気をつけたいことも解説

HSP

HSPと猫の相性は良いのでしょうか。
気ままでツンデレなところに心惹かれる方も多いものです。

のどか
のどか

猫LOVE!

今回の記事では、HSPと猫の相性、飼う上で気をつけたいこと・ポイントついてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPと猫は相性が合う理由

HSPの方こそ、猫を飼うのは向いていると言えます。

ここでは、HSPと猫の相性が合う理由についてご紹介いたします。

一定の距離感を取りやすい

猫はマイペースで、一定の距離感を取りやすいため、HSPとも心地よく生活を送りやすいと言えます。

飼い主の後ろを常についてくることもなく、気ままに活動しているのが特徴的。

のどか
のどか

隣にいなくても
互いを意識し合う関係イイ……

いつもは小さな同居人として過ごし、互いの気持ちがぴったりあった時に触れ合えます。

散歩に連れて行く義務感がない

猫は犬と違って、毎日散歩をさせる必要はありません。

家の中を歩くだけで満足する猫も多いです。

むしろ外飼いの猫は危険にさらされやすいため、室内飼いの猫より寿命が短いケースがあります。

HSPが生き物を飼う場合、深く考えてから踏み切る方も多いですが、散歩の義務感がないので少しだけ気持ちを楽にして考えることができます。

見ているだけで可愛いので繊細なHSPの活力になる

HSPは繊細な気質ゆえに、可愛いセンサーにも敏感な方が多いと言えます。

見ているだけで生きる活力につながることもあるかもしれません

もふもふな見た目、愛らしい肉球、揺れ動く尻尾など。

可愛い猫と共に暮らす生活は、人生が明るく彩られることでしょう。

寂しい気持ちを上手に埋めてくれやすい

猫と暮らすと、互いに適切な距離感を保ち生活を送ることができます。
一人でいるのが好きだけど、たまに寂しさを感じるHSPの方と相性抜群です。

のどか
のどか

最高の相棒になれるかも!

寂しさのために飼うのは賛否両論ありますが、責任を持って最後まで飼うことができるなら、一つのきっかけになると言えます。



HSPが猫を飼う上で気をつけたいこと・ポイント

猫を飼いたいと感じても、思い立ってすぐ行動に移すのは実は良いこととは言えません。

ここでは、HSPが猫を飼う上で気を付けたいこと・ポイントについてご紹介いたします。

生き物を飼う責任を持つ

動物の命を扱う立場となることを理解してください。

安易に猫を飼うと「こんなはずじゃなかった」と感じることがあります。

・病院に連れていく必要がある
・ひっかき傷ができることがある
・旅行が安易にできなくなる
・趣味に割く時間が減る
のどか
のどか

楽しいことだけ考えて
踏み切るのはちょっと待って!

猫中心の生活になります。最後まで責任を持って飼えるかを考えた上で、物事を決めるようにしましょう。

猫を飼っている人のブログやSNSをチェックする

ペットを飼ったことがない方は、猫との生活に夢みがちな印象を持ちやすいです。

猫を飼っている人のブログやSNSをチェックして、リアルな体験談を知ることが大切です。

・壁紙やソファーがボロボロになることがある
・衣類に猫の毛がつきやすい
・鳴き声が結構響きやすい など

猫と過ごす日常がわかるので、責任を持ちしっかり飼えそうか、正確な判断も下しやすいです。

猫アレルギーはないか確認する

猫アレルギーはないか、事前に確認することをおすすめします。
知らずのうちに猫アレルギーに当てはまっていたという方も結構います。

友達で猫を飼っている人がいるなら、お願いして一度触らせてもらうのも良いかもしれません。
くしゃみが止まらなかったり蕁麻疹が出たりする場合は、一旦保留にするのが良いでしょう。

動物病院の目星をつけておく

家に猫を迎えたら、なるべく早いうちに動物病院へ行く必要があります。

何かあった時でもすぐ駆け付けられるように、猫を飼う前から行きつけ候補となる動物病院の目星をつけておくのがおすすめです。

のどか
のどか

家から近い場所を選ぼう!

ホームページを見たり、実際の建物を確かめたり、自分を含め猫に合った動物病院を見つけてみてください。

作業中は邪魔される心配がある

猫は気ままな性格が可愛いですが、自宅で作業している時、こっちの気はお構いなしにじゃれてくることがあります。

パソコンの上に座ったり机に置いたコーヒーを倒されたりすることもあるでしょう。

予想外の行動を取りやすいことも、頭に入れておいてください。

HSPは突然の出来事に弱い一面がありますが、いかなる時でも冷静に対処することが求められます。

まとめ

HSPと猫は適切な距離感を取り合えるため相性も比較的良いと言えます。

しかし、後々のこともしっかり考えた上で飼うことを決める必要があります。

猫はマイペースなところが可愛いですが、予測不能な行動を取ることも多いです。
癒しを求めるはずが、逆に振り回されてしまうこともあるでしょう。

HSPこそ、最後まで責任を持って飼えそうか、よく考えた上で決断することが大切です。

今回は、HSPと猫の相性、飼う上で気をつけたいこと・ポイントついてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました