HSPはずるい?ずるいと感じる理由と3つの対処法

HSP

HSPって実はずるいんじゃないか気になる方はいませんか?
HSPという言葉を盾にして自分を無理に押し通している状態なら、モヤモヤとした気分を覚えることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPがずるいと感じる理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPがずるいと感じる理由とは

ここでは、HSPがずるいと感じる理由についてご紹介いたします。

繊細であることを盾に取っているから

HSPがずるいと感じる理由に、繊細であることを盾に取っているように感じるものがあります。

「HSPだから発表するの苦手なんだ」と度々口にするなら「そんなのみんな苦手だよ」非HSPの方も感じることがあります。

何かにかこつけて、HSPであることを盾に取っているなら「ずるい」と思われやすいです。

繊細であることを逃げ道にしているから

HSPがずるいと感じる理由に、繊細であることを逃げ道にしているものがあります。
動揺するような場面をすべて避けている状態なら、反感を買いやすいです。

「HSPだから発表しない」と宣言されると「それは違くない?」と思われることもあるでしょう。
何度もHSPという言葉を使って、やるべきことを回避しているなら「逃げている」と思われやすいです。

他者に配慮を求めているから

HSPがずるいと感じる理由に、他者に配慮を求めているものがあります。

「HSPだから、こうしてほしい」といちいち言われるなら、モヤモヤした気持ちになります。
「もっと優しく対応して」という圧があるなら、距離を置きたいと感じる方もいるでしょう。

「HSPの私に、あなたは何をしてくれる?」と見えないメッセージを感じた時こそ、ずるいと思われます。

努力でカバーできると思われてしまっているから

HSPがずるいと感じる理由に、努力次第でどうにかなると思われているものがあります。
感受性や心は目に見えない部分であるからこそ誤解を受けやすいです。

特に非HSPの方から「気持ちの問題でどうにかなる」と勘違いされることがあるでしょう。

一度でもHSPが冷静な対応を取っているところを見られるなら、努力次第でどうにかなると思われかねない部分があります。

HSPがずるいと感じられる場合の対処法

ここでは、HSPがずるいと感じられる場合の対処法についてご紹介いたします。

気にしない

1つ目は、気にしないことです。

HSPがずるいと思うのは個人の自由です。
また、その人が思うことはみんなが同意している訳ではありません。

HSPの中には「ずるい」と面と向かって言われた訳じゃないけど「きっと、そう思われているんだろうな」と勝手に解釈して考える方もいます。
特に寝不足気味など、体調が悪い時は気にしやすい傾向があります。

他者の気持ちや価値観に振り回されて自分を見失うのはもったいないです。なるべく気にしないようにしましょう。

自分が生きやすい選択をする

2つ目は、HSPの方こそ自分が生きやすい選択をすることです。

あなたが自分をHSPと思うならそれでOK。
また、時と場合によっては相手に配慮を求めることも構いません。楽になることはどんどん取り入れましょう。

HSPの方こそ人の目を気にせず自分の意思を貫く強さを持つことも大切です。
相手にどう思われるかを軸とせず、自分はどうしたいかで物事を判断していきましょう。

むしろずるい方が生きやすくなることを知る

3つ目は、HSPこそ、むしろずるい方が生きやすくなることを知ることです。
自分の欲望に忠実になると、我慢をしなくて済みます。

たくさんの選択肢の中から自分に合うものを拾いやすいです。
ずるい振る舞いは、最初は違和感を覚えることがありますが、段々と息がしやすいことに気がつけます。

HSPがずるいと思うなら、むしろそのまま突っ走ってみてはいかがでしょうか。しかし、他人をおとしめるようなずるさは控えるようにしましょう。

人を見てHSPであることを打ち明ける

4つ目は、知り合う全員にHSPであることを打ち明けるのはやめることです。
誰彼構わず言うほど「ずるい」という感想を持つ方と出会うことがあります。

自分の内面のことは、なるべく仲良くなった相手にのみ伝えるようにしましょう。
直感であまり良い結果につながらなさそうと感じる相手には、そのまま黙っていた方が良いかもしれません。

まとめ

HSPでずるいという感想を持つ方はいます。
しかし、気にせずむしろ自分らしく生きることに意識を注いでいきましょう。

また、人を見てHSPであることを打ち明ける方法もおすすめです。

今回は、HSPがずるいと感じる理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました