HSPは誤解されやすい?理由や4つの対処法について

HSP

HSPで誤解されやすい方はいますか?
そんなつもりはなくても、わかってもらえないことが多いなら悲しくなります。

場合によっては、人間不信につながることもあるでしょう。
今回の記事では、HSPが誤解されやすい理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが誤解されやすい理由

まず初めに、HSPが誤解されやすい理由についてご紹介いたします。

本音を伝えられない

1つ目は、HSPは本音を言うのを躊躇ってしまう部分があるからです。
和を乱さないことを優先するあまり、自分の気持ちをうまく伝えられない時があります。

時に「何考えているかわからない」と思われたり「影では笑っているんでしょ?」と変に誤解を受けたりすることがあるでしょう。
HSPの本音を中々人に言えない部分こそ、受け手によっては勘違いすることがあります。

受け身でいることが多い

2つ目は、HSPはどちらかというと受け身でいることが多いためです。
目に見える形で自己表現をあまりしないので誤解されることがあります。

「何がしたいんだろう?」と謎の人という印象を相手に与えることもあります。
人に目に見える形でアピールしないと気づいてもらえないことも結構多いものです。

みんなに優しくしてしまう

3つ目は、HSPは分け隔てなくいろんな人に優しくしてしまうためです。
良かれと思ってした行動も、不特定多数にしているとわかれば「思わせぶりな態度」と誤解を受けることがあります。

HSPの優しさこそ、受け手によっては八方美人に思われることがあります。

人との間に壁を作ってしまう

4つ目は、無意識のうちに人との間に壁を作ってしまうことがあるからです。
傷つくのを恐れている方ほど、一線を引く態度を取ることがあります。

心と心が触れていないと感じられると、相手に「私のこと嫌いなのかな」と誤解を与えやすいです。
一度壁を作ってしまうと、その後も似た行動を取りやすいので、挽回するのが遅れます。

HSPが誤解されやすい場合の対処法

ここでは、HSPが誤解されやすい場合の対処法についてご紹介いたします。

伝えたいことはきちんと言葉にする

1つ目は、伝えたいことがあるなら察して欲しいという態度は取らず、きちんと言葉にする方法です。
思っているだけでは明確な気持ちは相手には伝わりません。

「誤解させている」と感じるなら、必要に応じて、自分の気持ちをしっかり伝えていきましょう。
上手く話せなくても構いません。

不器用であっても大切なのは、あなたの気持ちが相手にきちんと伝わることです。

意思表示を示す

2つ目は、空気を読むことばかりを優先せず、相手にしっかり意思表示を示すことです。
特に嫌だと感じる時こそ、NOという気持ちを伝えていきましょう。

その場の雰囲気を壊したくない方ほど、愛想笑いをしてやり過ごそうとすることが多いです。
HSPこそ自分の気持ちを大切にしていきましょう。

みんなに好かれようとはしない

3つ目は、多くの人に好かれようと頑張りすぎないことです。
傷つくのを恐れると、みんなに良い顔をしたくなります。

実はすべての人に好かれている方は、この世にいないと言えるのかもしれません。
「優しい人=良い子ぶってる」と苦手意識を持つ方はいます。

HSPこそ誰かの目線を意識するより、自分がしたい・したくないかで判断してみるのも良いでしょう。

人に心を開く練習をする

4つ目は、人との間に壁を作りすぎないために、心を開く練習をすることです。
過去に傷つく経験をしたなら、人に対して過剰なバリアを張りたくなります。

目線を合わせることなく、無愛想にしているなら誤解を受ける場合があります。
「どうせ私なんかと話したって……」とネガティブに思うほど、気持ちは顔に出やすいです。

会話を楽しむことをまずは目的にしてみてください。
相手に意識を注ぎすぎると警戒心を持ちやすくなるので、話している話題そのものに注目しましょう。

「天気が良いな」「遠くで犬の鳴き声がする」と、今起こっていることの背景に意識を向けてみるのも緊張が和らぎます。

また、すべての人に心を開かなくても大丈夫です。
「自分の気持ちを話したいな」と感じた時こそ、本音を打ち明けるチャンスと言えます。

まとめ

HSPは本音を伝えられない方も多く、時に誤解を受けてしまうことがあります。
空気を読むことを優先し過ぎると、自分の気持ちをぞんざいに扱いやすくなります。

HSPこそ、みんなに好かれようとはしないこと、伝えたいことがあるからきちんと言葉に表すことが大切です。

今回の記事では、HSPが誤解されやすい理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました