HSPが完璧主義な理由と楽に生きるための4つの対処法

HSP

HSPで完璧主義な方はいませんか?
勉強や仕事は一切手を抜かず、理想を目指して頑張る方も多いです。

しかし、あまりにもこだわりが強いと、生きづらさを感じることがあるので注意が必要です。

今回の記事では、HSPが完璧主義な理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが完璧主義な理由

まず初めに、HSPが完璧主義な理由についてご紹介いたします。

動揺したくないから

HSPが完璧主義な理由の1つ目は、できるだけ動揺したくないからです。
気を取られるものは事前に取り除き、落ち着いて行動したいと考えています。

予想外のことが身に起こると、何も手につかなくなるという方も多いのではないでしょうか。

初めてのことにチャレンジするときは、念には念を入れて準備する方も多いと言えます。

他人に迷惑をかけたくないから

HSPが完璧主義な理由の2つ目は、他人に迷惑をかけたくないからです。
個人の小さなミスが、みんなに大きな影響を与えることがあります。

足手まといになることを避けようとする方も多いと言えるでしょう。
他人に気を遣うあまりに完璧主義になってしまうというHSPもいます。

自分に失望したくないから

HSPが完璧主義な理由の3つ目は、自分に失望したくないからです。
何かに挑戦して良い結果を得られないと、ひどく傷付くことがあります。

一度の失敗で「もう自分はダメだ」と、すごく落ち込むことがあるでしょう。

完璧主義でいるのは、できるだけ前向きでいたいからというHSPもいます

HSPで完璧主義な場合の対処法

ここでは、HSPで完璧主義な場合の対処法についてご紹介いたします。

完璧な人間は存在しないことを知る

まずは、完璧な人間は存在しないことを知ってください。

頑張っても、爪が甘い部分が出てきます。

一つのことを完璧に仕上げても、別の分野でボロが出るということはあります。

完璧に見える人も、その時だけそう見えるに過ぎない場合があります。

完璧が普通と思うと苦しくなるものです。

HSPこそ、不完全なのが当たり前と考えると、何かを頑張る上でも気が楽になることがあります。

他の人を頼りにする

完璧主義なHSPこそ、困ったときは誰かに助けを求めるようにしてください。
何でも自分でやり遂げるのは限界があります。

実は「頼りにされる」のは嬉しいことでもあります。
多少のお願いは快くOKする方も多いでしょう。

誠心誠意を持ってお願いされたら、あなたは、どんな気持ちになりますか?

そのときに感じた気持ちこそ、相手も同じように思う可能性が高いと言えるでしょう。

誰かを信頼して任せることができたとき、完璧主義な部分も和らぐことがあります。

ハードルを低く持つ

HSPで完璧主義な場合の対処法として、目標のハードルを低く持つことです。
高過ぎると達成できないとき、自尊心がひどく傷つきます。

例えば、掃除をするという目標こそ、部屋のゴミを一つ拾うだけで良いと、ハードルを低く設定してください。

簡単なことでもクリアできると達成感にも満たされます。

その後、三つのゴミを拾うというように、次の目標も設定したくなるような、やる気も出ます。

HSPはプレッシャーを持つほど実力を発揮しにくくなるので、楽に考えて行動に移すことが大切と言えます。

欠点がある方が好かれることを知る

HSPで完璧主義な場合の対処法として、欠点がある方が好かれることを知ることです。
完璧に振る舞おうとするほど、人間味が感じられず、近寄り難い印象を相手に与えます。

「真面目そうに見えて意外とドジ」「明るく見えて実はシャイ」など欠点がある方が愛されます。

完璧主義のHSPこそ、何にこだわりを持っているのか振り返ることが大切です。

「みんなに好かれたい」が理由である場合、ありのままの自分でいた方が愛されることを再認識していきましょう。

まとめ

HSPは完璧主義の方も多いと言えます。

プレッシャーがあるほど本来の実力を発揮できなくなるので注意が必要です。

また、欠点がある方が愛されることを知ることも大切です。

今回の記事では、HSP完璧主義な理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました