傷つくことが多い…HSPが人が怖いと感じる理由と4つの対処法

HSP

HSPで人が怖いと感じる時はどうしたら良いのでしょうか。
期待しても予想を裏切られると傷つくことがあります。

中には、もう誰とも接したくないと考えることもあるでしょう。

今回の記事では、HSPが人が怖い理由と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

HSPが人が怖い理由とは

まず初めに、HSPが人が怖いと考えられる理由についてご紹介いたします。

傷つくことが多いから

HSPは誰かと一緒にいると傷つくことが多いと言えます。
感受性が強いゆえに、少しのことにも引っ掛かりを覚えることがあります。

「あれ、これってバカにされてる?」と変に深読みすることもあるでしょう。
人もいると嫌な気持ちになることが多いと「怖い」という感情を覚えやすいです。

予測不可能な行動を取るから

人は想像通りに動いてくれるとは限らないからです。
まさしく、動揺しやすいHSPこそ振り回されてしまいます。

今日は機嫌良かったAさんも、次の日は無視に近い態度を取られるなら混乱します。
人と接していて、わからないことに触れるたび怖いと感じやすいです。

本音を見抜かれたくないから

HSPこそ周囲の人に本音を見抜かれたくないと感じるからです。
踏み込みすぎた態度を取られるなら、自分が無くなるような感覚を覚えるので「怖い」と感じることがあります。

「自分の本当の気持ちは自分だけで大切にしたい」という価値観を持つ方こそ、人とも適度な距離を取りやすいです。

親しくなるほど自分の本音が表に出る場面も多くなるので、無意識のうちに相手と壁を作ってしまうこともあるでしょう。

HSPで人が怖い場合の対処法

ここでは、HSPで人が怖い場合の対処法についてご紹介いたします。

自分のすべては話さない

1つ目は、自分のすべてをさらけ出そうとは考えないことです。
どんなに親しくなっても、あなたの見せたくない部分はそのまま隠していて構いません。

「誰に対しても正直でいないと……」と考えすぎるほど、人と接するのが億劫に感じます。
HSPで人が怖いと感じ始めた時こそ、過剰に自分のことを話すのは控えた方が良いかもしれません。

人が怖いと感じたきっかけを振り返る

2つ目は、なぜ人が怖いと感じるようになったのか、きっかけを振り返る方法です。
実は最近のことよりも、過去にあった出来事が胸に引っかかっていることも多いです。

中学時代、人を信じていたら裏切られたなどのエピソードを持つ方もいるでしょう。
人と本音で接して、上手くいかなかった経験があるなら、マイナスな出来事として心に残りやすいです。

今の出来事にも気持ちが強く反映されていることも多いです。

人が怖いと感じたきっかけを振り返ると、自分について詳しくなれます。
すぐには解決しなくても、腑に落ちる経験をすると、今の状況を変える良いきっかけを作れます。

自分を知ることこそ、人が怖いと感じる気持ちから抜け出すために必要なことと言えるのかもしれません。

人と関わる目的を振り返る

3つ目は、人と関わる目的を振り返る方法です。
怖いと感じる相手と一生付き合わなければならないと勘違いするほど、絶望的な気分を味わいやすいです。

あなたと相手の関係性を振り返ってみてください。
サークル仲間、同僚、ママ友、趣味友達など、さまざまな分野に分けられることでしょう。

実はどこかで縁が途切れる相手と気がつけることがあります。
また、今すぐには難しくても、その気になれば適度な距離を置ける相手であることも多いです。

HSPこそ人と関わる目的を意識すると、気持ちが和らぐことがあります。

期待をしない

4つ目は、人に過度な期待は持たないことです。
「相手はきっとこんなことをしてくれるだろう」と考える気持ちが強いと予想と違う行動を取られた時、裏切られたと感じます。

何度も同じことが繰り返されると、人に対して怖いという感情も湧き上がります。

自分の思い通りに人を動かすことはできません。
また、待ち合わせ時間に遅れるというような、予想外な行動も取ることがあります。

自分を守る目的のためにも、相手に過度な期待は持たないことが大切です。
そういう気持ちでいるほど、相手が思いやりのある行動を取ってくれた時、嬉しく感じるものです。

まとめ

HSPで人が怖いと感じる時こそ、相手と関わる目的を振り返ってみてください。
自分のことはすべて話さず、過度な期待は持たないことが大切です。

今回は、HSPが人が怖い理由と対処法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました