HSPはストレス発散が必須!おすすめの対処法【刺激に敏感】

HSP

HSPは刺激に敏感な方が多いので、一日を過ごす中で疲れが溜まりやすいです。ストレス発散を上手にすることが大切です。

今回の記事では、HSPがストレス発散をする方法についてご紹介いたします。
ぜひ、毎日を楽しく過ごしたい方は参考にしてください。

スポンサーリンク

HSPはストレスが溜まりやすい理由

まず初めに、HSPがストレスが溜まりやすい理由についてご紹介いたします。

深読みしやすい

HSPがストレスが溜まりやすい理由の1つ目は、物事を深読みしてしまうからです。
あらゆる角度から物事を見ることがあるので疲れてしまいます。

余分な情報まで深く追求しすぎるとストレスも溜まりやすいです。

本音を言えない

HSPがストレスが溜まりやすい理由の2つ目は、本音を言えないことです。
人から頼まれごとをされると、つい引き受けてしまいます。

嫌だと感じても、自分が我慢してどうにかなるなら黙ったままでいる方も多いのではないでしょうか。



HSPはストレス発散することが大切

HSPは深読みしやすく本音を言えない傾向があるので、ストレスも溜まりやすく、なるべく上手に発散させる必要があります。

「ストレスが溜まっているのは気のせい」「もっと頑張らないと」と自分を追い詰めるほど、少しの休憩でも元気が回復しにくくなります。

HSPはストレスを発散させるために何よりも自分優先を心がけましょう。



HSPの方がストレス発散する方法

ここでは、HSPの方がストレス発散をする方法についてご紹介いたします。

一人になる時間を持つ

1つ目は、一人になる時間を意識的に作る方法です。リラックスできます。
HSPは周りに人がいると気持ちが落ち着かない方も多いと言えます。

一日のうち1時間以上は確保したいところです。

なかなか、一人になれない時は人との間にパーテーションを作る方法がおすすめです。
物理的な境界線を作って人との距離を保ちましょう。

思っていることを紙に書く

2つ目は、感じている気持ちを紙に書く方法です。
心に思うことを目に見える形で書き表すと、気持ちもスッキリします。

また、紙に書く言葉は「綺麗な言葉遣いにしよう」と丁寧な意識は持たなくて大丈夫です。

「上司に叱られて辛かった」「みんなの前で怒ることないじゃん」「悔しい」「バカにして」など、あらためて書くと「あぁ、こんなふうに思っていたんだ」と自分の気持ちを再認識できます。

紙に書いたことを誰かに見られるのが嫌と感じる方は、スマホのメモアプリに書く方法がおすすめと言えます。
自分のみ後で見返せますし、思いついた時いつでも書けるほか、削除の仕方も簡単です。

思っていることを紙に書く方法は自分の本音も見えてきて、ストレス発散にぴったりです。

内向的な趣味に夢中になる

3つ目は、内向的な趣味を持つ方法です。
心を豊かにする、活き活きとした時間を過ごせることでしょう。

例として、映画鑑賞、読書、芸術、音楽、ハンドメイドなど一人でできる趣味が挙げられます。
また、自分が手掛けたものの完成品が目に見える趣味は、達成感にも満ち溢れやすく、形になるものを一つ作り上げるごとに「自分ってすごい」と自己肯定感も高められます。

内向的な趣味は一点に集中できるので嫌なことを考えにくく、なおかつストレスを発散させやすいです。

まとめ

HSPは些細な刺激もキャッチしやすいことから、定期的にストレス発散することが大切です。
対処法としては、一人になって内なる気持ちを外に出す習慣を持ちましょう。

完成したものが目に見える趣味を持つと、自己肯定感も高まりやすいです。

今回は、HSPがストレス発散をする方法についてご紹介いたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました